FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(七一)

 「まして」という言葉を好んで使った伝道者は使徒パウロでした。ローマ五章九、一〇、一五、一七、二〇節と続きます。その他では、Ⅰコリント一二章に一ヶ所、Ⅱコリント三章九、一一節、そしてピリピ二章、ピレモン一六節、また学者によってはヘブル(パウロが書いたといわれる)九章、一二章とあります。


 新約聖書の中で「まして」という言葉は、一二回出てきますが、その中の五回がローマ人への手紙です。この他には出てきません。しかも、「まして」という言葉がローマ五章の中に頻繁に出てくるということは、どんなにパウロが神様の恵みと憐れみを強調したかったのかが分かります。

 これからの生涯でつまずいた時に、あるいは疑いを持つ時に、様々な悲しみを抱える時に、この言葉を想い起こしてほしいです。「まして」、必ず皆さんの日々の生活の中に大きな力となぐさめ、励ましをもたらして下さると思います。


 ローマ五章八節を見ていくと、「私たちがまだ罪人であったとき」とあります。

 私たちはそれこそ世の中の罪汚れにどっぷりと浸って、〝箸にも棒にもかからない〟ような、もう、めちゃくちゃな生活でどうしようもなく、救いようがない、ヤクザで、だらしなく、怠け者で、神様に逆らってばかりいた罪多き者です。

 すなわち、どこから見ても私たちは正しくないのです。


 戦後、日本に来た宣教師が、よく漢字を分解して絵を描きました。「罪」という字は四の下に非と書く。「非」は「あらず」で普段のことではありません。

 人間は、前から見ても後ろから見ても左から見ても右から見ても、良いことがないというのが罪です。四つの面から見て良いことが非ずということです、と。「非常」というのは普通の時ではないこと、「非」というのはNO(ノー)です。


 イザヤの表現を借りるなら、「罪」というのは神様が私たちをご覧になる時に、足の裏から頭の天辺に至るまで腫れ物とウミで一杯だという状態をさし、汚れに満ちた存在です。

 そんな罪人である私たちのためにイエス・キリストは死んでくださったのです。そして神様は、私たちに対する愛をあらわしてくださいました。


 これから結婚する方は、相手の男性あるいは女性に「もし、あなたが私を愛するなら、その証拠を見せてください。」という言葉を使うことがあるかもしれません。

 大体、日本人は愛情表現が不得手、非常に苦手です。「家内は私が愛していることは分っています。そんなことは言わなくても分っているんです。」と。でも、奥様は言ってもらいたいのではないでしょうか。 (続く)

PageTop