FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

◆ 主の燃える怒り

   ▽「…確かに、今は恵みの時、
     今は救いの日です。」
        (Ⅱコリント六・二)
         


  〝今、私の願いは、イスラエルの神、主と契約(けいやく)を結(むす)ぶことです。そうすれば、主の燃える怒(いか)りが私たちから離(はな)れるでしょう。〟
   Ⅱ歴代誌二九章一〇節    

 愛の神が激(はげ)しく怒られるのか、と驚(おどろ)いたかもしれないが、新約聖書も神の怒りについて教えている。    

〝…不義(ふぎ)をもって真理をはばんでいる人々のあらゆる不敬虔(ふけいけん)と不正に対して、神の怒りが天から啓示(けいじ)されている…〟(ロマ書 一・一八)。    

 神を拒絶(きょぜつ)し、人間が作った偶像を拝み、欲望のままに生き、罪を悔い改めなかった者が裁かれる日は、御怒(みいか)りの日と呼ばれている(ロマ書 二・五)。    

 首記の聖句にある「主の燃える怒り」の原因も、神への不信(ふしん)と背信(はいしん)の罪であった(Ⅱ歴代二九・六)。主の御怒りのために〝…私たちの父たちは剣に倒れ、そのため、私たちの息子たち、娘たち、妻たちは、とりこに〟なった(八、九節)とヒゼキヤは知っていた。故に、「罪を悔い改め、偶像を捨て、神の御前に立ち返り、心を尽(つ)くして主に依り頼む約束をしよう。約束を破れば殺されてもよい覚悟をもって神と契約を結ぼう」と民に訴(うった)えた。    

 パウロも次のように言っている。    

〝 …神は、キリストにあって、この世をご自分と和解(わかい)させ、違反行為の責めを人々に負わせないで、和解のことばを私たちにゆだねられたのです。こういうわけで、私たちはキリストの使節(しせつ)なのです。ちょうど神が私たちを通して懇願(こんがん)しておられるようです。私たちは、キリストに代わって、あなたがたに願います。神の和解を受け入れなさい。神は、罪を知らない方を、私たちの代わりに罪とされました。それは、私たちが、この方にあって、神の義となるためです〟
      (Ⅱコリント五・一九~二一)。    

 神様は、燃える怒りをもって罪人を裁(さば)きたいのではない。神様は、罪人が救われるために、愛する御子イエス様をお与えくださった。神様の、罪人(すべての人)に対する愛と和解の方法は、はっきりと示された。    

〝私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちの ために死んでくださったことにより、神は私たちに対 するご自身の愛を明らかにしておられます。ですから、 今すでにキリストの血によって義と認められた私たち が、彼によって神の怒りから救われるのは、なおさら のことです。もし敵であった私たちが、御子の死によ って神と和解させられたのなら、和解させられた私た ちが、彼のいのちによって救いにあずかるのは、なお さらのことです。〟
     ロマ書 五章八~一〇節    

 「私のもとに帰ってきなさい。親しい交わりを回復(かいふく)しよう」と、神様はあなたに懇願なさっている。あなたは、まだ神様を拒絶し、罪深い生活を続けるのだろうか。神様との交わりを回復した人は、何と幸(さいわ)いであろう。    

   

  ◎ 暗誦聖句  ルカ一一章四節
〝我(われ)らを嘗試(こころみ)にあはせ給(たも)ふな 〟

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する