FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

◆ 勝利の秘訣

         ▽♪主の御手に頼る日は
          いかに喜ばしき…
          『聖歌』五二一番
          (旧五〇三)を
           口ずさもう
         


   ヒゼキヤ王の生涯から、私たちに適用すべきことを学んでいきたい。今回は、ヒゼキヤ王の勝利の秘訣(ひけつ)である。    

〝1 イスラエルの王エラの子ホセアの第三年に、ユダの王アハズの子ヒゼキヤが王となった。
2 彼は二十五歳で王となり、エルサレムで二十九年間、王であった。彼の母の名はアビといい、ゼカリヤの娘であった。
3 彼はすべて父祖ダビデが行なったとおりに、主の目にかなうことを行なった。
4 彼は高き所を取り除き、石の柱を打ちこわし、アシェラ像を切り倒し、モーセの作った青銅の蛇(へび)を打ち砕いた。そのころまでイスラエル人は、これに香をたいていたからである。これはネフシュタンと呼ばれていた。
5 彼はイスラエルの神、主に信頼していた。彼のあとにも彼の先にも、ユダの王たちの中で、彼ほどの者はだれもいなかった。
6 彼は主に堅(かた)くすがって離れることなく、主がモーセに命じられた命令を守った。
7 主は彼とともにおられた。彼はどこへ出陣しても勝利を収(おさ)めた。彼はアッシリヤの王に反逆し、彼に仕えなかった。
8 彼はペリシテ人を打ってガザにまで至り、見張りのやぐらから城壁のある町に至るその領土を打ち破った。 〟
列王Ⅱ一八章一~八節    

 ヒゼキヤ王は神様のみ言葉をよく学んだ。ヒゼキヤ王は、神様のご命令を守り(六節)、さらに、神様がお喜びになることを積極的に行った(三節)。    

 ヒゼキヤは、南王国ユダの王としての重責を果(は)たすために神様により頼んだ(五節)。困難に直面しても、彼は神様に信頼し続け、神様から離れなかった(六節)。彼はアッシリヤの王に仕(つか)えることがなかった(七節)。    

 神様は、ヒゼキヤ王と共におられ、彼がどこへ出陣しても、勝利をおさめさせてくださった(七節)。とても単純であるが、これが、ヒゼキヤ王の勝利の秘訣である。    

 家庭、地域、職場、教会において、重い責任を負うあなたにとって、大きな励ましであり、チャレンジであろう。神様により頼む人は、神様からの励ましを毎日必要とし、神様との交わりを求める人である。困難に直面する時、誰かにあたったり、神様に呟(つぶや)いてしまうことがある。不信仰を赦(ゆる)していだき、神様に信頼をしよう。あなたが「困難」と呼ぶことを通して、神様はご自身の大きなお力をお示しくださるだろう。神様のみ言葉を熱心(ねっしん)に求めよう。聖書を読み、祈る時間を毎日もとう。    

〝世に勝つ者とはだれでしょう。イエスを神の御子と信じる者ではありませんか。〟(Ⅰヨハネ五・五)    

 

  ◎ 暗誦聖句 マルコ一〇章四五節
〝人(ひと)の子(こ)の來(きた)れるも、事(つか)へらるる爲(ため)にあらず、反(かえ)って事(つか)ふることをなし、又(また)おほくの人(ひと)の贖償(あがない)として己(おの)が生命(いのち)を與(あた)へん爲(ため)なり』〟

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する