FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

的(まと)をはずす(英語バイブルタイム翻訳)

▽「 不法を赦され、罪をおおわれた人たちは、   幸いである。」 (ローマ四・七)

「すべての人(ひと)は、罪(つみ)を犯(おか)したので、神(かみ)からの栄(えい)誉(よ)を受(う)けることができず、」 ローマ三章二三節
 的をねらってあてることは得意(とくい)ですか。的を使うゲームが好きですか。

米国では小さな子供達(たち)が、「ロバの尻尾(しっぽ)」ゲームを誕生会でよくします。 尻尾のないロバの大きな絵を用意します。子供達は一列に並びます。手には紙で出来たロバの尻尾をそれぞれ持っています。順番になると、目隠(めかく)しをされ、三回まわります。そして、真(ま)っ直(す)ぐに歩いていき、正しいと思う所に尻尾を置きます。多くの場合、おもしろい結果になります。ある時は、鼻や耳に尻尾がつきます。ある子は正しいところに尻尾をつけますが、めったにいません。

 父は地下室にダーツの的を置いていました。私は地下室に降りて、矢(や)を投げたものです。正(しょう)直(じき)、私は上(じょう)手(ず)ではありませんでした。あちらこちらに穴(あな)をあけてしまいました。中心に命中(めいちゅう)することはほとんどなかったのです。でもそれは私だけではありませんでした。ダーツが得意な父も的を外(はず)して多くの穴を作りました。

東京ディズニーランドに行くと、私は射的場(しゃてきじょう)に必(かなら)ず行きます。動く標的(ひょうてき)、文具の標的、多くの的があります。一ゲームは一五発です。私のベスト・スコアは、一三発命中です。全部命中した事はまだありません。

 私はティンネイジャーの頃、ある夏にキャンプに行きました。そこでアーチェリーをやり、とても楽しい経験(けいけん)をしました。的にはほとんど当たらず、とんでもないところに飛んでいった矢を探(さが)すのが大変(たいへん)でした。

 なぜ私が的や的あてについてばかり話しているのか不思議(ふしぎ)に思っていることでしょう。「罪」という言葉は、「的をはずす」、「中心をはずす」という意味であることをご存知(ぞんじ)でしたか。聖書はローマ三・二三に、「すべての人は罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができ(ない)」と記しています。神様の「的」は絶対的(ぜったいてき)な完全(かんぜん)さです。どんなに一生(いっしょう)懸命(けんめい)に努力(どりょく)し、練習しても、私達は神様の的を射ることはできません。私達はいつも的を外すのです。ある人は、他の人よりも中心に近いところを射(い)るでしょう。しかし、的の中心を射ることは絶対にありません。

 イエス・キリストは、地上で唯一(ゆいいつ)罪を犯さなかった、罪の無いお方です。イエス様は完全なお方で、十字架(じゅうじか)上で私達の罪のために、身(み)代(が)わりとなって死ぬ資格を持った唯一のお方です。私達は神様の完全な的を射ることができませんが、イエス様はおできになりました。私達は罪の罰(ばつ)からの救いのためにイエス様を信頼(しんらい)できます。罪の誘惑(ゆうわく)に勝利するためにイエス様を信頼できます。この地上の命を終(お)える時、私達を天国に連(つ)れていってくださるお方として信頼できるのです。あなたは、イエス・キリストをあなたの救(すく)い主(ぬし)として信じ、受け入れましたか。
           (お話=カクラン宣教師)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。