FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(四六)

 「実にキリストは、私たちがまだ弱かったころ、定められた時に、不敬虔な者たちのために死んでくださいました。正しい人のためであっても、死ぬ人はほとんどいません。善良な人のためなら、進んで死ぬ人がいるかもしれません。」   ローマ書五章六、七節

 私は、熱心な仏教徒である父親に育てられました。父は幼い時に両親と死別し、その後お寺で育てられたということもあり、非常に厳格な家庭でした。絶対に嘘をついてはいけない、という修身道徳のお手本みたいな父で、躾が厳しかったのです。そういう中にあって私は聖書を読み、「私は違う。このローマ書三章の言っていることは違う。私じゃない。」と抵抗しながら聖書を読んだのでした。


 聖書の中には「ユダヤ人もギリシア人も、すべての人が罪の下にあるからです。 次のように書いてあるとおりです。『義人はいない。一人もいない』」(ローマ書三章九~一〇節)と書いてあります。

 正しい者は一人もいない、この世に正しい者は誰一人いないのだ、ということに愕然としました。私は、他人の前ではクラスの委員長や学級委員として偉そうなことを言っているが、自分一人になった時、一体何を考え、何をしているんだろうか、と思いました。

 思春期から青年期、これは世界中どこの若者でもそうでしょうが、異性に興味が湧くものです。戦後の混乱の中、好色文学が沢山増えてきて、そういう物を読みあさったこともありました。しかし、心の安らぎはなく、喜びのない人生でした。他の人の顔を見ることが恥ずかしいような、何か自分がいつも悪いことをしているような感じがしていたのです。


 そして、次にたどったのは心理学の勉強でした。東大教授の書いた心理学の本や有名な作家の書いた本を読みあさりました。心理学を勉強すれば、何か土台を見つけられるのではと思ったからです。

 思春期の性に対する関心や、世の中の様々な快楽を追い求める思いがありました。外側から見るならば学校のクラス委員をやっている「立派な人間」であるが、心の中は乱れに乱れている腐れきった者だと自覚していました。そして恥ずかしくて人前に出ることができませんでした。

 心理学を勉強すれば、この迷いから逃れることができるかもしれないと思って、一生懸命、心理学の本を読んで勉強しました。そして心理学を通して、異性に対する興味というのは誰もが持つことだということ、また、そうした興味というものは正しいルートに乗せなくてはいけない、ということがわかったのでした。

 と同時に、自分の関心がそういう方に向かないようにするには、どうしたら良いのか、スポーツに打ち込むとか勉強に打ち込むとか、人生の目的を持ってそれに打ち込むのだ、ということも、心理学から教えられました。しかし、そういう「学問」というものは決して人間を変える力はなかったのです。(続く)

PageTop

ローマ人への手紙(四五)

 「このキリストによって私たちは、信仰によって、今立っているこの恵みに導き入れられました。そして、神の栄光にあずかる望みを喜んでいます。」              ローマ五章ニ節

 太平洋戦争が終わるまで、私たちは「教育勅語」や「修身」という勉強をさせられました。日本の教育制度の中で「こうすれば正直者はだいたい生活ができますよ。」という倫理観や道徳観の勉強がありました。

 けれども、敗戦によって、私たちは自分たちがこの生活の中で充分幸せになれるんだ、という土台が足元から崩れてしまったのでした。戦争が起きた時には、日本はいつも「神風によって救われた」という伝説的なことを聞かされてきたのに、日本がなぜ負けたのか、なぜアメリカが勝ったのか、ということをとても知りたかったのに、わかりませんでした。

 アメリカが日本を占領した時に、日本人の婦女子を暴行したり殺したということはあまり聞かず、むしろ、あちらこちらで聖書を配る宣教師の姿が見うけられました。また、「ケア」という物資が配給されたりしました。確かに、日本人が教えたことと本当のアメリカとは違うんだなあ、ということがわかったのです。

 その頃、学校に行くと先生に「何ページから何ページまで筆を取って、全部黒く消しなさい。」と言われ、民主主義に反する教科書の内容は全部黒塗りにさせられました。学校の先生たちは、自分たちが教えてきたことが全く悪かったということで、先生自身が教える力を失ってしまったのです。

 そういう時代にあって、私は聖書を手にしたのでした。人生の依(よ)るべきところは何か。有名な文学小説を読み、また人生の指針を得ようと、いろいろな思想の本を読みあさりました。けれども、そこには何一つ自分の魂を変革する力がなかったのです。

 とうとう、私は英語の勉強をしながら、このローマ書を皮切りに聖書を何度か読み始めました。マタイ伝では名前の羅列から始まって「何だこれは・・・。わからない! こんなおもしろくないもの。」とほうり投げたこともありました。しかし、ある時、ローマ書の記述が私の心をそっくりそのまま表わしていることに気がついたのでした。

 私がローマ書を勉強したのは、法律の勉強をするために通信教育を受けていた時でした。法律の勉強をしている最中に聖書の学びをしながら、私にとって法律よりも聖書の方が大事だということがだんだんと分かってきたのです。(続く)

PageTop

ローマ人への手紙(四四)

 「このキリストによって私たちは、信仰によって、今立っているこの恵みに導き入れられました。そして、神の栄光にあずかる望みを喜んでいます。」
         ローマ五章二節

 多くの日本人は、自分の力とか才能、技術に頼りがちです。日本人に信仰の話をすると、「いや、私は自分のこの腕以外に頼ることをしない。」と答えます。

 しかし、不況の中、どんなにいい腕があっても仕事が来なければ自分の生活を支えることは難しい時代になりました。私たちは自分が何の上に人生を築こうとしているのか、何処に立っているのか、祈って、神様のお導きをいただきましょう。

 「このキリストによって」「信仰によって」私たちは、今立っているこの恵みに導き入れられました。イエス・キリストを通して私たちは信仰によって神様の恵みに与かることができるのです。

 神様の恵みをいただくことができるということは、言葉で言い表すことのできない大変な感謝なことではないかと思います。もし「恵み」がなかったら、あなたは今どこにいるでしょうか。もし神様の恵みがなければ、あなたは今どこに立ち止まり、どこにいるでしょうか。

 詩篇一篇一節を見ると、「幸いなことよ。悪しき者のはかりごとに歩まず、罪人の道に立たず、嘲(あざけ)る者の座に着かない人。」と書いてあります。

 私たちは油断すると、あっという間にこうした罪の世界に誘われ、落ち込んでしまいます。イエス・キリストを信じることによって、その信仰のゆえに、神様のご用意下さった恵みの中に入ることができるのです。

 もし、恵みがなかったならば、神様の愛と憐れみを受ける資格がない私はどんな世界にいただろうかと反省することがあります。ローマ五章を読むたびに、私は自分自身の過去を思い起こし、確かに神様の憐れみによって救われたのだと感謝しています。

 私の一〇代前半は太平洋戦争の最中で、今でいう中学一年の時は、多くの若者が「予科(よか)練(れん)」に入り、「ゼロ戦に乗って、体当たりでアメリカを倒す」ということを盛んにやっていた時代でした。勤労動員で、少しのお金ももらわずに農家の手伝いに行かされたり、ペンキ塗りをさせられたり、工場で働かされたり、いろいろなことをさせられました。

 一〇代半ばに戦争が終わり、今度は自分たちの寄って立つところが無くなってしまいました。よりどころのない人生とは、本当に恐ろしいものです。(続く)

PageTop

ローマ人への手紙(四三)

 「このキリストによって私たちは、信仰によって、今立っているこの恵みに導き入れられました。そして、神の栄光にあずかる望みを喜んでいます。」
                 ローマ五章二節

 「立つ」という時、私たちは一体どこに立つでしょうか。滑りやすい所でしょうか。或いは、しっかりとした所に立つのでしょうか。

 外国には冒険家がいて、大きな高い建物の壁を、何も使わず、素手で屋上まで昇っていきます。冒険家はほんの少しの空間、あるいはちょっとした出っ張りをも見逃すことなく、指でつかみ、足をかけ、高い所に昇っていきます。

 ある一人の冒険家が頂上間際まで行った時、あっという間に体が宙に浮いて、地べたに叩きつけられてしまいました。彼が大丈夫だと思ってつかんだ所は、実は蜘蛛の黒い巣であったため落ちてしまったのでした。

 人間は、いつもこうした確かでない所を歩いているような生活をしています。これが、神様を知らない人たちの人生ではないかと思います。

 アダムが罪を犯し、エバと二人、神様から身を隠した時に、神様は「アダムよ。あなたは何処にいるのですか。」(創世記三章九節)と声をおかけになりました。神様は、どこにアダムが隠れているのか、わかっていらっしゃいました。けれどもアダムに「あなたは、今何処にいるのか」とお尋ねになりました。

 今日、神様は私たちにも「あなたは今、どこに立っているのか。」とおたずねになります。あなたが立っているところは、この世の知恵、悪魔が支配する世界でしょうか。それとも神様の確かな聖書の御約束の上に立っているでしょうか。あなたは何の上に人生を築いていらっしゃいますか。

 あなたの人生、職業、生涯は何の上に建てられているでしょうか。「私は学校で勉強した自分の勉強の上に、人生をたてます。」あるいは「自分の才能の上に人生を築きます。」と言う人も多くいます。

 日本には昔から「芸は身を助く」という言葉があります。芸とは、手芸とか園芸とか芸術とかいう「芸」のことです。絵や音楽や何か一つの特別な才能を磨いた人は一生、経済的に困ることなく自分の生活を支えていけるという意味です。だから「一芸に秀でるように」と昔の人はよく言いました。

 「数学や音楽ができなくてもいい。とにかく何か一つ、技を身につけなさい。そうすればその技が生涯あなたの生活を支えていくだろう。」というわけです。(続く)

PageTop