FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「危ないこと」 (英語版BT翻訳)

「主(しゆ)の御(み)名(な)を呼(よ)び求(もと)める者(もの)は、だれでも救(すく)われる。」     ローマ人への手紙一〇章一三節
 
 私は泳ぐのが苦(にが)手(て)です。鼻に水が少しでも入ると、大変なことになってしまいます。一〇代、二〇代はじめの頃、何度か危険な目に遇(あ)いました。 中学生の頃、友人とプールに行った時のことです。泳げもしないのに、飛び込み台から深いプールへ何度も飛び込んで遊んでいました。水から浮かび上がったらすぐに壁(かべ)につかまることが出来るように、プールサイドの近くに飛び込んでいました。最後に飛び込んだとき、壁際(ぎわ)に近づきすぎて、頭を打ってしまいました。病院へ行き五針も縫(ぬ)うはめになってしまいました。今でもそのときの傷跡が顔に残っています。

 大学生のとき、水上スキーをしました。いつもライフジャケットをつけていました。ジャケットをしっかりと着ていれば、安全だと思っていたのに、いざ水中に投げ出されると、ボートがきて水から引き上げられるまで、いつもあわてふためいていました。
 「そんな危ないことをしなければいいのに。おぼれたかもしれないじゃないか。」と、思われるかもしれません。しかし、あなたがもし、「罪から救ってください」と、主の御名をまだ呼び求めていないなら、あなたもまた危ないことをしているのです。いつ病気になったり、事故に遇ったりして死んでしまうか誰にもわかりません。死んだときに天国へ行くという確信が、もしなければ、あなたは危険な状況にいるのです。

 五才のとき、祖母が海につれていってくれました。私は、浮(うき)輪(わ)をつけられて、海岸の近くで遊んでいました。海は、湾(わん)になっていて、波は穏(おだ)やかでした。ふいに岸から離れてしまい、足がつかなくなってしまいました。私はパニックになって叫びました。祖母も叫び声をあげて、ライフガードに助けを求めました。ほんの一メートルほどしか岸から離れていなかったのに、自分では全くどうすることもできないと感じたのです。

 主の御名を呼び求めるとは、「私は罪を犯しました。自分では、どうすることもできません。どうぞ救ってください」と、神様に告白することです。そのように祈りませんか。そしてキリストを救い主として受け入れませんか。「主の御名を呼び求める者は救われる」。これは神様からの約束です。決して破られることはありません。もし今日、神様を呼び求めるなら、あなたは救われます。今日決心しませんか。(カクラン宣教師)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。