FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(七)

「キリスト・イエスのしもべ、神の福音のために選び出され、使徒として召されたパウロから」 ローマ一・一

 この短い一節から、大変重要な救いの教理とクリスチャンの信仰生活について、いろいろと教えられます。神様は現代に生きる私たちに対しても、このローマ人への手紙を通してお語りくださり、日々必要な力、生きる糧(かて)をお与えくださいます。キリスト教信仰の土台と日々の生活で私たちがどのように神様と共に歩むことが出来るのか、人生の目当てと、日々の歩みに必要な神様の導きを求めていきましょう。

信仰は年をとってから求めればよい、といった考えが日本ではありますが、小さな子どもの時から神様のことをしっかりと心に信じ、受け入れなければならないと思います。かつて、日本は世界で一番安全な国の一つと言われましたが、現在はそうではありません。安全な国ではなくなってしまいました。日曜学校を通して、これまで以上に子どもたちへの伝道に力を入れていかなければなりません。アメリカの有名な伝道者、ドワイト・ムーディーは、児童伝道を大変熱心に行いましたが、集会ではあまり招きをしなかったようです。しかし、シカゴの大火災を経験し、「ああ、あの時、私はなぜイエス様を迎え入れるように招きをしなかったのか」と心に大きな悔いを残したと言われています。それ以後、ムーディー伝道者は、説教の後には必ず、招きをするようになったと言われています。

今から二千年程前、イエス様がおいでになった時代、イスラエルはローマの支配下にありました。第二次世界大戦後、私たち日本人もアメリカの支配下におかれ、自由を失った時代がありました。もし、ソ連に占領されていれば日本はどうなっていたでしょうか。アメリカに占領されたことは、現在の日本にとって感謝しきれないことだと思います。敗戦の経験がなければ、日本はぬるま湯につかったような状態から抜け出ることはなかったでしょう。戦争を経験した人が戦争当時のことをよく口にし、「もったいない」とよく言うのはなぜでしょうか。このことを理解しないと、大きな損失をこうむることでしょう。敗戦を経験した人たちから学ぶべきことが沢山あると思います。    (続く)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する