FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

◆ 信仰の実践

   ▽「信仰は望んでいる事がらを
     保証し、目に見えないものを
     確信させるものです。」
    (ヘブル一一・一)

         


   家庭、職場、学校、地域のなかで生きていれば、何かしらの問題にぶつかる。そんな時、「自分が直面している問題について、聖書はどのように教えているのか」という思いで聖書を学んでみよう。聖書の読み方が変わってくるだろう。自らの意志で読むのだから、楽しくなる。しかも、神様があなたに必要なみ言葉をお与えくださり、これまで気がつかなかった真理を知る喜びも与えられる。神様が生きておられること、あなたを愛してくださっていることもわかり、もっと聖書を読みたくなる。神様との関係は強められ、神様への信頼は強められていく。    

 ①あなたの心にある重荷(おもに)、②あなたから喜びをうばっていること、③あなたが直面している問題を紙に書いてみよう。聖書がそれらについて何と教えているのかを調べてみよう(参照・Ⅱペテロ一・三、コロサイ二・三、マタイ七・七)。どこを読めばよいのか検討がつくなら、紙と筆記用具をもって聖書を読もう。関連する聖句が見つかれば、引照(いんしょう)聖句を追っていこう。聖句を紙に写(うつ)し、暗(あん)誦(しょう)しよう。一つの聖句でよいから、だいたいの意味ではなく、正確におぼえよう。    

 次に、そのみ言葉に従えるように、または神様にその問題を一〇〇%委(ゆだ)ねられるように祈ろう。覚(おぼ)えた聖句を黙想(もくそう)しよう。そのテーマに関する聖句がどこにあるのか分からなければ、牧師に尋(たず)ねよう。目的を持って聖書を読んでみよう。ただし、自分の考えに聖書をあわせるのではなく、神様のみ言葉に自分が従うことを心に刻(きざ)もう。    

 夫婦の関係から、信仰の実践(じっせん)について考(かんが)えてみよう。永遠(えいえん)の愛(あい)を誓(ちか)って結婚(けっこん)をしても、互(たが)いに愛し合い、赦(ゆる)し合うことは難(むずか)しい。〝おのおの自分の妻(つま)を自分と同(どう)様(よう)に愛しなさい。妻もまた自分の夫を敬(うやま)いなさい〟(エペソ五・三三)というみ言葉を暗誦し、従(したが)えるように神様に助(たす)けを求(もと)めよう。    

 長く一緒(いっしょ)に生活(せいかつ)をしていると相手(あいて)のだらしのないところ、醜(みにく)いところが目につく。しかし、あなたに良(よ)いところがあるように、相手にも良いところがある。それを見つけよう。伴侶(はんりょ)の内に神様がおつくりくださったすばらしい部分を知らずに生涯を終(お)えることは残念(ざんねん)であり、悔(く)いを残(のこ)すであろう。    

 Ⅰコリント一三・四~八を暗誦しよう。愛する人との地上の別れは必ずやって来る。後悔(こうかい)しない人生をおくるために、一歩を踏(ふ)みだそう。「でも、夫婦愛の修復(しゅうふく)は難(むずか)しい」が心の声であろう。だからこそ神様の助けが必要であり、信仰を働かせる最大の場である。多くの夫妻が問題を抱(かか)えているのだから、大きな証(あかし)となるだろう。    

   

  ◎ 暗誦聖句  テサロニケ前書五章一七節
〝絶(た)えず祈(いの)れ〟

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する