FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

聖歌総合版 六八八番 悩み多きうき世を

一、悩(なや)み多き浮世(うきよ)を去りて あまつ我(わ)が家(や)に  
  主(しゆ)をば拝(はい)しまつらば いかに我(われ)の幸(さち)なる
(コーラス * )その時 我が身の誉(ほまれ)や いかならん
 主をば拝しまつらば 我が誉(ほまれ) ああ、いかならん
二、君(きみ)の愛と恵(めぐみ)に 我もきよき身(み)となり 
  主をば拝しまつらば いかに我の幸なる (*)
三、友と王にまさりて さらに切(せつ)に待つなり
主をば拝しまつらば いかに我の幸なる (*)
 (チャールズ・ガブリエル作詞・作曲)

 一八九九年のこと、チャールズはシカゴの出版者E・О・エクセル氏に一一曲の楽譜(がくふ)を送りました。作曲家にとっての危機(きき)は、お金が必要ということでした。エクセル氏はこれまでにもチャールズから曲を買っていました。一曲一ドルから三ドルでした。当時の週給は平均五ドルでしたので、エクセル氏の買値(かいね)は悪くありませんでした。エクセル氏が複数の曲を買ってくれるように、チャールズは多くの曲を一度に送りました。「どの曲も一ドルでよいので、多く買ってください」との願いをこめていました。エクセル氏は受け取った一一曲に目を通しました。最後の曲は黒い音符(おんぷ)が多すぎて、使えないと思いました。一〇ドルの小切手(こぎつて)と一一曲目の楽譜が送られてきたので、チャールズはとても喜びました。エクセル氏が買った一〇曲については誰も知りません。しかし、その時に残った曲が今日の曲であり、世界中の教会で賛美されています。

 後に、チャールズ・ガブリエル氏はこの歌を書くきっかけをくれた人について証(あかし)をしています。エド・カードという人で、セント・ルイスでサンシャイン・レスキュー・ミッションをしていました。エドの生活はキリストに出会ってから劇的(げきてき)に変わりました。不機嫌(ふきげん)で、生気(せいき)がなく、執念深(しゆうねんぶか)い人であったのに、イエス・キリストの福音(ふくいん)の力と愛によって、エドの生涯(しようがい)は変わり、輝きを増していきました。エドの友人たちは、エドの変化、表情の輝きに気づきました。エドにとって、「神様のご栄光」という言葉が最も大切なものになりました。エド・カードは、「栄光に満ちた年寄(としよ)りの顔(かお)」として知られるようになりました。

 イエス様によって変えられた自分の人生がチャールズ・ガブリエル氏にこの歌を書くきっかけを与えたのですが、エドはこの曲が多くの人々に愛され、歌われるのを見るまで命が与えられ、神様に感謝しました。
 「わが生涯はあらたまりぬ」(四七五)、「一羽の雀に」(勝利の歌Ⅰ七〇)はガブリエル氏の作曲です。
("AL SMITH'S Treasury of hymn histories" アルフレッド・スミス著の要約)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。