FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

変 身(英語バイブル・タイム翻訳)

「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造(つく)られた者です。古(ふる)いものは過(す)ぎ去(さ)って、見よ、すべてが新しくなりました。」   Ⅱコリント五章一七節

私は、美しい庭のある家に住んでいます。この家の大家(おおや)さんは、背の高い木と低い木、そして色々な花を庭に植えてくれました。一年を通して、何かしら花が咲いています。土の中から新しい芽(め)が出てくるのを見ると感動(かんどう)します。どんな花が咲(さ)くのか想像(そうぞう)するとわくわくします。

門を入ったすぐ横に、美しい白い花を咲かせる小さな木があります。五月か六月に花が咲いて、良い香(かお)りを放(はな)ちます。

花が咲き終わったとき、その木に不思議(ふしぎ)なものを見つけました。何かがその木の葉を食べていました。何が葉っぱを食べているのか見えませんでした。何だろうと気になりました。ある日、その正体(しょうたい)が分かりました。気持ち悪い、緑色のイモ虫でした。私はごみ袋にいれたり、殺虫剤(さっちゅうざい)を吹きかけたり、つぶしたりして退治(たいじ)しました。

後日、友人にイモ虫の話をしました。友人は「醜(みにく)いイモ虫ですが、美しい蝶(ちょう)になりますよ」と教えてくれました。こんなに気持ち悪いものが、美しい蝶になるとは信じがたいことです。私はイモ虫が大嫌(だいきら)いです。しかし、美しい蝶を見るのは大好きです。

イモ虫が蝶になるという神秘(しんぴ)から、私は今日の聖句、「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました」を思い起こしました。イエス・キリストを信じ、救われる前、私たちの心は罪のために汚(けが)れていました。醜いイモ虫のようでした。しかし、キリストを信じて救われた後、私たちの心は蝶のように美しいものに変えられます。神様は、醜いイモ虫をやがて美しい蝶に変わるものとして創造されました。私たちの醜い心をも、美しいものに変えるお力が神様にはあります。美しい心を持つものに変身する方法はたった一つしかありません。イエス・キリストに救いを求めることです。あなたも、イエス・キリストを救い主と信じませんか。イエス様は、あなたにも新しい心をお与えくださいます。
          (マーサ・カクラン宣教師)

スポンサーサイト

PageTop

洗 濯(英語バイブル・タイム翻訳)

「私を洗(あら)ってください。そうすれば、私は雪(ゆき)よりも白くなりましょう。」 詩篇 五一篇七節 

あなたはテレビを見るのが好きですか。よく見ますか。私は好きな番組がいくつかあり、一日に一時間から一時間半テレビを見ます。朝はめったに見ませんが、時々テレビをつけると、宣伝(せんでん)が多いです。特に洗濯(せんたく)洗剤(せんざい)の宣伝です。洗剤名をいくつ言えますか。私が言えるのは、ダッシュ、チェアー、ニュー・ビーズ、アタック、トップ、イェスです。どの洗剤も強力洗浄(せんじょう)と漂白(ひょうはく)作用を宣伝し、最高の洗剤と自称(じしょう)しています。

岐阜(ぎふ)に住んでいた時、キティちゃんという猫を飼(か)っていました。ある日、キティちゃんは泥(どろ)の足で部屋の中に入ってきました。私の白いシーツの上を歩きまわり、「猫の足跡(あしあと)柄(がら)」シーツになってしまいました。丁(ちよう)度(ど)その時、新しい洗剤が大々的に宣伝されていました。宣伝文句(もんく)は、「どんなものでも驚くほど真っ白」でした。頑固(がんこ)な汚れもすっかり落ち、シーツ、タオル、衣類は新品のようになります、とも約束していました。私は「足跡の汚れを落として、元(もと)の白いシーツにするにはこの洗剤だ」と思いました。私はそのシーツを五回も洗いましたが、足跡柄は残っていました。その洗剤は守れない約束を宣伝していたのです。

詩篇五一篇は、ダビデ王の神様への祈りです。ダビデ王は罪を犯し、神様の赦(ゆる)しが必要でした。「ヒソプをもって私の罪(つみ)を除(のぞ)いてきよめてください。そうすれば、私はきよくなりましょう。私を洗ってください。そうすれば、私は雪よりも白くなりましょう」(七節)と祈りました。神様は守れない約束はなさいません。神様が私たちを洗ってくださるならば、私たちは間違いなく雪よりも白くなるのです。私たちのどの部分が、洗われないといけないでしょうか。詩篇五一篇七節は、私たちの体について言っているのではありません。体なら、自分自身で洗うことが出来ます。衣服(いふく)についてでもありません。服も自分で洗う事が出来ます。この聖句は、私たちの罪深い心について言っているのです。罪は私たちの心を汚れたものにします。

 多くの宗教は、人の心を洗い、清めると約束します。しかし、その約束は洗剤の宣伝と同じです。人の心を完全に洗い、清めることがおできになるのはイエス・キリストだけです。キリストは十字架の上で死なれたとき、私たちの罪に対する罰(ばつ)をお受けになりました。完全で、罪なく、清い心をお持ちであったキリストは、私たちの心を新しくしてくださいます。しかし、そのためには、心が清められるように願わなければなりません。あなたは、イエス・キリストに、「心を洗ってください。私の罪で汚れた心を雪よりも白くしてください」とお祈りになりましたか。
           (マーサ・カクラン宣教師)

PageTop

全てを御覧になる神様(英語BT翻訳(ほんやく)

「主の御目(おんめ)はどこにでもあり、悪人(あくにん)と善人(ぜんにん)とを見張(みは)っている。」 箴言(しんげん)一五章三節

 先日、私は何人かの子どもを連れてミニゴルフに行きました。私たちは一八ホールをプレーして、とても楽しい時間を過ごしました。その時の一つの出来事から、この聖句を思い出しました。九番ホールには、賞品(しょうひん)がかかっていました。①、②、③と数字が記された箱がありました。①の箱にボールが入れば、賞品がもらえます。残念ながら、私のボールは②の箱に入ってしまいました。ところが、驚(おどろ)いたことに、プラスチックのボールが機械から出てきて、「アタリ」と書かれていました。

 私は受付にそのプラスチックのボールを持っていき、「これは何かの間違(まちが)いです。私のボールは②に入ったのに、これが出てきました」と伝えました。マネジャーは、「あなたが何も言わなければ、誰も間違いに気付かなかったでしょうに」と言いました。私は少しの間考えてみました。確かに、私は賞品が欲(ほ)しかったです。しかし、ずるをして賞品をもらいたくなかったのです。ネージャーの他に、一人の子が、「カクラン先生、先生が何も言わなければ、誰も気がつかなかったでしょう」と言いました。確かに、私が正直に言わなければ、②にボールが入ったのに「あたり」が出てきたことは誰にも気付かれなかったかもしれません。また、もらえるはずのない賞品を手にしたことは誰にも分からなかったかもしれません。

 しかし、その考えは間違っています。私を御覧になっている方がいらっしゃるのです。聖書には、「主の御目はどこにでもあり、悪人と善人とを見張っている」と教えられています。私たちは神様に何も隠(かく)すことができません。神様は、私たちがする全ての事を御覧になっています。神様は、私たちの心の隅々(すみずみ)までご存知です。私たちは周囲の人々に自分の罪を隠すことができます。しかし、神様にはどんなに小さな罪も隠すことができません。聖書は、「すべての人は、罪を犯した」(ローマ三・二三)、「義人はいない。ひとりもいない」(ローマ三・一〇)と記しています。私たちはみな、罪を赦(ゆる)していただく必要があります。 イエス・キリストは私たちの罪のために十字架の上で死んでくださいました。イエス・キリストは、私たちのすべての罪を御覧になり、私たちを赦そうと願っていらっしゃるのです。イエス・キリストを信じて、お願いするならば、私たちの罪はすべて赦され、罪の刑罰(けいばつ)から救われるのです。今日、イエス・キリストを信じませんか。(マーサ・カクラン宣教師)

PageTop

問題を認める(英語バイブルT翻訳(ほんやく))

 今日注目(ちゅうもく)したい聖句は「…御子イエスの血はすべての罪から私たちをきよめます」(Ⅰヨハネ一・七)です。

前回のバイブルタイムで、最近流山に引越してきたことをお伝えしました。引越しの準備で、私は非常に忙(いそが)しかったです。衣類(いるい)、シーツ、タオル、皿、ポット、鍋(なべ)、そして本を梱包(こんぽう)しました。引越(ひっこし)業者(ぎょうしゃ)が運びやすいように、箱詰(はこづ)めしたものを一つの部屋に運びました。ようやく、全てのものを詰め終わり、その部屋以外をあけることができました。絨毯(じゅうたん)に掃除機をかけ、床はふきました。両膝(ひざ)をついて、四つんばいになって床をきれいにしたため、腰が痛くなってきました。

流山に来てから、色々な変化があります。私の部屋は二階にあるので、一日に何度も階段を上り下りします。コタツを使うようになり、イスではなく床に座るようになりました。週に二回、私は片道約一時間の距離ですが、小さな車で習志野バプテスト教会に行くようになりました。腰痛はさらにひどくなりました。

最初は「どこも悪くない。筋肉痛でしょう」と考えました。五週間様子(ようす)を見ましたが、腰痛はなくなりません。病院に行くことにしました。しかし、ここでも問題にぶつかりました。アメリカでは、家族全員がお世話になるホームドクターがいます。何か健康の問題があると、ホームドクターに相談します。 日本では、どの病院に行ったら良いのか見当が付きません。友人が整形外科(せいけいげか)をすすめてくれ、行ってみました。

私は腰痛の治療(ちりょう)を受けたかったのです。ようやく、正しい先生に診(み)てもらえました。残念なことですが、私の腰痛は完治(かんち)していません。少しよくなっても、痛みは完全になくならないのです。

あなたには腰痛がないかもしれません。健康面ではどこも悪くないかもしれません。しかし、全ての人が抱(かか)えている問題を私は知っています。私達の心の中にある罪の問題です。これは病気に似(に)ています。まず、自分が病気であることに気付かないといけないです。そして、良くなりたいと思うことが大切です。そして、正しい医師(いし)に診てもらうことです。イエス・キリストこそ、私達の罪を赦(ゆる)し、私達の心を癒(いや)すことのできる唯一(ゆいいつ)のお方です。

整形外科の医師は、私の腰痛は完治しないと言いました。しかし、私達の心は完全に清められ、癒されると、イエス様は仰(おっしゃ)いました。あなたの心には、まだ罪の病(やまい)がありますか。イエス様にお願いして、癒していただきませんか。イエス・キリストの血(ち)はすべての罪から私たちを清めます。(カクラン宣教師)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。