FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

「選択(三)」

▽「あなたのみことばによって、私の歩みを確かにし、どんな罪 にも私を支配させないでください」
(詩篇一一九・一三三)

ベネス・ジョウンズ夫人が、NBC創立五〇周年記念集会で婦人にお話くださったメッセージの続きです。
ルツ記一・六~一五をまずお読みください。
ナオミは自分の生まれたところに帰ろうとしています。オルパはスタート時点では良かったのです。ナオミについて行こうとしました。今読んだ御言葉を思い出してください。最初は三人一緒に出かけ、旅を続けました。そしてナオミは、ルツとオルパに「お帰りなさい、私は一人でベツレヘムに行きます」と言ったのです。それを聞いたルツとオルパは泣きます。オルパもルツも泣きながら「いいえ、一緒に行きます」と言います。ナオミは「自分たちの民のところに帰った方がいい」と勧めます。難しい「選択」をせまられ、ルツとオルパは更に泣いてしまいます。
この御言葉から何を学ぶことができるでしょうか?簡単な選択ではありません。私は長い間「まぁ、オルパは何て女性なんだ! もう簡単に帰ってしまうなんて!」と考えていました。でもよく読んでみると、あまり厳しい事は言えなくなってきました。この選択に伴う困難を考えなければいけないと思いました。
少し想像してみましょう。ルツとオルパは並んで立ち、ナオミと話をしています。ルツは絶対にナオミと一緒に行く、と私達はもう知っています。でも、最初は多分、オルパも同じ決心だったと思います。一緒に出かけたのですから。姑さんに対しての愛情は両方同じ位だったでしょう。偽りの気持ちなどは一切書いていません。本物の愛情しかありません。オルパは泣き、ナオミに抱きついています。それはルツと同じです。「決断・決心」をしなければならない時が来ます。人生がガラッと変わるような決心です。一つの選択が大きな変化をもたらすことがあるのです。
ルツはナオミと一緒に前に進んでいきます。ストーリーの最後は、もう分かっているでしょう。それからのルツの人生は素晴らしいものになりました。
でも、オルパの場合は違います。どのような理由であったか分かりませんが、オルパはルツとは全く違う選択をしてしまいました。どうしてでしょうか? オルパも私たちと同じ「人」です。そして、「女性」です。モンスターではありません。変わった人ではありません。「まぁ、じゃあ、オルパのことはもう忘れましょう!」とは言えないのです。オルパについて考えながら、私の心は重くなってきました。(続く)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する