FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

◆ 教会創立四九周年にあたって

    ▽キリストは〝教会を愛し、
     教会のためにご自身を
     ささげられた〟
     (エペソ五・二五)

         


  〝…あなたはペテロです。わたしはこの岩の上にわたし の教会を建てます。…〟      

マタイ伝一六章一八節 首記の聖句が意味することが何なのか、何世紀にもわたって議論(ぎろん)された。ローマ・カトリック教会は、「『この岩』とはペテロである。イエス様は、ペテロを土台としてご自身の教会(カトリック教会)をお建てになると言われたのだ」と説明する。    

しかし、「ペテロ」はペトロスというギリシャ語で、一つの岩を意味し、「この岩」はペトラであり、家を建てることが出来るような大きな床岩(とこいわ)を意味する。故に、「この岩=ペテロ」とするローマ・カトリック教会の説明は正しくない。さらに、「 あなたがたは使徒と預言者という土台の上に建てられており、キリスト・イエスご自身がその礎石です。」(エペソ二・二〇)というみ言葉から、ペテロだけが、特別な権威(けんい)を持っていたのではないことがわかる。では、「この岩の上に」とは、どのような意味であろうか。    

 ステュワート・カスター博士は、「『この岩』を、キリストご自身のことと説明する人がいるが、この聖句は、イエス・キリストが教会をお建てになることを教えている。使徒たちの教え、伝道という土台の上に教会は建てられていく、というのがより良い説明であろう」とマタイ伝注解書(ちゅうかいしょ)に記している。ペテロは、イエス・キリストの福音を曲げることなく人々に語った【ペンテコステの日(使徒二・一四以降)、コルネリオの家族に(使徒一〇・三四以降)】。パウロは、〝あなたがたは使徒と預言者という土台の上に建てられており、キリスト・イエスご自身がその礎石(そせき)〟であると教えた。使徒たちの教えと伝道は、十字架につけられたキリスト(Ⅰコリント一・二三)についてであった。    

 首記の聖句から二つのことを学ぶ。①教会建設は、人間の業(わざ)ではなく、イエス様のみ業(わざ)である。②「この岩の上に」が「使徒たちの教えと伝道の上に」の意味であるならば、教会は託(たく)されたイエス・キリストの福音を曲げることなく、語り続けなければならない。    

 習志野バプテスト教会の最初の礼拝は、一九六二年一月七日にもたれ、最初の週報は翌週の一月一四日に発刊された。習志野の地に、イエス・キリストの福音の種がまかれはじめた。イエス様を信じて救われる人が教会に加えられ、一九六三年一一月三日、八人の教会構成員をもって、「習志野バプテスト教会」が正式に組織された。ご自身の尊い血をもって贖(あがな)われた、イエス様の教会である。この四九年間、イエス様は、習志野バプテスト教会をお支え下さり、豊かに祝福してくださった。主イエス・キリストの御名を高らかに誉(ほ)め讃(たた)えよう。そして、これからもイエス様に忠実に従っていく決心をしよう。    

   

  ◎ 暗誦聖句 マタイ伝七章七節
〝求(もと)めよ、さらば與(あた)へられん。〝

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する