FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ギレスピー・ファミリーをお迎えして

▽「…全家族そろって神を信じたことを心から喜んだ。」(使徒行伝一六・三四)

   ギレスピー一家のコンサートに出席して大変恵まれました。音楽のすばらしさだけでなく、キリストを中心に家族が一つになっていることがその理由でしょう。以下は二年前に「喜びの泉」に掲載されたものです。    

Q.ご家族で音楽活動をしようと思われたきっかけは?    

【ランデル氏】いろいろ理由はありますが一番の理由は家族みんなで一致して出来るのは音楽ではないかと思いました。音楽なら、特に歌だったら車の中でも、家にいる時でも寝る前のちょっとの時間でもできるのではと思ったのです。    

【シェリーさん】私は子どもの頃、かなり長くピアノを習っていましたが、高校生の時にチアリーディングにも興味を持つようになりました。チアリーディングは練習が多くて、だんだんピアノの練習はしなくなりました。母は「ピアノなら一生弾くことができるけど、チアリーディングは限られた時期しかできないのではないですか。」と言いましたが、私は嫌だったのです。チアリーディングのほうが楽しかったのです。でも、今になってみると私はピアノも弾けないし、チアリーディングもできません。だから子どもたちには、私と同じ思いをさせたくないのです。音楽は一生楽しめるし、音楽を通して神様に用いられると思いました。    

Q.ランデルさんは銀行にお勤めで、お忙しいと思うのですが、どのようにして子供たちと交わる時をつくっていらっしゃるのですか。    

【ランデル氏】もちろん忙しいです。日本の男性と同じです。でも、長男が2歳の時に気持ちが変わりました。これまであまりにも忙しすぎて、優先すべきものを見失っていたと思いました。長男のカレブが2歳の時、糖尿病(一型)と診断されたのです。忙しく働いている間に、子どもを失うのではないかと、恐れました。それで、私は、仕事ばかりでなく、子どもの霊的なことも考えなければと思いました。私が神様を信じたのは子どもの頃でした。神様を第一にしようと思っていたのに、ちょっと脱線して仕事が大事になっていました。でも、子どもの病気を通して、もう一度優先すべきものを考えることができました。    

【シェリーさん】主人が子どもと交わる方法の一つですが、子どもの誕生日に、お父さんはその子だけを連れて外で食事をします。また、数年前に【お父さんの夜】という日を作りました。それはたいてい月曜日で、お父さんは子どもたちみんなを連れてボーリングや外食など、楽しく過ごします。すると、私は家で一人くつろぎ、好きな縫物などをすることができるのです。    

   

  ◎ 週報は、今号が今年の最後です。一年間の神様のお恵みを数えながら、週報を読み返してみましょう。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する