FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

頼りにならない土台(英語BT翻訳)

 「また、わたしのこれらのことばを聞(き)いてそれを行(おこ)なわない者(もの)はみな、砂(すな)の上(うえ)に自(じ)分(ぶん)の家(いえ)を建(た)てた愚(おろ)かな人(ひと)に比(くら)べることができます。雨(あめ)が降(ふ)って、洪(こう)水(ずい)が押(お)し寄(よ)せ、風(かぜ)が吹(ふ)いてその家(いえ)に打(う)ちつけると、倒(たお)れてしまいました。しかもそれはひどい倒(たお)れ方(かた)でした。」マタイ七章二六~二七節

子供の頃、私の家族は毎年二週間程別(べつ)荘(そう)に行きました。別荘は大西洋の海の近くにありました。六月後半の二週間をそこで過(す)ごし、七月と八月は他の人に貸していました。私達はその別荘が好きでした。二ブロック先に、大きな別荘があり、私たちの憧(あこが)れでした。その別荘はビーチのすぐ横にありました。夜、浜辺を散歩すると家の中は電気が点(つ)いていて別荘の中の様子が窓越しに分かりました。玄関を入ると大きなホールがあり、広い階段が二階まで続いていました。弟、妹、そして私は、その家に入ることを夢見ていました。その別荘は本当にすばらしかったのです。

 ある年の冬、アメリカ東海岸に大きなハリケーンが襲(おそ)いました。 被(ひ)害(がい)は甚(じん)大(だい)でした。両親は別荘を見に行きました。無事でした。私達はほっとしました。六月、別荘に行きました。私たちの憧れだった大きな別荘はありませんでした。大きなショックを受けました。浜辺には、ぽつんと仮小屋が残っているだけでした。砂の上に建てられていた大きな別荘は、ハリケーンによる大(おお)波(なみ)で、基(き)礎(そ)から根(ね)こそぎ破(は)壊(かい)され、流されてしまいました。夢の別荘は崩(ほう)壊(かい)してしまいました。

 イエス様は、砂の上に建てられた家についての例(たと)えをお話になりました。首記の聖句です。イエス様はこのたとえ話の中で重要なことを私達にお教えになりました。堅(けん)固(ご)な基礎の上に家を建てることは重要であるけれども、しっかりした基礎の上にあなたの人(じん)生(せい)を築くことはより一層大事である、ということです。キリストのみ言葉を聞き、信じ、従う人々は、ゆるぐことのない基礎の上に、人生を築いています。ほかのすべての宗教的な教えは砂のようです。 あなたの人生は、しばらくの間大丈夫であるかもしれませんが、やがて、それは崩壊します。イエス・キリストは聖書の中で、「岩」と例えられています。イエス・キリストこそあなたの人生のための丈夫で、堅固な基礎です。キリストのみ言葉は永遠に変わることなく、あなたの信頼に値(あたい)するのに十分です。 今日、イエス・キリストを信じませんか。      (マーサ・カクラン宣教師)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。