FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

キャンプの学びから(まことの礼拝)

「しかし、真の礼拝者たちが霊とまことによって父を礼拝する時が来ます。今がその時です。父はこのような人々を礼拝者として求めておられるからです。神は霊ですから、神を礼拝する者は、霊とまことによって礼拝しなければなりません。」ヨハネ四・二三、二四

神様は何を欲し、何を求めておられるでしょうか。世界とそれに満ちるものは神様のものです(詩篇五〇・一二)。礼拝はお受けになる神様のためであるよりも、捧げる私たちのためです。私たちは造られた者ですから、創造主の前に適切な態度が求められます。神様を礼拝するには、神様に喜ばれる方法で礼拝をしなければなりません。霊とまことによって神様を礼拝する者を、神様は求めていらっしゃいます。「まこと」は「誠」でしょうか、「真」でしょうか。神様がお求めになる礼拝について考えてみましょう。

一、霊によって礼拝しなければなりません。
ア、霊的に生きていなければなりません。
 ご聖霊(せいれい)によって新しく生まれなければ、霊的に死んだものであり、霊であられる神様を礼拝することはできません。参考聖句は、ヨハネ三・三、五、七、Ⅱコリント五・一七、エペソ二・一~五です。
イ、外面(がいめん)よりも、内面(ないめん)のほうが大切です。
 ルカ一八・一〇~一四をご覧(らん)下さい。神様は私た  ちの内側をご覧になります。神様に喜ばれる礼拝  者は、ご聖霊によって新生(しんせい)しただけではなく、ご  聖霊に満たされている人です。
ウ、自分の考えや感覚ではなく、神様の御霊(みたま)に従って礼拝しなければなりません。参照聖句は、ピリピ三・三、Iコリント一四・三三。真の礼拝者は、ご聖霊に導かれることを願い求める人です。

二、真理(まこと)によって礼拝しなければなりません。
 ア、真理を知らなければなりません(ヨハネ四・二 二)。サマリヤ人たちはユダヤ人たちと同じ間違 いをおかしました(ローマ一〇・二)。聖書を通 して、真理がわかります(ローマ一〇・一七、ヨ ハネ一七・一七)。教会もクリスチャンも聖書を 大切にすべきです。
イ、真理を愛さなければなりません。
キリスト教の特徴(とくちよう)は説教(せつきよう)です。説教を通して神様を礼拝します。神様が私たちにお話しになる方法は説教です。あなたが礼拝に来た目的は、本当の神様に会うためですか、神様と交わるためですか、神様の御言葉を伺い、従うためですか。
ウ、真理を示さなければなりません。
 まことによって礼拝するためには、真理を知り、愛するだけではなく、真理を示さなければなりません。旧約聖書の幕屋、神殿は真理を示しました。私たちが礼拝のために選ぶ音楽や礼拝のスタイルは、私たちの神様について何を示していますか。
レビ記一〇・一~三をご覧ください。
最後に、ルカ一〇・三八~四二をご覧ください。
      (お話・マイク・マクゴーワン宣教師)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。