FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ローマ人への手紙(十八)

人間の罪は、生命(いのち)の源(みなもと)である真の神様がいらっしゃるのに、そのことを認めないことです。神様は私たちに自然界を通して真の神、創造主がいらっしゃることを教えていらっしゃる。
 「天は神の栄光を語り告げ大空は御手のわざを告げ知らせる。」詩篇一九篇一節

 すべての人は、天の星、太陽を見つめて、創造主がいらっしゃることを知ることができます。色いろな品種のある花を例にとっても、人は繊細(せんさい)なものを作れません。生の花にしか、蜂はこないのです。人間は神が創造なさったものを見て、作っています。神様は自然界を通して、ご自分の存在を表わしておられます。

 「彼らは、律法の命じる行いが自分の心に記されていることを示しています。彼らの良心(りようしん)も証ししていて、彼らの心の思いは互いに責め合ったり、また弁明し合ったりさえするのです。」  ローマ二章一五節

 すべての人間は心のうちに良心が与えられています。
しかし、すべての民族が同じ基準で良心を持っているわけではありません。日本人には日本の社会に、外国人には外国の規律において良心があります。インドネシヤで伝道した宣教師が、「現地の人は、二つ持っている人から一つもらうことは当然と考えるため、お手伝いさんが色々なものをだまって持ち帰ってしまう」と教えてくれました。彼らは良心の痛みを感じないのです。良心は、教えられた社会の基盤にしたがって痛みを覚えるからです。「神様はいないぞ」と育てられていると、神様のことを聞いても無感動であり、無関心です。心の痛みも感じないことでしょう。

 「あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また『何の喜びもない』と言う年月が近づく前に。」  伝道之書一二章一節

 どの社会にいても、悪いことをすれば罰がくることを知っています。私たちは心にある良心のとがめを通しても、神様を知ることができます。神様はさらに第三の光を与えて下さいます。第三の啓示は、書かれた神の御心(みこころ)、聖書です。神様の求めていらっしゃる正義とは何か、そして人間はどういう存在なのかということを知らされます。人間は無関心の罪、偶像崇拝の罪、不道徳の罪を犯します。使徒パウロは、人間はよこしまな邪悪の心のために、神を認めようとしないと言っています。悪いことをする人は、光を好みません。光のもとに来ようとしないし、光に照らされることを喜びません。若ければ若いほど神様を信じやすいですが、年齢を重ねるにつれて、ごまかしたり、痛みを感じにくくなります(イザヤ書一章二~六節)。常に幼児のように神様を信じ、主に従いたいものです。(続く)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。