FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

神をおそれよ(12)

▽「主を恐れる者と御恵みを待ち望む者とを主は好まれる。」 (詩篇一四七・
一一)

三ヶ月に渡って、主(しゅ)を恐(おそ)れることを共に学んできた。各自で聖書を
読む時に、「主を恐れる」という言葉がこれまで以上に目に飛び込んでくるよう
になったことと思う。〝…「民(たみ)をわたしのもとに集めよ。わたしは彼らに
わたしのことばを聞かせよう。それによって彼らが地上に生きている日の間、わ
たしを恐れることを学び、また彼らがその子どもたちに教えることができるよう
に。」〟(申命記四・一〇)から、私たちは召(め)される時まで主を恐れること
を学び続け、次の世代にそのことを教えていかなければならない、と教えられる。
「主を恐れる者と変えられたい」という強い願いを持って学び続けるならば、神
様から豊かな恵みをいただくことは間違いがない。「主を恐れる」という言葉が
ない箇所を読んでいても、主を恐れる人の徳性(とくせい)に気がつくようになっ
ていく。これまでの学びを読み返し、復習をしよう。箴言(しんげん)の聖句から
なるアウトラインは二週に渡った。それぞれの項目を理解し、全体の関連を理解
するまでには、神様の恵みと私たちの努力が必要である。少なくとも今年一年間、
神様を恐れる者と変えられるように祈り続けよう。今回のシリーズで触(ふ)れな
かった聖句を以下に記す。心にとどめよう。
◇神様へのご奉仕、礼拝、讃美にあずかる者は、主を 恐れる心を慕(した)い求
めなければならない。
「恐れつつ主に仕えよ。」(詩篇二・一一)
「…私は、豊かな恵みによって、あなたの家に行き、
あなたを恐れつつ、あなたの聖(せい)なる宮に向かってひれ伏します。」(詩
篇五・七)
「主を恐れる人々よ。主を賛美せよ。」(詩篇二二 ・二三)
◇神様を恐れる者には豊かな祝福が約束されている。
 「見よ。主の目は主を恐れる者に注がれる。その恵 みを待ち望む者に。」
(詩篇三三・一八)
 「主の使いは主を恐れる者の回りに陣(じん)を張り、彼ら を助け出される。」
(詩篇三四・七)
 「主を恐れよ。その聖徒たちよ。彼を恐れる者には 乏しいことはないから
だ。」(詩篇三四・九)
 「天が地上はるかに高いように、御(み)恵みは、主を恐 れる者の上に大き
い。」(詩篇一一三・一一)
◇心にとめ、暗誦し、黙想し、実践したい聖句。
 「主よ。あなたの道を私に教えてください。私は あなたの真理のうちを歩み
ます。私の心を一つに してください。御名を恐れるように。」
     (詩篇 八六・一一)  □

◎ 暗誦聖句 エペソ書三章一九節
〝凡(すべ)て神(かみ)に滿(み)てる者(もの)を汝(なんじ)らに滿(みた)しめ給(た
ま)はん事(こと)を。 〟

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する