FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(二)

パウロは「『キリスト・イエスは罪人を救うために世に来られた』ということばは真実であり、そのまま受け入れるに値するものです。私はその罪人のかしらです」(Ⅰテモテ一・一五)と書いています。自虐的(じぎゃくてき)な表現ではありません。自らの歩んできた道を振り返り、イエス様を信じる人々を迫害(はくがい)し、恐ろしい過去を持つ者として、「罪人の頭(かしら)」であるという風に表現したのです。

「僕(しもべ)」は、単に仕える人を意味するのではありません。僕(しもべ)というと、立派な御殿で仕える下僕、召使いを私たちは思い浮かべます。しかし、使徒パウロが使った「僕(しもべ)」は、奴隷を意味します。「デューロス」というギリシャ語は、「仕える者」よりもはるかに低い、最低の、いわば、自由を完全に奪い取られた奴隷の姿を意味します。この意味で、使徒パウロは自らを「キリスト・イエスの奴隷」と言ったのです。

「サーヴァント」あるいは「僕(しもべ)」と言うとかっこよく聞こえますが、奴隷といえばイメージは大変悪くなります。パウロは敢(あ)えて「キリスト・イエスの奴隷」と言う言葉で、人々の前に自らの証しを続けようとしました。旧約聖書の出エジプト記には、奴隷であった者が自由になれるにもかかわらず、ご主人の愛と恩のゆえに、奴隷として生涯その家族と一緒に過ごすことを決心した人について記されています。パウロもそういう意味で、「キリスト・イエスの奴隷」と言いました。ですから、自由を奪われ、何の決断も出来ないという意味での奴隷ではありません。自らを喜んで神様の僕(しもべ)として、奴隷のようにお仕えしていく決意であり、自分の願いよりも主イエス・キリストのお心に従っていこうとする姿を表現しています。

あなたは「私はキリスト・イエスの僕(しもべ)」と言うことが出来るでしょうか。「キリスト教会は私の僕(しもべ)」と考えていないでしょうか。イエス様の救いは、「私がこの地上で生活するための便利な助け」と考えていないでしょうか。世の中には、信仰でさえも立身出世(りつしんしゆつせ)や経済的な利益のために利用する人がいます。実際に、日本の裁判所では、こうした宗教裁判が多くあります。仏教系統や新興宗教、またキリスト教の異端の中でも裁判となっている例がたくさんあります。特に異端の中には、信仰や宗教を自分の利益のために使っている人たちが多く、そのために、裁判所から、元信者に何千万というお金を返すように命じられる判決がくだされているのです。(続く)

PageTop

ローマ人への手紙(一)

 丸山一郎牧師の講解説教(テープ起こしした分)を掲載して行きます。丸山先生は文語訳聖書をお使いでしたが、ここでは新改訳聖書(二〇一七年)を利用します。一一月三日に、教会創立五五周年を迎えるに際し、この『ローマ人への手紙』の説教集を出版したいと願っています。この講解説教は二〇〇一年六月三日~二〇〇二年六月三〇日まで続いたもので、四六回の礼拝メッセージです。神様からお力をいただいてこの計画を成し遂げられるようにお祈りください。

「キリスト・イエスのしもべ、神の福音のために選び出され、使徒として召されたパウロから」 ローマ人への手紙一章一節

《キリスト・イエスのしもべ》
この短い一節の中に、大変重要な聖書の救いの教理とクリスチャン一人一人の信仰の歩(あゆ)みについて書かれています。私たちは聖書全体を完全に読みきり、また、全てを理解することは不可能です。しかし、だからといって聖書が全(まつた)く理解できないわけではありません。神様は現代の人々に対しても、このローマ人への手紙を通してお語りくださり、日々必要な力、生きる糧(かて)をお与えくださいます。クリスチャンの信仰の土台、又、私たちが日々の生活においてどのように神様と共に歩いて行くことが出来るのか、人生の目当てと、日々の歩みに必要な神様の導きを求めてゆきたいと思います。

パウロの元の名前はサウロといい、ユダヤ人社会ではサウロと呼ばれていました。パウロという名前は異邦人(いほうじん)の中にあって多く使われた名称(めいしよう)でした。

パウロは一章一節で「キリスト・イエスの僕(しもべ)」と書いています。聖書には、「イエス・キリスト」と書かれているところと、「キリスト・イエス」のように順序が逆になっているところがあります。使徒パウロが「キリスト・イエス」という時には、明らかに神様によって預言をされ、また救い主として油注ぎを受けたお方として書いています。「イエス・キリスト」という時には一般的なイエス様のお名前、人間としてのイエス様のお名前にさらに救い主という形で、述べられているようです。

『ローマ人への手紙』が書かれた、紀元五〇年前後、ローマは世界を制圧していました。その中で、パウロは初め、厳格に宗教儀式を守るパリサイ派でした。サウロという名前の時には、イエス様を信じる人々を捕(つか)まえては牢屋(ろうや)に入れてしまう、クリスチャンを迫害(はくがい)する急先鋒(きゅうせんぽう)の一人でした。復活の主イエス様によって、彼は自分の歩(あゆ)んできた信仰の歩みがどんなに間違い、見当はずれであったのかを知りました。そして、復活なさったイエス様の個人的なお取り扱いの中で、それまでの間違った歩み方を完全に変えられて、新たに、神様に仕える者として生涯を捧(ささ)げたのです。(続く)

PageTop

聖歌総合版 四六三番 神なく望みなく

一、神なく 望みなく さまよいし我も 救われて   主を誉(ほ)むる 身とはせられたり
(コーラス) 我知る かつては盲(めしい)なりしが
       目あきとなり 神を誉む 今はかくも
二、かつては罪のため 心は曇(くも)りて 迷いしが
  今は目も 全(また)く開きたり  (コーラス)
三、栄えの君にます 主は我にとりて 我が誇り    我が望み また我が全てぞ (コーラス)
四、なさばやこの一事 後のもの忘れ
  先のもの 望みつつ 勝利を得るまで(コーラス)

 主イエス・キリストに見捨てられてしまったような気持ちになったことがありますか。すなわち、主の愛に満ちたご配慮(はいりよ)が見えず、全ての問題を一人で背負っているかのようなときを経験したことがありますか。

 フランク・グラエフ牧師は、深く暗い谷を歩き、胸が張り裂(さ)けるような苦しみを経験しました。グラエフ師は、その時のことを後に、「敗北と絶望の気持ちで押しつぶされた時」と表現しました。グラエフ師はさらに、「しかし、この経験を通して、喜びと勝利に満ちた人生を手にしました。絶望で心が沈(しず)んでいたとき、私を気にかけてくださるお方、私の心の痛みと悲しみをご存知のお方、決して私を捨てないとお約束くださり、私の重荷(おもに)を負ってくださるお方、すなわち、私の主イエス・キリストから目を離してしまっていたのです。

 バンヤンの『天路歴程(てんろれきてい)』に出てくる「絶望の沼」にはまり、日に日に深みにはまっていくようでした。ある日、とうとう、もう立っていられない状態になりました。人生の終わりを覚悟(かくご)しました。この究極的(きゆうきよくてき)な状態にあって、ある曲が口から出てきました。七五年前に同じような苦しみを経験したジョセフ・スクリーヴェンが書いた罪(つみ)咎(とが)を荷(に)のう 友なるイェスに 打ち明け得るとは いかなる幸(さち)ぞ 安(やす)きの無き者 悩(なや)み負う者 友なる イェスをば 訪(おとず)れよかし(聖歌総合版六五一番)

という歌でした。私はもう一歩も進めませんでした。膝をついて祈りました。心にかかっていた全ての重荷を主イエス・キリストに注ぎだしました。失っていた平安が洪水のように押し寄せてきて、私の魂(たましい)をおおいました。私の魂は言葉では表現できない喜びと栄光で満たされました」と証しています。

 リバイバルされたこの説教者は「私を心配してくださるお方を知っています。私の救い主は私をお心にかけてくださいます」と叫んだそうです。このような経験をしたグラエフ師の心からあふれ出てきた詞(『神なく望みなく』一九〇〇年)は多くの人々を励まし、祝福となってきました。あなたのことを心配してくださる主(しゆ)をみつめましょう。(A・スミス著の要約)

PageTop