FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

◆ ロマ書の学び(379)

         ▽ み言葉に生きる


  〝我(われ)ケンクレヤの教會(きようかい)の執事(しつじ)なる我(われ)らの姉妹(しまい)フィベを汝(なんじ)らに薦(すす)む。なんぢら主(しゆ)にありて聖徒(せいと)たるに相應(ふさわ)しく彼(かれ)を容(い)れ、何(なに)にても其(そ)の要(よう)する所(ところ)を助(たす)けよ、彼(かれ)は早(はや)くより多(おお)くの人(ひと)の保護者(ほごしや)また我(わ)が保護(ほご)者(しや)たり。〟
   ロマ書一六章一~二節

  ロマ書一六章にはマタイ伝一章と同じく、たくさんの人名がでてくる。合計二六名の名前が出てくるため、ただ読むだけでは、なかなかとっつきにくい箇所だと思う。しかし、ここから使徒パウロが教会の一人一人を祈りに覚えたこと、また教会というものが、パウロ一人だけの働きによるのではなく、多くの兄弟姉妹によってたて上げられる、ということを見ることができるのだ。

  まずロマ書一六章一六節までをひとつのまとめとして考えていきたいと思う。ロマ書の一五章一四節~一六章二七節までが一つのまとまりと考えて良いだろう。

  何年か前、日本にも野球の殿堂ができた。野球の殿堂というと英語ではhall(ホール) of(オブ) fame(フェイム)、fameはfamousと同じで有名な人、名を残すべき人という意味である。

  アメリカにもhall of fameはあちらこちらにあり、政治家や伝道者が殿堂入りしている。地方の大きな教会にもhall of fameがある。バプテストの伝道者の絵がかかっていて、その伝道者がどういう生涯を送ったかという紹介が出ていたりする。

  バージニア州にあるベル牧師が牧会なさっていた教会にも、会堂の入口の所にズラーっとバプテストの伝道者の写真が飾ってあったし、サンフランシスコのHSBC(インネス博士)にも同様である。私たちも自分たちの信仰の模範とすべき伝道者、クリスチャンの記録を信仰の鼓舞(こぶ)のために持ってもいいかなと思う。人々の記憶に留(とど)めておきたいという信仰の励ましの面からは意味があることではないか。

  ロマ書一六章は、言ってみれば使徒時代に大変神様に愛され、神様にお仕(つか)えしたクリスチャンたちの姿、記念すべき名前であろうということが伺(うかが)われる。(続)

 

  ◎ 暗誦聖句  コリント前書一章二五節
〝 神の愚(おろか)は人よりも智(かしこ)く、神の弱(よわき)は人よりも強 ければなり。〟

スポンサーサイト

PageTop

◆ ロマ書の学び(378)

         ▽ み言葉に生きる


  大学院で勉強して博士課程に進もうかという思いもあった。その当時、お金がなかったことも確かであるが、大学で二年間勉強している間に「早く日本に帰りたい。そして伝道したい!」という思いが強くなった。勉強は生涯続ければいいことだと思って、日本にもどった(支援は二年間だったためもある)。今それを悔(く)いる思いがあるかというと、決して悔いはない。

  毎日毎日、神様の御(み)言(ことば)をのべ伝える、あるいは疲れた人々に慰(なぐさ)めの手を差(さ)し伸(の)べるということ、神様と共にその働きの一端(いつたん)を担(にな)わされているということ、これは本当に感謝なことだと思う。伝道者の最高の喜びは神と共に働くということだ。

  〝幸福(さいわい)なるかな、平和(へいわ)ならしむる者(もの)。その人(ひと)は神(かみ)の子(こ)と稱(とな)えられん。〟(マタイ伝五章九節)とイエス様は仰(おお)せになった。私たちがイエス様からいただく心の安(やす)らぎ、その安らぎを他の人々にも伝え、他の人がさらに一人二人とイエス様を信じて救われる時に、私たちは最高の祝福にあずかっているのである。

  二人の画家が「休息」あるいは「平安」というテーマで絵を描くように頼まれた。一人の画家は油絵の具を取り、大きなキャンバスに高い山を描いてその山の麓(ふもと)に湖を描いた。その湖の周りには緑の木々が茂(しげ)り、鏡のように静かな湖面には鳥が二、三羽いる絵を持って「これぞ、私が考える平和です。」と、依頼主の所へ行った。もう一人の画家は、ごう音をたてんばかりの激しい水しぶきの大滝を描いた。そして、滝つぼの側に枝先がわかれた一本の木を描(か)き、そこに小鳥の巣があって、鳥がヒナに餌(えさ)を与(あた)えて休(やす)んでいる姿を描(えが)いた。

  さて、みなさんはどちらの絵に平安を与えられるだろうか。高い山に囲まれた静かな湖?それとも、滝の下にある小鳥の巣だろうか。

  平安とは、実は滝のごう音と共に水が落ちてくるその中にあっても失うことのないものであると思う。なぜなら、ただ動きのない静かな湖であるなら、それは何もしないクリスチャンの姿だからだ。

  私たちは毎日、生きた人々の中で生活している。社会は激(はげ)しく動いている。そういう中にあっても、本当に静かな場所を見出し、休息を持つ。神様は私たちに「修道院に入って静かに過ごしなさい。」とはおっしゃっておられない。私たちは、罪の世界に生かされており、まわりのすべてが誘惑という血みどろの戦いの中にいる。その中にあってなお、散歩をしながら、または、通勤、通学の途中にありながら「イエス様。」と、イエス様との祈りを通しての交わりを持つとき、本当の魂の平安、安らぎがあることを覚えていただきたい。(続く)

 

  ◎ 暗誦聖句   コリント前書一章二一節後半
〝世(よ)は己(おのれ)の智慧(ちえ)をもて神(かみ)を知(し)らず(これ神(かみ)の智慧(ちえ)に適(かな)へるなり)。この故(ゆえ)に神(かみ)は宣(せん)教(きよう)の愚(おろか)をもて、信(しん)ずる者(もの)を救(すく)うを善(よ)しとし給(たま)へり。 〟

PageTop

◆ ロマ書の学び(377)

         ▽ み言葉に生きる


  人数が多いからといって必ずしも祝福された教会とはいえない。献金がたくさんあるから祝福された教会とも限らない。伝道者にとって一番の幸(しあわ)せは、一人一人が神様によって救われ、イエス様に忠実に従っていくことである。クリスチャンの忠実なあかしと信仰生活ほど、伝道者に喜びを与えるものはない。私たちの目当(めあ)ては、イエス様に忠実に従って、イエス様を中心として人生を歩(あゆ)む、そういうクリスチャンを育てることである。

  あなたは、「家(うち)はどうしてこう次から次へ、事故に遭(あ)ったり、病気をしたり、経済的に苦しくなったりするんだろうか。何かたたりでもあるんじゃないか?」などと思ったりすることはないだろうか。もし、心の中に疑いが起こるとするなら、先程の〝主言(い)いたまいけるは我(われ)みずから汝(なんじ)と共(とも)にゆくべし。我(われ)汝(なんじ)をして安泰(やすらか)にならしめん。〟(出エジプト記三三章一四節)という神様のお約束を思い返していただきたい。

  また同じく〝此(こ)は安息(やすみ)なり。疲困者(つかれたるもの)にやすみをあたえよ。此(こ)は安慰(なぐさめ)なりと〟〝されど彼(かれ)らは聞(きく)ことをせざりき〟(イザヤ書二八章一二節)とある。「神様は安らぎを、休みを与(あた)えて下さる」という約束がある。しかし、「あなたは私に聞き従おうとしない」からあなたに平安はない、と神様はおっしゃる。

  私は、サンフランシスコで伝道をしておられるインネス博士と時々話をする。アメリカには大変大きな教会が多い。

  私が一九六三年に、勉強に行ったミシガン州のテンプル・バプテスト教会(B・ヴィック博士)は、当時、毎週の礼拝に五千人以上集まった世界で一番大きな教会だった。アメリカでは、一五〇人とか二〇〇人位集まる教会は、小さな教会と考えられている。まして四〇~五〇人の教会だと、そこの牧師は有能な牧師とは認められない雰囲気がある。インネス博士の教会には、今、礼拝に一五〇人位集まっている。私たちはアメリカの教会というと何千人、何万人も集まる教会を想像する。

  インネス博士は述懐(じゆつかい)してこうおっしゃったことがある。「私の心の中にも、アメリカで大きな教会を牧会したいという願いがあった。それこそ、三千人、五千人という大きな教会を牧会したいという思いがあった。しかしある時、私は神様にこう願った。何千人という大きな教会をサンフランシスコで作ることよりも、たとえ小さな教会でも本当にイエス様を愛し、神様に忠実に仕えるクリスチャンの教会を牧会していきたい。」と。

  インネス博士も私も同じ時期にボッブ・ジョウンズ大学で勉強したが、他の同期の学生が大学院の博士課程に進んでいこうとする時にも、インネス先生は「私は人間社会で通用する博士号よりも、何の学位も要(い)らないから、神様に喜ばれる魂を愛する伝道者になりたい。」とおっしゃった。私も同じ気持ちであった。

 

  ◎暗誦聖句 コリント前書一章二二、二三節
〝ユダヤ人(びと)は徴(しるし)をこい、ギリシヤ人(びと)は智慧(ちえ)を求(もと)む。されど我(われ)らは十字架(じゆうじか)に釘(つ)けられ給(たま)いしキリストを宣(のべ)傳(つと)う。〟

PageTop

◆ ロマ書の学び(376)

         ▽ み言葉に生きる


  私たちが日本にいても、外国を旅行していても、そこは神様の御(み)国(くに)である。日本だけが神様の国ではない。神様は全世界をご支配なさっているから、どこにいても私たちは神様と共にあるのだ。神様がご支配下さるなら、そこは平安な場所なのである。

  〝曩(さき)にかれらに言(い)いたまいけるは此(こ)は安息(やすみ)なり。疲困者(つかれたるもの)にやすみをあたえよ。此(こ)は安慰(なぐさめ)なりと。されど彼(かれ)らは聞(きく)ことをせざりき〟
    イザヤ二八章一二節

  イスラエルの民は真の神様を崇め、豊かな祝福にあずかりながら、神様から心が遠ざかった。彼らは外見上は宗教熱心であった。戒(かい)律(りつ)を守り、儀式を守った。けれども彼らの心は、神様から遠く離れていた。人間は、体、外側以上に神様に心がつながっていないといけないということを表わす。神様に心が向いていない時に、人間はどんなにお金を払っても心の平安を買うことはできない。

  〝わが霊魂(たましい)よなんぢの平安(やすき)に帰れ。主は豊(ゆた)かになんぢを待(あしら)いたまえばなり 〟
   詩篇一一六篇七節

  大勢の人々と一緒にいることは本当の平安ではない。心の平安は自分一人で部屋にいても、大勢の中に交わっていても、いつでも心に安らぎが持てること、これが本当の意味の平安だと思う。

  神様は、最も良いものをもって神様を愛する皆さん一人一人を祝福しようと願っていらっしゃる。私の言葉ではなく、聖書ははっきりとそれを教えている。どんなことも、神様のお許しなくして何一つ起こらない。

  私には長い間、思い煩(わずら)いがあった。若い頃は、これから将来どんな仕事に就(つ)こうか、どういう大学に入ろうか、どういう人と結婚しようか、どういう家庭を持ちたいか。それこそ、もういつも不安と、疑いと、恐れがあった。クリスチャンになれば、すべてそういうものはなくなるかというと、そうではない。最近ようやく、そういう思い煩(わずら)いから解放された感じがする。

  例(たと)えば、牧師は世界中どこの牧師もそうだと思うが、「大きな会堂を建てたい。」そして、「毎週入(はい)りきれないほど大勢の人たちの前で神様の御(み)言(ことば)を大声を張り上げて説教したい。」という誘惑がある。しかし、日本では大半の教会ができない。伝道者は先ほど申し上げたスポルジョンの言った「伝道者の落胆病」という挫折(ざせつ)を経験し、伝道者をやめていっている。

  もちろん私も若い時には大きな教会で、多くの人たちに福音を語りたい、という願いがあった。しかし、今は大勢の人が集まってくるのも神様の御(み)手(て)のうち、御(み)心(こころ)のうち、例(たと)え一人でも求める魂がいるならばその人に全精力を傾けて福音をあかしする、これもまた伝道者のつとめだと思っている。(つづく)

 

  ◎ 暗誦聖句 コリント前書 一章一八節
〝それ十字架の言(ことば)は亡(ほろ)ぶる者には愚(おろか)なれど、救はるる我らには神の能力(ちから)なり。 〟

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。