FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

◆ 私たちの心はどこにあるのか

 ▽「信仰の創始者(そうししゃ)であり、
   完成者であるイエスから目を
   離さないでいなさい。」
  (へブル書一二・二) 
         


   今年の八月五日の週報に、「教会の台所の裏(うら)にカリンの木がある。すでに、緑色の実がいくつもなっている。この実は、すてきな香りをはなち、咳(せき)に効(き)く。収穫(しゅうかく)は晩秋である。カリンの実をほしい方は、収穫の時期を見逃さないように色の変化をみていてほしい。光沢(こうたく)のある黄色がしるしである」と記した。一二月六日に、四つ収穫をした。残念ながら、その前の週の強い風で、多くの実が地に落ちてしまった。週報で書いたこともあり、例年(れいねん)以上にカリンの実の収穫時期を意識していたのに、多くの実をだめにしてしまった。    

 八月五日号の週題は、「緊急(きんきゅう)の祈りの課題」であり、〝実りは多いが、働き手が少ない。だから、収穫の主に、収穫のために働き手を送ってくださるように祈りなさい。〟(ルカ伝一〇章二節)が聖書箇所であった。イエス様のお言葉は、救われるべき魂(たましい)(収穫すべき実)は多いのに収穫できずにいる、ということである。    

 コンサートのためにお招きしたギレスピー・ファミリーと接した方は、多くのチャレンジを受けたことだろう。九人のお子さんを育てるご夫妻には、体力的、精神的、そして経済的にも大変なことであろう。関西に向かう時、宅急便でスーツケイスを一四個別送した。それなのに、ご家族を駅までお送りするために、楽器と残った荷物の運搬(うんぱん)も含め、五台の車が必要であった。ご夫妻への質問の中に、「九人の子に、それぞれの音楽の先生をつけることは経済的に大変ではないですか」、「子供をしつけること、聖書的な訓練することは大変ではないですか」があった。    

 両方の質問に対して、〝あなたの宝(たから)のあるところに、あなたの心もあるからです。〟(マタイ六・二一) というみ言葉をご夫妻は引用なさり、「私たち夫婦にとって、子どもたちが神様のみ言葉によって成長し、音楽を通して主イエス様にお仕えできることは大切なことです。故に、大変と思いません。大切なことと思うことのためには、誰(だれ)でも時間、お金、心を使います。まさに、〝あなたの宝のあるところに、あなたの心もある〟のです。私たちにとって、子どもに聖書を教え、導き、訓練を与えることは、簡単ではありませんが、最も大切なことと考えているので、他のことを犠牲(ぎせい)にしても、それを外(はず)すことは出来ないのです」と仰(おっしゃ)った。私たちの心はどこにあるのか、点検(てんけん)をしよう。   

 自分中心の親には、子どもは負担(ふたん)でしかない。同じく、自分中心のクリスチャンには、伝道は負担でしかなくなってしまう。収穫を待っている魂は目に入らず、収穫時期を逃(のが)してしまう。ご自身の生命(いのち)を全人類の贖(あがな)いの代価(だいか)としてささげるためにおいでになったイエス様を見上げ、永遠の滅(ほろ)びに向かっている魂のために祈ろう。    

   

  ◎ 暗誦聖句  ロマ書一三章一節前半
〝凡(すべ)ての人、上にある權威(けんい)に服(したが)ふべし。〟

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する