FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(六八)

 結婚した夫婦は、婚姻届を市役所へ持って行きます。

 婚姻届を出しても、二人が一緒に生活する意思がないならば、夫婦とは言えないでしょう(例外は別として)。
 夫婦という形で性的に結ばれた時に初めて本当の意味で一つにされます。人は、父母を離れて、男と女が結ばれ一体となるとイエス様が仰せになりました(参照マタイ一九・三~六、テトス二・四~五)。


 「一つになる」。男女それぞれ違った身体であるけれども一緒のペースでこの結婚の喜びを味わった時に、本当に一つになった喜びが沸いてくるでしょう。
 婚姻届を出したという事実以外に、本当に自分達は一つの身体にされたのだという喜びがあり、結婚は婚姻届という「事実」と同時に「喜ぶ」という「感情」が深まります。したがって、結婚していても喜びのない夫婦ならば、むしろ重荷という状態かもしれません。
 クリスチャンはイエス様を信じて神様の裁きから逃れることができるという、聖書の戸籍謄本をいただくのです。
 毎日祈り、神様を仰(あお)ぎ見て、「神様がこんなに大きな祝福を下さったので嬉しい。」という喜びの感情が、信仰生活に表れます。「事実」は聖書のお言葉です。
 罪が赦され、神様が祈りに答えて下さり、生きて働いておられるということを実際の生活で感じ、あふれ出てくる喜びが「感情」です。


 イギリスのブラッケントレイツという所に、ウィリアム・ビクソンという人がいました。ある日、彼が住んでいるアパートのすぐ近くで火災が起きました。
 そのアパートには一人のお婆さんと孤児となった孫が住んでいました。お婆さんは色んな人に助けられて、火の中から逃れることができました。
 しかし、家の中には孫がまだいたのです。火の勢いはどんどん強くなっていきます。そんな中、ビクソンさんが建物の鉄の樋を伝って二階にいたその男の子を助け出したのです。


 しばらくして、このお婆さんが亡くなりました。孤児となった男の子を、誰がこれから世話するかが裁判所で審議されました。
 その町で養子にしたいという希望者が二人いました。一人は「息子を亡くしたので、この子をもらいたい」と言いました。ビクソンさんも同じように息子を亡くしたのですが、黙って裁判官の前に自分の手を差し出しました。
 何一つ彼は言う必要がなかったのです。火事の中で死にそうだったその子を助け出すために、彼は両手にものすごい火傷をおいました。彼はこの子に身をもって愛を示したのでした。

 イエス様はご自分の命を十字架におつけになり、神様の愛を私たちにお示し下さいました。これほどの愛に、さらにしるしを求める必要があるでしょうか。
 「神様との平和」。それは私たちがなお罪人であった時にキリストが私達のために死んで下さったことにより、神様は私たちに対する愛を表わして下さったのです。(続く)

PageTop

ローマ人への手紙(六七)

 イエス様を信じようとする時、いろいろな思いが交錯します。
 「もし自分が今、イエス様を信じてクリスチャンになったら、友達関係がなくなってしまうかもしれない。ダンスも、お酒もたばこも、何もかも駄目かもしれない。」という恐怖感が襲ってきます。
 そして、「自分には、とてもついていけない。」と思ってしまうのです。しかし、その戦いがある時に、「心配はいりません。貴方の力ではなく、私が貴方と共に戦います。」と、神様は私達の心に働いて下さいます。


 「神様との平和」をいただき、どんなに難(むずか)しい時にも神様が私と一緒に立っていて下さり、私と一緒に戦って下さるという信仰の歩みの祝福。イエス様は「私の軛(くびき)は軽い」とおっしゃいました。「軛」というのは牛二頭をたてて土地を耕す時に、首につける道具です。
 軛は、力の強い方がぐんぐん土を掘り起こして進むので、力の弱い方はただくっついていけばよい、と言われます。イエス様がその軛を負って下さる故に、私は力が弱いけれど、イエス様に歩調(ほちょう)を合わせて進めばよいのです。そのことを理解するのに信仰生活の中で私は数年かかりました。


 それまでは、牧会(ぼっかい)や勉強、聖書を読む、祈る、ということを「自分の力」でやってみましたが、挫折(ざせつ)や失敗ばかりで、とても信仰生活を全うできないと思いました。
 そういう肩肘を張った信仰生活から、裃(かみしも)を脱ぐことがポイントでした。ちょうど家に帰って洋服を脱いで、入浴して「あーあ、さっぱりした。」というのと同じです。神様の御前に「自分」という殻(から)を捨てて、素直に神様に従っていけるようになりました。


 神様は私たちの外側も内側もすべてご存知のお方です。人間には他人の外側しかわからず、心の中にどういう汚い思いが渦巻いているかはわかりません。「すると、主は彼に言われた。『なるほど、あなたがたパリサイ人は、杯や皿の外側はきよめるが、その内側は強欲と邪悪で満ちています。』」(ルカ一一・三九)。


 旧約聖書の第一サムエル一六・七には「人はうわべを見るが、【主】は心を見る。」と書かれています。人は外の形を見、神様は人の内側をご覧になります。私達は、イエス様にいつも自分自身を素直にさらけ出し、飾ることは必要ありません。自分のあるがままの姿で神様に従う時に、本当の意味で、良心の咎めから解放され、また神様が私の罪汚れを赦して下さるという、その事実に根ざした立場の変化、神様の子供とされるという、「立場の変化」を与えられるのです。


 では、信仰は事実という「理性」であって感情は全くないのでしょうか。ある人達は非常に熱心ですが、「その熱心さが知識に裏づけされていない。」とパウロは指摘しました。クリスチャンは「感情」をいつも殺して抑圧しなければいけないのでしょうか。そうではありません。(続く)

PageTop

ローマ人への手紙(六六)

 しかし、人を殺してしまった時は、人間に対しても償うことはできません。

 「神様。私はこういう罪を犯しました。私はもはや、あの人の命を地上に戻すことはできません。しかし、私自身のこれからの生涯を神様ご自身のためにお使い下さい。」と神様にお祈りをして、自分自身を生きたきよい供(そな)え物として捧げていくことしかできません。その故に、使徒パウロは「時を贖う」という言葉を使ったのです。


 罪の時代において成し得なかったことを、これから生きる時に、「神様、それをもって贖わせて下さい。」と言いました。人はいくら働いても、いくら神様にお金を積んでも、命を贖うことはできません。あまりにも命の代価が高いからです。


 神様は、イエス様を通して神様との平和を与えて下さるのです。そして私たちは毎日、神様の裁きを恐れることなく、神様の祝福を喜ぶことができるのです。


 夫婦喧嘩をした時、お互いにブスっとして、黙々と箸を動かして食べて、「お茶!みそ汁!」。食べ終わったらパッと立ち上がって出て行ってしまう・・・。こんなおいしくない食事はないですね。私も何度か経験しました。そして、やはり喧嘩をして食べるのは良くないな、と思います。


 神様は私たちが弱いことをご存知であり、罪を赦して下さいます。罪を赦された私達は、二度と同じ過ちをしたくないという気持ちを持つでしょう。イエス様を信じる信仰者と、信仰をもっていない人との違いが出てきます。信仰をもっていない人は、酒に溺(おぼ)れて、悪いことをしでかしてしまいます。失敗をすると「もう私は二度と再びお酒を口にしない。」と言いますが、その誓いはすぐ崩(くず)れてしまいます。


 もうすでに亡くなった一番上の兄が若い頃、正月に半紙(はんし)に墨で「これから禁酒」と書いて床の間に貼りました。が、あくる日には、もう飲んでいて、三日目に自分で床の間に貼った紙を破いて捨てていました。

 私たちは弱い者です。クリスチャンの場合には、神様に誓(ちか)うことはしませんが「神様どうか私を毎日毎日、一歩ずつ高みに引き上げて下さい。」と祈って生きます。

 神様との平和を頂くことによって、私たちは救いの確証を頂くことができます。それは確かな事実です。イエス様を信じようか信じまいかと迷っている間、心が不安だったでしょう。

 教会では礼拝の中で「イエス様を今日心にお迎えしたら、どうぞ手をあげて下さい。」という招きの時がよくあります。心の中で「あっ、今日は信じよう。」と思うけれども、牧師と目が合うと、ぱっと手を下げてしまうことが若い頃には何度かありました。
 そしてとうとう、「もうこれ以上抵抗しきれない。」と手を挙げ、前に出て、祈ったのです。ですから、皆さんが招きの時に、ためらうのはよくわかります。 (続く)

PageTop

ローマ人への手紙(六五)

 日本人の間で「自分がイエスを信じてやったのだ。」という生き方をする人がたまにいますが、実はまだまだ序の口であって、本当の信仰は神様に自分自身を含めて全てを明け渡すことなのです。そこにこそ、良心の咎めを感じないで毎日平安に過ごすことのできる秘訣があるのです。


 また、イエス様を信じる人は神様によって裁かれ、「恐ろしい地獄におちる」ということがありません。ということは、その「神様との平和」を与えられ、神様の裁きを恐れずに生きるということです(ルカ二三・三九~四三)。

 勿論、それは人殺しをしたり、強盗をしたりという「犯罪」のことを言っているわけではありません。信仰のない友達の誘いに乗って、思いがけず誘惑に負けてしまったということがあるかもしれないし、あるいは自分自身の生活の中で怒って物を壊してしまったり、誰かを傷つけてしまうことがあるかもしれません。

 でも、聖書に戻ってほしいのです。神様はいつも私たちの病や私たちの傷を癒す力をもって、待っていて下さるのです。そして神様に「神様、ごめんなさい」と謝るならばその瞬間、罪を赦して下さるのです。

 「ああ、そうか。では、何か悪いことをしてもいいのだな。謝ればいいのだな。」と言って悪いことをする人は、愚かな人で、その人は本当の意味で神様の赦しをいただくことはできません。

 皆さんは小さい時から、今に至るまでに一度だけではなく何度か物を壊したり、あるいは誰かに怒られたという経験があるでしょう。「私はそういう事が一度もありません。優等生です。」という人がいるでしょうか。


 人間は草のような存在、弱い存在です。間違いを犯しやすい者です。ここが問題なのであり、一番肝心なところです。

 神様は、私たちが草のような、風にそよぐ葦のような弱い存在であることをご存知でいらっしゃいます。
 人間は罪に負けやすい存在だと神様はご存知で、私たちがイエス様を信じるという時に、たとえ過去に犯した人殺しの罪や、泥棒の罪、人と争いをした罪、人を騙した罪があっても、イエス様を信じた瞬間に過去の罪はすべて赦されるのです。
 無罪放免なのです。「じゃあイエス様を信じる前にできるだけ借金をして踏み倒そう。」これまた愚かなことです。

 人間対人間の関係でそういう間違いは、イエス様を信じる時、私たちは全てを償う責任があります。神様に対して償うことはできませんが、人間対人間にある問題は、できる限り自分で償う必要があるのです。 (続く)
◎暗誦聖句 箴言一六章二〇節前半(表題下聖句)

PageTop

ローマ人への手紙(六四)

 「神様との平和」それはまず自分自身の心の中に良心の呵責、咎めを持たないことがあげられています。

 イエス様を信じていながら、私たちが隠れて何か良くないことをやるとう時には、当然良心の咎めを感じます。


 私は若い頃、教会に通っていましたが、本当の意味での救いの喜びを経験できず、いわば戒律主義、律法主義の時代を経験しました。
 その時代には、一方では神様を見上げながら、そしてもう片方では自分の努力によって信仰生活を全うしなくてはいけない、と間違った考え方をしていました。罪を犯すと、何とかそれを隠そうとして、よけい良心の咎めを覚えたものでした。

 そうした生活の中にあって、とうとう日々の生活が自分の力では信仰を全う出来ない、という絶望状態に入ってしまったのでした。

 そして私の力でも私の努力でもなく、全く神様に明け渡した時、初めて心の底から魂の自由を味わうことができるようになったのです。


 皆さんもよくご存知のハドソン・テーラーという中国伝道をした宣教師も、実は同じ経験をしました。クリスチャンのカウンセリングをアメリカで教えていただいたチャールズ・ソロモン博士も、(私も後で知ったことですが)同じような経験をしたことがテキストに書いてあります。多くの人たちが経験する、一般的な「新生」であることがわかります。

 使徒パウロは「もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」とガラテヤ書二章二〇節で書いています。

 「今生きているのは私自身ではなくて、イエス・キリストの命(いのち)が私という身体を通して働いて下さる。生きているのは私自身ではなくして神様の命が私を通して働かれるのだ。」という、その信仰の確信に至るまで、私は随分長い間さまよい、また心の戦いを経験したのです。


 若い皆さんも教会出席、礼拝、什一献金、祈り、そして聖書を読むこととか、いろいろな形で「自分は、こうしなければいけない、ああしなければいけない。」という義務感でやっていると当然挫折がきます。

 張り詰めた琴(こと)の糸が、ぷつんと切れるようにです。皆さんはその努力の結果、絶望すると思います。実は、本当の意味での信仰生活とはその「絶望」から始まるのです。

 「神へのいけにえは砕かれた霊。打たれ砕かれた心。神よあなたはそれを蔑まれません」(詩篇五一・一七)。神様が喜ばれるのは、私たちの「砕かれた霊魂」なのです。(続く)
◎ 暗誦聖句 ヤコブ一章二五節 (表題下聖句)

PageTop