FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(二七)

現在、聖書の基本的な教理、中心的な聖書の教えとその骨組みを学ぶために週報で、「ローマ人への手紙」の勉強をしています。最近、よく小泉内閣が「骨太の改革」と言いますが、実は、「ローマ人への手紙」は聖書の中で「骨太のキリスト教」、真理の核心になる部分です。

 「ローマ人への手紙」は、特にローマに住んでいたローマの軍人や市民を念頭に書かれました。彼らは、実利主義者で、今すぐ役にたつ、勉強したらすぐに役に立つという(文化的)な背景をもっていました。言ってみればインスタント食品をレンジで温めればすぐ食べられるというような考え方をしていた民族であったようです。

 使徒パウロは、ローマ人達に本当の聖書の教え、基本的な神様の救いとはどういうものかを手短にその骨格を紹介しようと「ローマ人への手紙」を書いたのです。

 「ローマ人への手紙」の中には三つの大きなテーマがあります。第一は義、正義の義です。羊という字の下に我と書きます。昔、中国で、猟師が山に狩りに行き、獲物を撃って捕らえようとした時、羊が飛び出してきてその動物を助けたということから、羊は(自分が犠牲となって他を救う)ということで義の文字ができたといいます。これは浪花節(なにわぶし)の一節ですが、羊は確かにそのようなもののようです。

 羊の下に大きいと書くとどうでしょうか。やせ細った羊より、太った羊のほうが美味(美しい)という字になります。漢字にはそれなりの意味があるのですね。

 これをクリスチャンの立場から考えてみましょう。バプテスマのヨハネはイエス様を指さして「見よ。これぞ世の罪を除く神の子羊」と言いました。神様がご用意くださった羊、子羊であるイエス・キリストという意味です。

 イエス様は、ご自分の命を十字架において人類救済のために犠牲として死んでくださいました。そういう意味からみるならば、まさに義という文字は、クリスチャンにとってかけがえのない、素晴らしい文字ではないでしょうか。イエス様の救いをこれほど端的に表す文字はありません。羊、すなわち神様がご用意くださった羊はイエス様です。

 旧約聖書のイザヤ書五三章六節に、「私たちはみな、羊のようにさまよい、それぞれ自分勝手な道に向かって行った」とあります。神様はこの迷った羊のためにイエス様がご自分の命を犠牲にして、羊を神のもとに連れ帰るという教えです。二重、三重の意味で、私たちは聖書の教え、イエス・キリストの十字架上の身代わりの死を深く考えなければならないでしょう。(つづく)

PageTop