FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

主イエス・キリストの教会(4)

▽「 神の家とは生ける神の教会のことであり、その教会は、 真理の柱また土台
です。 」 (Ⅰテモテ三・一五)

 教会創立記念月間として、教会はイエス様のものであること、そして、教会が
アサ、マナセ各王の生涯から学ぶことを見てきました。今日は、ヨシャパテ王の
生涯から学びます。

 ヨシャパテは国を治めるために力を尽くし、町々に兵をおき、国を安定させま
した。ヨシャパテは、ダビデ王が歩んだように歩み、バアルなど偶像を拝まず、
神様に助けを求めました。神様はヨシャパテと共におられ、ユダ王国を堅固にし
てくださったのです。ユダの人々はヨシャパテを尊敬し、愛しました。経済的な
祝福にあずかり、ヨシャパテはさらに神様のために、力を尽くしてお仕えし、高
い所とアシェラ像を一掃し、指導者、レビ人、祭司を町々におくり、神様の御言
葉を民に聞かせました。ユダ王国周辺の国々は、ヨシャパテが愛し、仕えている
神様を恐れて、攻めてこなかったのです(Ⅱ歴代一七章)。

 習志野バプテスト教会も、神様に忠実に仕え、神様の御言葉を全ての造られた
人達に正しく伝える教会でありたいです。伝える対象は全世界であること、伝え
るべきは福音であることをいつも覚えていましょう。

 ヨシャパテ王の生涯から、信者として、教会として学ぶべき良い所が沢山ある
のですが、反面教師として教会が学ぶべきことがあります。これほど素晴らしい
王であったヨシャパテが、実は南王国ユダの腐敗と堕落について最も重い責任が
問われるのです。

 北王国の腐敗と堕落について最も重い責任が問われるのは、最初の王、ヤロブ
アムです。これは分かりやすいです。ヤロブアムは金の小牛(偶像)をつくり、
祭司でない人を祭司に任命し、勝手につくった祭儀を執り行わせたのです。北王
国はヤロブアムがつくった偶像と異教から抜け出ることはありませんでした。

 一方、ヨシャパテの生涯は大変すばらしいものでした。なぜ、彼が南王国の腐
敗と堕落の責任を問われるのでしょうか。私たち信者がこのレッスンを学ぶよう
に、そして、同じ失敗をしないように、神様は聖書にこのことを記していらっし
ゃいます。

 ヨシャパテ王の失敗を学ぶ前に、その影響力の大きさを確認しましょう。ヤロ
ブアムの偶像礼拝で始まった北王国の霊的堕落は、アハブとイゼベルのバアル崇
拝で最高潮を迎えます。ヤロブアムが偶像礼拝を導入してから六〇年後のことで
した。アハブが北王国を支配していた頃、南王国はヨシャパテの統治下にあり、
神様の祝福によって繁栄していました。ところが、敬虔なヨシャパテの死後一二
年目には、異教と偶像礼拝によって北王国と並ぶほど南王国は堕落してしまいま
す。自らは偶像から遠ざかり、民にも警告して、熱心に取り除いたはずの偶像礼
拝が、自分の死後一二年目には、南王国に蔓延してしまったのです。(続く)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。