FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

◆ 神をおそれよ(4)

   ▽「主はご自身を恐れる者と
     親しくされる」
        (詩篇二五・一四)


  〝あなたがホレブで、あなたの神、主の前に立った日に、主は私に仰せられた。「民をわたしのもとに集めよ。わたしは彼らにわたしのことばを聞かせよう。それによって彼らが地上に生きている日の間、わたしを恐れることを学び、また彼らがその子どもたちに教えることができるように。」〟
     申命記 四章一〇節

  申命記は約束の地に入る直前のイスラエルの人々に対して、モーセがモアブの荒野で語った最後の言葉である(申命記二・八)。

  「民をわたしのもとに集めよ。」と主はモーセに命じられた。教会は主イエス様のものである。この教会の全ての集いは、主イエス様がご自分のみ言葉をご自身の民に聞かせるためにお開きになっていることを覚えよう。 神様のご命令に従うと同時に、神様のお言葉を伺えることがどれほど大きな恵みであるかも覚えよう。

  「主のことばを聞くことのききん」(アモス八・一一)が私たちを襲えば、神様の憐れみと恵み、赦しと祝福は与えられない。私たちクリスチャンもイエス様によって救われるまで、そのような暗やみの中で生活していた。自由に見えていて実は不自由な、罪の力に支配された生活に戻りたい人はいないだろう。日曜学校、礼拝、午後の集会、聖書研究会、婦人集会の全てに出席して、み言葉を学んだとしても、霊的に激しい戦いを強いられるこの世で生活して行くには十分ではない。神様の御前にでて、み言葉を毎日いただこう。

   神様のご命令は、「地上に生きている日の間、わたしを恐れることを学び、子どもたちにそのことを教えよ」である。申命記四章一〇節は、神様を恐れる者となりたいならば、「神様のみ言葉を学べ」と教えている。神様は私たちに『聖書』をお与えくださり、いつでも神様のお言葉を伺う事ができるようにしてくださった。み言葉を学ぼう(読むだけではなく、理解し、実践しよう)。そして、私たちは忘れやすい者だから、学んだみ言葉の真理を、神様のお恵みを記録して、復習しよう。

  当教会の夜間神学校は三年目に入った。神学生のための授業であるが、実は、教える私自身の学びの時となっている。教えることは、一番よい学びの機会である。次の世代に「主を恐れること」を教えるためには自ら学んでいなければならない。この学びに卒業はない。「地上に生きている日の間」学ぶべき重要な課題である、と主はおっしゃる。私もあなたも、主の御前に出る時がくる。主を恐れる者とされることを強く願おう。(続く)

 

  ◎ 暗誦聖句 詩篇五一篇九節 
〝ねがはくは聖(み)顔(かお)をわがすべての罪(つみ)よりそむけ
 わがすべての不義(ふぎ)をけしたまへ〟

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する