FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

◆ 愛を追い求めよう

   ▽「愛は決して
     絶えることが
     ありません。」
         (Ⅰコリント一三・八前半)
          
           


  先週、船橋聖書バプテスト教会の開拓四五周年記念集会がもたれ、私たちも午後の賛美集会に合流しました。船橋教会から記念誌をいただきました。出席出来なかったかたは是非ご覧ください。流山伝道所のために更に祈りを積み、習志野バプテスト教会のために祈りを積んでいきましょう。来年一一月には、NBCの教会創立五〇周年を迎えます。

   神様は、BJU日本宣教チームを通して豊かな祝福をお与えくださいました。主イエス様の御名を崇めます。BJUチームの集会を通して来会なさった方々のために、続けて祈りましょう。皆さまの主にある交わりと愛によって、BJUチームの一人一人もNBCでの時間を、主イエス様に感謝していました。彼らのこれからの人生にとっても大きな意味をもつ滞在だったようです。一一月三〇日~一二月二日までジリスピー一家(一一人家族による音楽隊)をお迎えする予定です。その時も応援をお願いいたします。

   神様は、ジェレミー・パターソン先生を通して、私たちに必要なメッセージ(ルカ伝一〇章二五~三七節)をお語りくださいました。お休みだった方は五月一三日の礼拝と午後の集会の録音をお聞きください。私の心に強く残っている一つは、「人々はクリスチャンをみて、キリスト教とはこういうものかと理解する。この世の人々は、私たちの生活から何を見ているだろう。そして本当は、何を見るべきだろう。」ということです。良きサマリヤ人に見る愛を私たちも追い求めていきましょう。

   四月一五日号から、コリント前書一三章の愛について学んでいます。四~八節を暗記したくて、それから毎日、英語と日本語で四~八節を読んだり、書いたりしていますが、なかなか覚えられません。実践するのはもっと難しいです。だからこそ、パウロは、一三章の教えを終え、再び、霊の賜物について話をはじめる前に「 愛を追い求めなさい。」(Ⅰコリント一四・一)と 繰り返して、命じているのでしょう。少しずつであっても、キリストの愛を実践できるように祈り求めていきましょう。コリント前書一三章の四~八節をぜひ暗誦しましょう。

  〝4 愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。 5 礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、 6 不正を喜ばずに真理を喜びます。7 すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。8 愛は決して絶えることがありません。〟

 

  ◎ 暗誦聖句 詩篇五一篇一〇節
〝ああ神(かみ)よわがために清(きよき)心(こころ)をつくり わが衷(うち)になほき霊(みたま)をあらたにおこしたまへ〟

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する