FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

◆ ロマ書の学び(317)

▽ み言葉に生きる


 

  使徒パウロはロマ書一二章一節から一五章一三節までにおいて、人生を全く変えられた人々の生活の中に「神様の義」がどのようにあらわされているかを教え、記している。

  〝されば兄弟よ、われ神のもろもろの慈悲によりて汝らに勧(すす)む、己が身を神の喜(よろこ)びたもう潔(きよ)き活(い)ける供物(そなえもの)として献(ささ)げよ、これ霊の祭なり。又この世にならうな、神の御意(みこころ)の善にして喜ぶべく、かつ全(まった)きことをわきまえ知らんために心を更(か)えて新(あらた)にせよ。〟
               ロマ書一二章一、二節

  ロマ書一二章一、二節は、基本的な聖別、神様への献身(イエス様を信じた人すべてが神様に自(みずか)らを献(ささ)げる)について書いている。もともとバプテスマそのものが、イエス様と共に十字架について死に、また葬られ、復活をするという象(しょう)徴(ちょう)である。つまり、私たちクリスチャンは、イエス様を信じた時に、自分の古い性質は死んだと考える。今は、イエス様の生命によって生かされていると認めるのである。バプテスマにより、イエス様と一つ体に合わせられた、一体とされたというのが使徒の強調点である。

  そして日々神様に、身を捧げていく。そういう中にあって特別に神様から、召しをいただいた人たちの「献身」がある。バプテストの伝道者スポルジョンは、次のように書いている。「どのような働(はたら)きの献身者であっても、その人が神様に伝道者としてあるいは宣教師として召されているかどうかの召(め)しを示される。また本人と同時に、生涯神様に献身をして、み言葉を述べ伝えていく器であるかどうか、を牧師の心にも示される。あの兄弟、あの姉妹は神様に召されたに違いない、という証(あかし)を牧師の心にもお与え下さるのだ。」と。

  また、教会で長く信仰生活を守っている教会の執事、あるいは、役員、信仰のあつい兄弟姉妹の心の中にも、あの兄弟、あの姉妹は確かに神様に召されているのではないか、とわかる証(あかし)が与えられると書いている。

  では、その証とは何か。まず第一に、その人が熱心に礼拝を守っているということ。犠牲を払ってもまず礼拝を第一にし、すべての集会に忠実に出席しようとする証である。

  それから、み言葉の受け止め方が素直であり、自分勝手な解釈をしないで、正しく神様のみ言葉を学んでゆき、受け止めていくことも必要である。そして、いつも祈りや奉仕、献げ物も忠実に行い、積極的に神様の御用(ごよう)を担(にな)っていこう、証しをしようという姿勢(しせい)が見られることももちろん大切である。「神様どうか私をお使い下さい。」と言って自分をささげていく。献身生活をしていく中でも、主のみこころならば、国内ではなく、海外への宣教師として御用をしていきたいと重荷を持つのである。                ( 続 く )

 
◎ 暗誦聖句 使徒行伝一章八節
〝然(さ)れど聖霊なんじらの上に臨(のぞ)むとき、汝ら能力(ちから)をう けん。而(しか)してエルサレム、ユダヤ全国、サマリヤ、 及(およ)び地の極(はて)にまで我が証人とならん。〟

PageTop

◆ ロマ書の学び(316)

▽ み言葉に生きる


  凡(すべ)ての人、上にある権威に服(した)がうべし。そは神に よらぬ権威なく、あらゆる権威は神によりて立てらる。この故(ゆえ)に権威にさからう者は神の定(さだ)めに悖(もと)るなり、悖(もと)る者は自(みずか)らその審判(さばき)を招(まね)かん。〟
    ロマ書一三章一~二節

  電柱のポスター、看板、スピーカー宣伝、トラクト配布、路傍伝道等いろいろな伝道方法が昔のようにはできなくなってきた。マンションへのトラクト配布も最近では難しい。しかし、何らかの条例や法律ができた時には、即キリスト教に対する迫害であると考えず、冷静に原因を分析するようにしたい。被害妄想(ひがいもうそう)に陥(おちい)ることなく、まず、市民生活の邪魔にならないように、みんなの迷惑にならないようにということを配慮しなければいけない。

  しかし「ぜったい聖書を読んではならない。」という共産主義圏(けん)や、中国大陸のように「聖書を没収(ぼっしゅう)する。」といわれた時には、まず神様に祈ってから、信仰を守るために立ちあがるべきである。あのモーセが、命を奪われることなくエジプトの王妃に拾(ひろ)われたように、自分達も、子供が正しい信仰を守れるよう努力する。聖書をやぶいて燃(も)やすようなことはせず、かえってそれを保存することこそが、大切な信仰の戦いである。

  スペインでは昔、キリスト教の大迫害があり、聖書を没収したり焼いてしまうことがあった。そんな中にあって聖書を人々の言葉に翻訳(ほんやく)していた学者達は、翻訳した原稿を懸命(けんめい)に命がけで守り、ドイツでそれを出版した。グーテンベルグなどはその中心的人物だ。そういう形で代々(だいだい)、聖書の翻訳は世界各地に保存されていった。

  政府が、こと神様に敵対するような政策や、信仰を捨てるよう強制する場合は、クリスチャンは命がけで信仰を守っていく。しかし、神様の御心(みこころ)に明らかに反することでない限り、私達は努(つと)めてその国の政府に従っていく。そして、権威の座にある者のために日々祈っていくことが、たいへん大事なことである。

  使徒ペテロも捕(と)らえられた時に「あなた達に従うべきか、神様に従うべきか。当然、神様に聞き従います。」(使徒行伝四章一九節)と言った。信仰の良心に従って戦わなければならない時以外は、いつも権威に従う、権威を重(おも)んじることがクリスチャンの立場である。このことをしっかりと心にきざんでいただきたい。

  同時に、これからますます伝道がしにくくなってくる。そうした伝道がしにくい時にこそ、神様に「知恵を与えて下さい。」と祈っていくことが大事である。(続く)

 
◎ 暗誦聖句 使徒行伝一章八節
〝然(さ)れど聖霊なんじらの上に臨(のぞ)むとき、汝ら能力(ちから)をう けん。而(しか)してエルサレム、ユダヤ全国、サマリヤ、 及(およ)び地の極(はて)にまで我が証人とならん。〟

PageTop

◆ ロマ書の学び(315)

▽ み言葉に生きる


  〝すべての人、上にある権威に服(した)がうべし。そは神 によらぬ権威(けんい)なく、あらゆる権威は神によりて立てら る。〟             ロマ書一三章一節

  どこからどこまで権威に従うか、また国家の権威がどれほどクリスチャンの信仰生活に影響をもたらすかということは大きな問題である。

  仮に政府が、トラクトを路上で配ってはいけないと法律で決めたとする。実際、多くの国がそういう傾向にある。フランスではトラクトを配ることは禁じられている。アメリカでは郵便ポストに教会の案内やトラクトを入れてはならないと法律で決まっているという。「私は伝道しているのだ。」と言っても、その国の法律は守るべきである。

  では、伝道できないかというと、そんなことはない。ポストに入れなくてもノックをして「ごめん下さい、教会の者ですが…。」と言って案内のトラクトを手渡せばよい。神様から知恵を頂き方法を模索すればよいのだ。

  人によっては携帯電話や、ファックスなどで心ならずも宣伝を聞かされた体験があるかもしれない。先日も、忙しい時に電話がかかってきて「お電話で失礼します。これは録音のテープです。」と一方的に宣伝を流してきたかと思うと、やたらにFAXもきて、教会のFAX用紙が知らない会社の宣伝のために次々と無駄になっていた。だからこういうやり方は、どうかと思う。

  もし、路傍でのトラクト配布を注意されたら、「政府がクリスチャンの信仰生活を妨害してきた。」と思うかもしれない。しかし、政府の禁止令はそういう意味でないこともある。駅前でトラクトを配ると、百人のうち六〇~七〇人はポイッと捨ててしまう。だから私達は駅前でトラクトを配る時には必ず袋を持っていき、拾ってから帰る。ホームで捨てられた物も駅員に断って、必ず拾ってくる。配った物が捨てられてゴミになり迷惑をかけてしまわないための配慮である。そのままにしていたらゴミになり、法律で「宣伝物を配るな。」となってしまうのである。

  みんなが、ちらかして汚いから法律で禁止するということなら了解できる。何もかもクリスチャンに対しての信仰の阻害であるとか、迫害と考えてはいけない。もしその条例、法律が、道が汚れるからということであるなら、私達も別の方法をとらなければいけない、ということだ。この場合は、信仰の良心に従って戦うことはしないで、可能な方法を探ればよいのである。  (続く)

 
◎ 暗誦聖句 ヨハネ第三 二節
〝愛する者よ、我(われ)なんじが霊魂(たましい)の栄(さか)ゆるごとく
 汝(なんじ) すべての事(こと)に栄(さか)え、かつ健(すこや)かならんことを祈る。〟

PageTop

◆ ロマ書の学び(314)

▽ み言葉に生きる


  〝すべての人、上にある権威に服(した)がうべし。そは神 によらぬ権威(けんい)なく、あらゆる権威は神によりて立てら る。〟             ロマ書一三章一節

  有名な聖書学者チャールズ・ハッジはロマ書の注解書の中でたいへん大事なポイントを書いている。クリスチャンは一般生活において、その国を治める政府の方針に従って行動し、権威を重んじる。しかし、ひとたび神様の御心(みこころ)に反したことを国の政府が要求した時には、政府、人間の考えよりも神様の御心(みこころ)を最優先にする、という内容である。

  かつての中国のように「五歳以下の男子は全員、政府が国で教育し共産主義者にするから、子供は国に差し出しなさい。」と命令されたら、どうだろう。断固として断り反対するか、それとも差し出すだろうか。 私たちは、クリスチャンの良心に従って、神様のご命令に反することに対しては、たとえ政府の権威であっても、それに従わない。神様の御心(みこころ)がはっきりとわかっていることに対して、たとえば罪のない人々を殺すとか、命を奪(うば)うだけでなく略奪(りゃくだつ)するという行為(こうい)に参加するように求められた場合には、それをしない、ということだ。

  以前、『リーダース・ダイジェスト』に南米のジャングルに民間航空機一機が墜落し、十数名がジャングルの奥深くに取り残された時の体験談が掲載された。飛行機の中にはわずかな食料しか残されていなかった。取り残された人達の中には、医者と看護婦が一人ずつ、クリスチャンが二人ほどいた。食料が底をつき、墜落のショックと出血、飲まず食わずの日々が続き、一人、二人と亡くなっていった。

  灼熱(しゃくねつ)の太陽のもと、人々は飢えと乾きに苦しめられた。周りを見ても、食べ物は何もなく、医者が言った。「このままだと全員死んでしまう。助けを求めようにもこのジャングルではどうしようもない。少しでも生き延びるためにはタンパク質が必要だ。」と。そして、遺体を切り刻んで日に干し、生きるためにそれを食べた。その後の記事は、恐ろしい状況を伝えている。干した人肉を食べつくしてしまうと、今度は死者ではなく生きた者を処理していこうとなってくる。その時クリスチャンは、「私はたとえ死んでも、それを食べることはしません。」と言った。大きな戦いがあった。

  やがて救援隊に見出されて干(ひ)からびた生存者が救出されたわけだが、その情景はあまりにも壮絶であったので当時、公表されなかったという。長い年月を経て、生存者は記録のために初めて重い口を開いたのである。 (続く)

PageTop

◆ ロマ書の学び(313)

▽ み言葉に生きる


  すべての権威は神様がお与(あた)えになった秩序である。しかし政府の形態は、共産主義、民主主義、独裁主義など様々で、人間の作った政府や政治には多くの問題があることは否定できない事実である。けれども無政府状態(=アナーキズム)は、決して国を正しく治めていく状態ではない。この無政府状態が旧約聖書の士師記(ししき)の中に出てくるが、人々は自分勝手なことをしていたため、国内には多くの問題が起きた。政府は悪いことをした者、泥棒をしたり人殺しをした者を捕(つか)まえて裁(さば)くという権限を持つ(ロマ書一三章一~五節)。

  なぜ私達が政府に従わなければいけないのか。第一の理由は、権威が神様からきたものだからだ。第二に、裁きをすることもまた、神様が国の政府に権限を委(ゆだ)ねていらっしゃるからである。第三に、クリスチャンの良心、私達の良心のゆえに権威を重んじるということはたいへん大事なことであるからだ。

  みんなで楽しく会話をしながら食事をしているところに、いきなり警察が来て「こっちへ来い!」と引っ張っていったとしたら大変な事態である。法治(ほうち)国家においては憲兵(けんぺい)がいきなり土足(どそく)で入ってきて何の罪も犯(おか)さない者を連行(れんこう)することは、まずない。しかし、今から六十数年前の日本では、キリスト教徒は官憲によって摘発(てきはつ)されていた。太平洋戦争の時代の日本には特高(とっこう)警察があり、信仰の自由を奪(うば)っていた。「キリスト教徒はアメリカと通(つう)じている。」「スパイ活動をする。」と言って特高(とっこう)警察が土足で入ってきたのだ。共産主義者はもちろん、キリスト教徒の中にも国家権力によって、獄中で命を落とした人々がいた。

  〝「さらばカイザルの物はカイザルに、神の物は神に 納めよ。」。〟 
   マタイ伝二二章二一節

  イエス様は「シーザーのものはシーザーに返しなさい。」とおっしゃった。税金を納(おさ)めるべき時には、きちんと税金を納めなさいと言われたのである。クリスチャンは教会で献金するから税金を納めなくてもいい、とは言っておられない。すると、こんな風に考える方もいらっしゃるだろう「私達は所得税をはじめ、いろいろな税金を差し引かれる。そのうえ教会に行くと、『献金だ。献金だ。』と言われて他の人より損(そん)ではないか。」と。決して損ではない。私達が神様により頼んでいる時に、神様は必要な物をちゃんと備えて下さる。税金を納めることはすべての国民の義務だ。そして自分達が収入の十分の一を神様にお返しする、これも当然の義務である。 神様が私達の必要のすべてをまかなって下さるという約束のもとに、日々の生活が神様によって支えられているということを覚えて頂きたい。      (続く)

PageTop