FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

◆ 積極的な愛

   ▽「私たちは、
     真理に逆らっては
     何をすることもできず、
     真理のためなら、
     何でもできるのです。」
     Ⅱコリント一三・八
          
           


  (先週からの続き)最後に、愛は相手がその愛に応じてくれない時にも相手を思いやる。愛は「怒らない」。すでに見てきたように、愛は厚い上皮をもち耐久性にすぐれている。愛はみかえりを要求しない。怒りを爆発させるまでの導火線を決して短くしないし、かっとなって自制心を失うことがない。

  誰かが失敗をしても、愛は「人のした悪を思わない」のだ。愛は罪を犯す者、失敗をする者を「価値なし」と言ってすぐに切り捨てようとはしない。愛のある、思いやり深いクリスチャンは人間の弱さを理解し、相手が受けるにふさわしくないとしてもなお、その人にとってもっとも必要なあたたかな言葉をかけ、行動をとっていく。愛は執拗に相手のあら捜しをせず、また疑念をいだかないのだ。

  〝不正を喜ばずに真理を喜びます。すべてをがまんし、 すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。〟
    コリント前書一三章六、七節

  積極性がもつ大切なことの一つは、正しいことを喜ぶことである。パウロは、愛は「不正を喜ばずに真理を喜びます。」と書いた。悲劇、不正行為、虚偽、あからさまな悪意を喜ぶことは神様に対する罪である。真理を喜ぶとは、正しさ、誠実さ、真に霊的なことそして特に神様のみ言葉を喜ぶという意味である。

   クリスチャンから積極性と信仰に満たされた人生観を奪おうとするものがこの世にはたくさんあるし、人生はそうした出来事で満ちている。故にパウロは先手をうって、愛は「すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。」(七節)と記した。仲間であるクリスチャンとまだ救われていない人々があなたに対していやがらせや腹立たしいことをしてくる時があるだろう。愛をもってがまんし、相手の悪意を愛でおおうということは平安で霊的な人生を維持するために不可欠なことである。

  ペテロは「愛は多くの罪をおおう」(Ⅰペテロ四・八)と書いている。ソロモンも「人に思慮があれば、怒りをおそくする。その人の栄光は、そむきをゆるすことである。」(箴言一九・一一)と書いている。積極的な生き方をする人は相手(人々)を肯定的にみている。相手がたとえ好意的でなくても協力的でなくてもである。愛の故に、あなたはすべてを信じるのである。もちろん、聞いたことを全て、すなわち愚かなことやいつわりも含めて全てを信じろ、という意味ではない。

  ※先週号から、スティーヴン・ハンキンズ博士の解説(Biblical Viewpoint 掲載)を翻訳したものです。(続く)

 

  ◎ 暗誦聖句 コリント前書一三章四節
〝愛(あい)は寛容(かんよう)にして慈悲(じひ)あり。〟

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する