FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

東と西(英語バイブル・タイムから)

▽「 聖書はこう言っています。『彼(イエス・キリスト)に信頼する者は、失望
させられることがない。』」 (ローマ一〇・一一)

 「東が西から遠く離れているように、私たちのそむきの罪を私たちから遠く離
される」詩篇一〇三・一二

 習志野バプテスト教会には、大きな地球儀があります。ビニール製で、風船の
ように空気を入れて膨らませた物です。この地球儀はとても変わっていて、透明
です。ある国の裏側にある国がどこかすぐに分かります。子どものころ、私はペ
ンシルバニア州に住んでいたのですが、自分の家の庭に穴を堀り、掘り続けたら、
最後には、どこの国につながるのであろうと、考えていたのです。この地球儀を
見れば、ペンシルバニア州の裏側がどこかすぐに分かります。

 方角と言えば、大きく分けて、東西南北の四方向があります。日本から出発し
て、東に行き続けることができます。東の終わりはありません。日本から出発し
て、西に向かって行く時も同じです。西に、西に、と向かっていっても、西の終
わりはないのです。

 しかし、北と南に向かう場合は違います。日本から出発して、北に向かいます。
行き続けると、北極に到着します。北極からは南に向かうことになります。日本
を出発して、南に向かう時も、南に、南に、と向かっていくと、南極に到着しま
す。南極からは、北に向かうことになります。南北の場合、北と南に向かって行
き続けることができないのです。東と西の時だけ、ずっと行き続けることができ
るのです。

 神様は「東が西から遠く離れているように、私たちのそむきの罪を私たちから
遠く離される」(詩篇一〇三・一二)のです。大きな隔たりです。神様がお与え
くださる罪の赦しは完全です。赦された罪は、私たちの目の前に二度と持ち出さ
れません。「北が南から遠く離れているように」とは言われなかったのです。南
北には限界があります。私たちの罪が神様によって完全に赦されたことを理解し
ましょう。神様は、そのために自身のお言葉を注意深くお選びになったのです。
 「東は東、西は西、両者がまみえることは決してない」という諺を聞いたこと
がありますか。アメリカ人は良く使う表現です。聖書の御言葉ではないですが、
「東西に終わりがない」ことを思い出させてくれます。

 神様が私たちの罪をお赦しくださる時、その罪を私たちから遠く離れた所へ移
してくださるのです。神様は、その罪を二度と思い出されないのです。神様の赦
しは完璧であり、完全です。あなたも罪を完全に、そして永遠に赦していただく
ことが出来るのです。イエス・キリストは十字架の上で、あなたの罪のために死
んでくださったのです。あなたが赦されるためです。イエス様はあなたが支払う
べき代価をお支払いになったのです。あなたに代わって罪の罰をお受けくださっ
たのです。今日、あなたもイエス・キリストを信じませんか。
(お話・マーサ・カクラン宣教師)

PageTop

神様からのラブレター

▽「 聖書はこう言っています。『彼(イエス・キリスト)に信頼する者は、失望
させられることがない。』」 (ローマ一〇・一一)

 一九八八年四月から英語バイブル・タイムが始まりました。丸山先生とカクラ
ン先生が隔週で担当なさり、時に海外からのゲストのお話が加わりました。カク
ラン先生の録音を翻訳し、掲載します。お楽しみに。□

 あなたは、手紙をもらうのが好きですか。私は好きです。郵便局の方が配達に
来てくださる時間がいつも待ち遠しいです。今日、ポストを見ましたが、何もあ
りませんでした。空気(エアー)だけでしたので、本当にエアー・メイルでした。

 ボブ・ジョウンズ大学で勉強していた時、寮の部屋には電話がありませんでし
た。しかし、ボーイフレンドとのすばらしいコミュニケーション・ツールがあっ
たのです。夜九時になると、男子寮から二人の学生が、みんなから預かった手紙
を大きな段ボールにいれて、運んで来るのです。それを受け取る人がいて、九時
三〇分にはそれぞれの部屋に手紙が届けられました。スポーツ観戦、コンサート、
ピクニック、礼拝に一緒に行きませんか、というおさそいの手紙であったり、そ
の日の出来事を記した内容であったり、「愛しています」という内容だったりす
るわけです。女子寮では一日の中で、最もわくわくする時間であったのです。

 家族、友だち、恋人からお手紙をもらうと、やはり嬉しいです。私たちは、神
様からも、お手紙をいただいているのです。聖書は神様からのお手紙です。神様
が私たちに知ってほしいことをお書きになったものですから、聖書は長い手紙で
す。ご自身について、人間について、特に人の心について、生き方について、人
生の大切なことについて、神様がお喜びになることについて、神様があなたを愛
していらっしゃることについて、など記されているのです。ヨハネの福音書三章
一六節には次のように記されています。「神は、実に、そのひとり子をお与えに
なったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びるこ
となく、永遠のいのちを持つためである」。エレミヤ三一章三節には、「永遠の
愛をもって、わたしはあなたを愛した」と記されています。神様の愛は、決して
変わることがないのです。これはすばらしい知らせです。

 私は、親しい友だちからの手紙をとっています。そして、繰り返して読みます。
聖書はそれ以上です。私が弱っている時、力を与えてくれます。私が悲しいとき、
喜びを与えてくれます。私が落ち込んでいるとき、勇気を与えてくれます。聖書
は、世界でもっともすばらしい手紙です。あなたは、神様からのラブ・レターで
ある聖書を読んだことがありますか。クリスチャンであるあなたは、聖書を毎日
読んでいますか。

PageTop

「選択(六)」

▽「あなたの人生の目当ては何ですか。あなたの人生の目当て が神様にあるなら、あなたの人生は必ず祝福されます。」
ベネス・ジョウンズ夫人のメッセージ(二〇一三年)最終回です。ご婦人たちへのお話でしたが、毎日多くの決断をしている全ての人に励ましとなりました。通訳はカクラン先生、テープ起こしは千綿姉の労です。

 〝 …ナオミはふたりの嫁に、「あなたがたは、それぞれ自分の母の家へ帰りなさい。あなたがたが、なくなった者たちと私にしてくれたように、主があなたがたに恵みを賜わり、 あなたがたが、それぞれ夫の家で平和な暮らしができるように主がしてくださいますように。」と言った。そしてふたりに口づけしたので、彼女たちは声をあげて泣いた。 ふたりはナオミに言った。「いいえ。私たちは、あなたの民のところへあなたといっしょに帰ります。」 しかしナオミは言った。「帰りなさい。娘たち。なぜ私といっしょに行こうとするのですか。あなたがたの夫になるような息子たちが、まだ、私のお腹にいるとでもいうのですか。 帰りなさい。娘たち。さあ、行きなさい。私は年をとって、もう夫は持てません。たとい私が、自分には望みがあると思って、今晩でも夫を持ち、息子たちを産んだとしても、 それだから、あなたがたは息子たちの成人するまで待とうというのですか。だから、あなたがたは夫を持たないままでいるというのですか。娘たち。それはいけません。私をひどく苦しませるだけです。主の御手が私に下ったのですから。」 彼女たちはまた声をあげて泣き、オルパはしゅうとめに別れの口づけをしたが、ルツは彼女にすがりついていた。ナオミは言った。「ご覧なさい。あなたの弟嫁は、自分の民とその神のところへ帰って行きました。あなたも弟嫁にならって帰りなさい。〟ルツ記一・八~一五

「選択」は大切です。オルパのように間違った選択をすることができます。オルパをもう一度よく見て、学ぶべきことを考えましょう。正しい選択をする時、神様は豊かな祝福をお与えくださいます。でも私達がUターンして戻ってしまう時は、祝福を失ってしまいます。オルパのUターンは行き止まりで終わってしまいました。これからは、私達の全ての選択が、神様に喜ばれるものでありますようにと祈り求めましょう。

 (お祈り)愛する天のお父様。オルパは、あまり中心人物となる女性ではないのですが、私達の心を省みれば、彼女と同じような不安と難しい時があります。どうかこの日本にいる愛する姉妹達が、毎日、クリスチャンとして、あなたに喜ばれる生活をおくれるように助けてください。難しい決断をするときに、正しい決断ができるように導いてください。御言葉の中から、私達が実際に必要としていることを学ぶ事ができる幸いを、心から感謝します。イエス様の御名によってお祈りします。アーメン。(おわり)

PageTop

「選択(五)」

▽「人は、たとい全世界を手に入れても、まことのいのちを損じたら、何の得がありましょう。」(マタイ一六・二六)
ベネス・ジョウンズ夫人が、NBC創立五〇周年記念集会で婦人にお話くださったメッセージの続きです。

オルパはUターンしてしまいました。ルツは前に進んでナオミと一緒に続きます。そして素晴らしい祝福に与ります。いくつかの事を一緒に考えましょう。
オルパがその決心をした後、どうなったでしょうか。
御言葉には書かれていません。想像力を働かせて考えてみましょう。モアブに帰り、再婚したかもしれません。子供も与えられたかもしれません。毎日ご馳走を食べ、立派な家を持つお金持ちになったかもしれません。すっかりくつろいだ快適な生活を送ったかもしれません。有名なご主人であったなら、オルパも有名になっていたかもしれません。もしそのようなことが本当に起こっていたら、オルパは「ああ、こちらを選んでやっぱり良かった」と喜んでいた筈ですね。

しかし、本当に良かったのでしょうか。そうではありません。ナオミがルツに、オルパのUターンについて言ったことを覚えていますか。「自分の民に帰っただけではなく、自分の神々にも帰った」と言ったのです(ルツ一・一五)。本当に悲劇的な、愚かな選択でした。彼女の人生は最後まで暗闇の中にあり、偶像の国で一生を終えました。
 「選択」は非常に大事なことです。大きな選択だけではなく、日々選ぶ小さな事も大事です。

 「戻る」ことについて考えてみましょう。そのような選択の時が来ます。戻ることにしようか? 前に進んでいこうか? 救われてから長く経っているクリスチャンであっても、場合によってはUターンして昔の考え方に戻ることがあります。誰かとの関係、もうそれを過去のものにした方が良いのにUターンして戻ることもあります。神様に喜ばれないような事に戻ってしまう時があります。自分の頭や心に汚い、良くないものを取り入れてしまうことがあります。

そして「何かへ」だけではなく、「何々から」Uターンしてしまうこともあります。神様が奉仕や素晴らしい計画を与えてくださっているのに、Uターンしてしまうことがあります。御言葉の真理に成長する機会が与えられても、Uターンして戻ってしまうことがあります。神様と約束して「これからは従っていきます」という決心をしたのに、Uターンすることもあります。(続く)

PageTop

「選択(四)」

▽「 主を恐れる人は、だれか。主はその人に選ぶべき道を
 教えられる。」(詩篇二五・一二)

ベネス・ジョウンズ夫人が、NBC創立五〇周年記念集会で婦人にお話くださったメッセージの続きです。
オルパの立場に立って、どういう気持でこの決心をしたか、想像してみましょう。
何かの決心をする時に、よく自問自答しますね。「こう言う風に決めるならば…」とか「こちらを決めるならばどうなるか」などと考えます。
オルパは何を考えていたのでしょう。姑と一緒に行くか? 自分の生まれ故郷に戻るか? どうしましょうか? 難しい決断だと思いませんか?
あなたの「決断の時」を考えてみましょう。頭の回転が速くなり、色々考えたりして感情がぶれてきます。「おお…、私にとってどういう事になってしまうのか?」と。
もしかしたら、オルパは具体的に身体の事を考えたかもしれません。これから長旅になるのです。体力に自信がなければ、「本当に最後まで行けるだろうか」と不安になります。また、人間関係、人とのつながりを考えたでしょう。「私の家族、親戚はみんなモアブにいる。ナオミと一緒にいたのは一〇年しかない。その人と一緒に行くべきだろうか」と。霊的な事、宗教的な事も考えたでしょう。「私の国は、神々が一杯あったけれども、イスラエルに行くとなるとエホバという神様しか礼拝していない」と。こう考えると、オルパは変な人ではないですね。
もう少し具体的に考えてみましょう。どのような事が、この間違った選択に影響を与えたでしょうか?
未亡人になったばかりなのです。大きなショックがある時に身体全体が弱った感じがします。そして、本当にがっかりして、絶望的な気持ちになります。オルパは多分、そのような落ち込んだ状態だったでしょう。
ナオミは、とても素晴らしい、良い姑さんだったでしょうか。実はそうではありませんでした。自分の事を「苦い」と後で言うのです。そのような状態の姑さんを見て、オルパは考えていたのではないでしょうか。
オルパは女性です。女性は長距離の移動が好きですか。「いいえ!」女性は巣を作る性質なのです。男性はどんどんといろんな所に行きたいのですが、女性は違います。「ここに居たい」という気持ちがあります。ナオミについて行くならば、これからは全てが新しい経験であり、自分が体験してきた事は一切ないのです。「怖い!」と思ってしまいます。もう心の中はモヤモヤ、モヤモヤ、気持ちが揺れ動いています。
彼女が決心した事はもうご存知ですね。(続く)

PageTop