FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

◆愛の神を見つめる(11)

   ▽「キリストも
    一度罪のために
    死なれました。
    正しい方が
    悪い人々の
    身代わりと
    なったのです。」
   (Ⅰペテロ三・一八)
   


  "God is more than enough"(神様は私にとって十分以上のお方)ジム・バーグ博士著からの翻訳    

 数年前、「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするものが決してあってはなりません。この十字架によって、世界は私に対して十字架につけられ、私も世界に対して十字架につけられたのです」(ガラテヤ六・一四)というパウロの十字架についての言葉は私を打ちのめした。    

 その御言葉を繰り返し黙想するうちに、私にとっての十字架とパウロにとっての十字架は随分(ずいぶん)と違うと思った。パウロの人生の中心はキリストの十字架であった。私はまだ十字架について学ぶべきことが沢山あると感じたので、ある週末にイザヤ五三章を学び、黙想しようと決めた。イエス・キリストの十字架のご栄光を私にお示しくださいと神様に祈った。    

 ある土曜の朝、すべての予定をキャンセルして、イザヤ五三章を読み、註解書も数冊読んだ。そしてしばらくの時間、私はキリストの愛の「広さ、長さ、高さ、深さがどれほどであるかを理解する力を持つようになり、人知をはるかに越えたキリストの愛を知ることができますように。…」(エペソ三・一八~一九)と祈っていた。    

 午後も半分くらい過ぎた頃、神様の御霊は私の霊の目を広く開いて下さり、神様の私に対する大きな愛をこれまで以上にお示しくださった。これまでも神様が私のために十字架の上で成し遂(と)げてくださったことのすばらしさを認め感謝していたが、その日の午後、神様は私がこれまで気づいていなかったご自身の大きな愛を明らかにしてくださった。    

 イザヤ五三章五節の「しかし、彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕(くだ)かれた。彼への懲(こ)らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。」という御言葉がより個人的に、力強く、そして新しく迫(せま)ってきた。イエス・キリストの十字架上の御業が「私のため」であったという理解は、言葉に表せないほど大きなことであった。    

 こんな罪深い私に対してこれほどまでに大きな愛をお示し下さった神様に私ができることは、涙ながらに感謝の思いを伝えるだけであった。カルバリで示された神様の真実の愛を考えると、今も涙があふれてくる。このレッスンを私は忘れないだろう。そして忘れたくない。  (続く)    

   

  ◎ 暗誦聖句 マタイ伝一一章三〇節
〝わが軛(くびき)は易(やす)く、わが荷(に)は輕(かろ)ければなり〝

PageTop

◆愛の神を見つめる(10)

   ▽「人知を
     はるかに越えた
     キリストの愛を
     知ることができ
     ますように。」
   (エペソ三・一九)
   


  "God is more than enough"(神様は私にとって十分以上のお方)ジム・バーグ博士著からの翻訳    

 第二に、あなたが何をしたとしても、あなたに対する神様の愛を縮小させるものはない、ということ。確かに、罪を犯せば神様のお心を苦しめる。しかし、私たちに対する神様の愛を小さくすることはない。更に、神様は私たちの罪で驚かれることはなく、私たちをご自分の子とされたことを後悔なさり、子どもとしたことを白紙に戻す、ということはないのだ。    

 クリスチャンはギャンブルをしない。唯一(ゆいいつ)の例外は車を買う時である。良いと思って買うが、本当に良い買い物であったかどうか分からない。新車でも、リコール対象車であったり、不良品であったりするからだ。しかし神様がご自分の御子の血によって私たちを贖(あがな)ってくださる時、神様はご自分が手に入れられるものがどのようなものか正確にご存知である。    

 神様の愛は永遠に変わることがない。神様が預言者エレミヤを通しておっしゃったことを注意深く聞こう。「永遠の愛をもって、わたしはあなたを愛した。それゆえ、わたしはあなたに、誠実を尽くし続けた。」(エレミヤ三一・三)。    

 永遠の愛は、変わることがない。永遠に続く。これは重大な知らせである。永遠に続く神様の愛の寸法(すんぽう)を知ることは、あなたが知りうる真理の中でも最も重要なものの一つである。神様の愛は変わらないということを理解した。神様の愛について学ぶために、カルバリの十字架を考えてみよう。これ以上にイエス様の愛を明確に示すものがないのだから。    

◇ 神様の愛の証拠(しょうこ)(神様が私を愛してくださっていることがどうして分かるのか)    

 神様の愛が最もよく示されているのは、カルバリの十字架で私たちの身代わりとして成し遂げて下さった神の御子イエス様の御業である。イエス・キリストの十字架こそ神様の愛の完全な証である。    

「しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリスト が私たちのために死んでくださったことにより、 神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしてお られます」(ローマ五・八)。    

「神はそのひとり子を世に遣(つか)わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです」(Ⅰヨハネ四・九~一〇)。    

   

  ◎ 暗誦聖句  マタイ伝一一章二九節後半
〝我(わ)が軛(くびき)を負(お)ひて我(われ)に學(まな)べ、さらば靈(たま)魂(しい)に休息(やすみ)を得(え)ん。 〟

PageTop

◆愛の神を見つめる(9)

   ▽「 人知を
     はるかに越えた
     キリストの愛を
     知ることができ
     ますように。」
   (エペソ三・一九)

   


  "God is more than enough"(神様は私にとって十分以上のお方)ジム・バーグ博士著からの翻訳    

 娘たちが就学前(しゅうがくまえ)の頃、お昼になると食事のためによく迎えにいった。娘たちはママとパパあるいは家族全員を描いた絵を握(にぎ)った手をふりながら、私たちを迎えてくれた。四歳児が描く典型的(てんけいてき)な絵である。    

 「すごい。がんばったね」とか「きれいな色をたくさん使ったね。上手だね」と娘たちをほめたものだ。心からそう思ったし、いっしょうけんめいに描いた娘たちを励ましたかったのだ。今でもよく覚えているが、娘の一人が「パパ、この絵をパパがお仕事をする部屋の壁にはってくれる?」と尋ねた。私は「あなたのことを愛している人たちはお家(うち)に住んでいるよ。だからこの絵はお家に持って帰って、冷蔵庫にはろう。そうすれば、あなたのことを愛している人たちは、この絵をいつも見れるだろう」と答えた。娘はその答えにとても満足した。娘の絵は、ルーブル美術館に展示されることはない。芸術的な質に欠けているからだ。しかし、その絵は私たちの家では貼られた。それは私たち夫妻は娘を愛していたからである。    

 この話から理解してほしいことは、次の真理である。娘たちが両親からの熱烈な賞賛を受けたのは、彼女たちが描いた絵がずば抜けて良かったとか、芸術的に優れていたからではない。両親が娘たちを愛していたからであり、娘たちが最善を尽くすように励ましたかったからであった。    

 私が天国に行って、主イエス様の御前に立つ時、「よくやった。良い忠実なしもべだ」(マタイ二五・二一)とイエス様がおっしゃってくださればと願う。しかし、もし私がそのようなお言葉をいただけるとすれば、それは私の「絵」、すなわち私自身のきよさによらないということを知っている。    

 神様が私の人生をおほめくださることは、正に大きな驚きである。もし私がそのようなお言葉を聞くことが出来るとすれば、お父さんを喜ばせようとベストを尽くした息子を励まそうとしてお父さんが言った言葉と同じであろう。私の生活がきよいものであったからでなく、父なる神様が愛に満ちたお方であるからに違いない。神様がご自身の愛の表現として私の内に、そして私を通して成し遂げられたことをご覧になって喜ばれるのであろう。(続く)    

   

  ◎ 暗誦聖句 ヘブル書四章一二節前半
神(かみ)の言(ことば)は生命(いのち)あり、能力(ちから)あり、兩刃(もろは)の劍(つるぎ)よりも利(と)くして、 〟

PageTop

◆愛の神を見つめる(8)

   ▽「私たちが神を
     愛したのではなく、
     神が私たちを
     愛し」
     てくださいます。
   (Ⅰヨハネ四・一〇)
   


  "God is more than enough"(神様は私にとって十分以上のお方)ジム・バーグ博士著からの翻訳    

 もしあなたが自分自身の力に依存しやすく、責任転嫁をする傾向があるなら、自分の心をよく理解していない。逆に、自分の罪の自覚があなたを絶望と自己憐憫(れんびん)の深みに陥(おとしい)れるなら、罪を悔い改める者に与えられる神様のすばらしい恵みを知らない。    

 自分の罪深さを知る時に私たちは謙(へりくだ)るが、主イエス様の十字架上の御業(みわざ)を知る時に、なぜイエス様が私たちのために死ななくてはならなかったのかという思いに満たされ、さらに謙る者と変えられる。同時に、私たちのためにご自分の命まで捨てて下さったお方に対しての愛が強められる。    

 神様の愛は、理性を持った被造物(ひぞうぶつ)の最善(さいぜん)を望みご自分をお与えになるという善意に満ちた、被造物との個人的コミュニケーションである。愛は、他の人の霊的な必要を満たすために、自分を犠牲にすることと表現されることがある。    

 私たちはこれらの真理に対して疑いを持ち、言い訳しそうになる自分に打ち勝って現実を直視すべきである。私たちの罪深い考えに対して断固(だんこ)として戦わないなら、罪に満ちた心に耳を傾け、再び「下降する道」をすべり落ちていくことになる。    

◇ 神様の愛の広がり(どれほど広いものか)    

 パウロはエペソ三・一八で、信者たちが神様の愛の寸法、すなわち幅、長さ、深さを理解できるようにと祈った。神様の愛の広さに関して、二つのことを考えたい。    

 第一に、今以上に神様に愛されたいと思っても、そのために出来ることは何もないということ。神様の私たちに対する愛は完全であり、改善される余地がない。実は多くの信者が、神様から更なる愛をいただこうとして色々な良いことをしている。神様の御前で清く生きようとしたり、神様に他の人よりも熱心に奉仕をしたりしている。    

 事実は、神様は御子イエス様を愛されるように私たちを愛してくださる。ヨハネ一七・二三を見ると、イエス様は父なる神様に「あなたがわたしを愛されたように彼らをも愛された…」とおっしゃっている。驚くべきことである。    

 このことが真理である理由は、神様は愛の対象が誰であってもいつも同じように愛されるからだ。そして、それは完全な愛をもってである。私たちが神様の祝福と注目をいただけるのは、神様の愛を受けるのにふさわしい者であるからではない。神様がそのような愛に満ちたお方であるからだ。(続く)    

   

  ◎ 暗誦聖句 ピリピ四章六節
〝何事(なにごと)をも思(おも)ひ煩(わずら)ふな、ただ事(こと)ごとに祈(いのり)をなし、願(ねがい)をなし、感謝(かんしゃ)して汝(なんじ)らの求(もとめ)を神(かみ)に告(つ)げよ。〟

PageTop

◆愛の神を見つめる(7)

   ▽「いつくしみ深き
    友なるイェスは
    罪とが憂いを取り
    去り給う」
   (讃美歌三一二番)
   


  "God is more than enough"(神様は私にとって十分以上のお方)ジム・バーグ博士著からの翻訳    

 神様は私を救い出してくださった。神様にはそうする責任はなかった。しかし、神様は私を助けてくださった。「主はすべてのものにいつくしみ深く、そのあわれみは、造られたすべてのものの上にあります」(詩篇一四五・九)、そして「主は正義と公正を愛される。地は主の恵みに満ちている」(詩篇三三・五)は私の叫びでもあった。    

 ダビデは「主に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで」(詩篇一〇七・一)と述べているが、私の心そのものであった。一〇七篇二節以降は、神様が繰り返しイスラエルの民を救出された時のことを説明している。いずれの説明も「彼らは、主の恵みと、人の子らへの奇しいわざを主に感謝せよ」という言葉をもって終わっている(詩篇一〇七・八、一五、二一、三一)。ダビデは一〇七篇を「知恵のある者はだれか。その者はこれらのことに心を留め、主の恵みを悟れ」という言葉で閉じている(四三節)。    

 ボブ・ジョウンズ大学の管理棟にある私の執務室の戸には「学生部長」という表札がついている。戸の前に立つ時に、私はよく心の内で神様に叫ぶ。「神様、あなたは学生部長という重責にいかに私がふさわしくないかご存知でしょう」と。神様は即座に、「あなたがここにいるのはあなたが立派であったからではない。私が善である故にあなたはここにいるのだ」と思い出させてくださる。神様は何とすばらしいお方であろう。    

 私は詩篇一〇三篇を読むたびに涙をこらえることが出来い。ダビデの言葉(一〇~一二節)を見てみよう。「私たちの罪にしたがって私たちを扱うことをせず、私たちの咎(とが)にしたがって私たちに報(むく)いることもない。天が地上はるかに高いように、御恵みは、主を恐れる者の上に大きい。東が西から遠く離れているように、私たちのそむきの罪を私たちから遠く離される」。    

 神様のお怒りのほか何をも受けるにふさわしくない罪人である私たちへの神様の大きな慈愛(じあい)についての言葉である。神様を正しく知るようになると、自分でこれまで考えていた以上に自分が罪深いことに気づく。そして、自分が想像していたよりもはるかに神様の恵みと愛が大きいことに気づく。(続く)    

   

  ◎ 暗誦聖句 ピリピ四章六節
〝何事(なにごと)をも思(おも)ひ煩(わずら)ふな、ただ事(こと)ごとに祈(いのり)をなし、願(ねがい)をなし、感謝(かんしゃ)して汝(なんじ)らの求(もとめ)を神(かみ)に告(つ)げよ。〟

PageTop