FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ローマ人への手紙(十二)

 「私は、ギリシア人にも未開の人にも、知識のある人にも知識のない人にも、負い目のある者です。ですから私としては、ローマにいるあなたがたにも、ぜひ福音を伝えたいのです。私は福音を恥としません。福音は、ユダヤ人をはじめギリシア人にも、信じるすべての人に救いをもたらす神の力です。福音には神の義が啓示(けいじ)されていて、信仰に始まり信仰に進ませるからです。

『義人は信仰によって生きる』と書いてあるとおりです」       ローマ一章一四節~一七節

私たちは福音を伝えるときに、貧しい人に伝えなければという責任を感じてしまうものです。けれどもイエス様の福音はお金持ちのためにもあるということを覚えましょう。福音は、ギリシャ人にも、ギリシャ人以外にも、未開の人たちにも、すなわち全世界の人たちに有益なのです。

 アメリカに勉強に行った二年目の夏休み(一九六二年)、私はデトロイトのテンプル・バプテスト教会で研修を受けました。ビーチャム・ヴィック博士が牧会していらした教会です。そこで証しをする機会があり、その教会出身の若夫婦に招かれて、別の教会でも証しをすることになりました。その時に、一人の方から、隣(となり)に住んでいる日本人に証しをしてほしいとたのまれました。日曜日の午後、片道二時間以上かけてその家に出かけました。奥さんはカトリックの信者で、ご主人は無神論者でした。このご夫婦はハワイ生まれで、日本語は全然通じませんでした。この男性は、私が証しを終えて「イエス様を心にお迎えしませんか」と言うと、突然(とつぜん)怒って、台所に行って包丁を取り出し、「早く帰ってくれ。早く出て行かないと、お前を殺すぞ」と言いだしました。「私はマサチューセッツ工科大学を優秀な成績で卒業したんだ。イエス・キリストの福音、十字架を信じるだけで、人間が救われるはずがない。愚(おろ)かな人間ならともかく、M工科大で勉強したこの私が、そんな証しを信じるものか。早く帰れ」と言って私を追い出そうとしました。

 そこで、私は「申し訳ないですが一分だけ時間を下さい」といって祈りました。私が祈りはじめてほどなく、「祈るのをやめてください」というご主人の声が聞こえました。なんのことかわからず、目をあけてご主人を見ると、私の隣にきて膝(ひざ)をついて、「牧師さん、私のために祈ってください。私も救われたいんです!」と泣き出したのです。神様のみ言葉には力があります。 (続く)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。