FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

◆ 神をおそれよ(8)

   ▽主はすべてのものを
    ご自分の目的のために造られた
           (箴言一六・四)


  ああ、あなたがたは、物をさかさに考えている。陶器師を粘土と同じにみなしてよかろうか。造られた者が、それを造った者に、「彼は私を造らなかった。」と言い、陶器が陶器師に、「彼はわからずやだ。」と言えようか。〟
     イザヤ書二九章一六節

   首記の聖句は、預言者イザヤの時代にイスラエルの民が主を恐れなかった三つめの理由を説明している。イスラエルの民は、神様が創造主であられ、支配者であられることを否定した。それ故に、彼らは主を恐れることがなかった。民は、神様が彼らの人生のマスター(主人)でいらっしゃることを望まなかった。自分の思うままに生きたいと願った。私たちはどうだろうか。創造主なる神様の私たちに対するご計画を意識しているだろうか。

  神様は、陶器師と陶器の例をお用いになった。被造物が創造主に「あなたは私の創造主ではない。故に、あなたは私の主人ではない。私の人生に口出しをしないでほしい。」ということを、「あなたがたは、物をさかさに考えている」と神様はおっしゃった。人間のそうした言葉は、創造主に対する愛と感謝の気持ちの欠如をも表している。子どもが「私は、自分で願ってこの家の子どもになったのではない」と言ったらどうであろう。自分の時間、生命を惜しむことなく愛してきた子にそのように言われたら、言葉にできないほどの大きな悲しみとなるだろう。イエス・キリストを信じ、救われるまで私たちも神様に同じことを言ってきたのだ。「あなたは私の創造主でも、神でもない。私は救いなど必要ない」と。

  イザヤ書二九章一三~一六節を学んで分かることは、もし私たちが主を正しく恐れているならば、

  【①主を愛し、主に私たちの持てる最高のもの、すなわち私たちの心をささげたいと願う。
 ②神様は大いなるお方でいらっしゃり、すばらしいことをしてくださることを信じる故に、神様に近づくことを願い求め、神様の知恵と助けをもとめる。言い換えると、神様と神様のお力を信じる。
 ③主と私たちの関係を正しく理解し、創造主のお導きを喜び、それに従う。】

  ということだ。私たちは主を恐れているだろうか。そのように願っているだろうか。

  『国語辞典』(旺文社)の説明を見てみよう。

  【恐れる・△畏れる】
 ①危険などを感じて恐ろしく思う。こわがる。
 ②悪い結果になるのではないかと心配する。気づかう。
 ③敬いの心を生じてかしこまる。恐縮する。

   私たちが学んでいる「主を恐れる(文語体では畏れる)」とは、③の意味(畏敬)である。   (続く)

 

  ◎ 暗誦聖句 詩篇五〇篇一四節前半 
〝感謝(かんしゃ)のそなへものを神(かみ)にささげよ(なんぢのちかひを至上(いとたかき)者(もの)につくのへ)〟

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する