FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

聖霊なる神様があなたを導いてくださる

▽「神は、この聖霊を、私たちの救い主なるイエス・キリストによって、私たちに豊かに注いでくださったのです。」テトス三・六

  先週の礼拝で、聖霊なる神様についてともに学んだ。    

聖霊なる神様の助けとお導きを求めて、一日一日を過ごしてゆこう。    

一、聖霊なる神様は、もう一人の助け主、真理の御霊(みたま)    

 「わたし(イエス・キリスト)は父にお願いします。そうすれば、父はもうひとりの助け主をあなたがたにお与えになります。その助け主がいつまでもあなたがたと、ともにおられるためにです。」(ヨハネ一四・一六)    

 「その方は、真理の御霊です。世はその方を受け入れることができません。世はその方を見もせず、知りもしないからです。しかし、あなたがたはその方を知っています。その方はあなたがたとともに住み、あなたがたのうちにおられるからです。」(ヨハネ一四・一七)    

 聖霊なる神様があなたの内におられることを意識して生活しているだろうか。聖霊なる神様を個人的に親しく知っているだろうか。聖霊なる神様は、私たちのうちに、私たちとともにいらっしゃることをどのように感じていらっしゃるのであろうか。あなたは、聖霊なる神様があなたとともにいらっしゃることをどのように感じているのであろうか。    

二、聖霊なる神様のお働き    

 「…助け主、すなわち、父がわたしの名によってお遣(つか)わしになる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、また、わたしがあなたがたに話したすべてのことを思い起こさせてくださいます。」(ヨハネ一四・二六)    

 「わたしが父のもとから遣わす助け主、すなわち父から出る真理の御霊が来るとき、その御霊がわたしについてあかしします。」(ヨハネ一五・二六)    

 「(聖霊は)罪について、義について、さばきについて、世にその誤りを認めさせます。」(ヨハネ一六・八)    

 「しかし、その方、すなわち真理の御霊が来ると、あなたがたをすべての真理に導き入れます。御霊は自分から語るのではなく、聞くままを話し、また、やがて起ころうとしていることをあなたがたに示すからです。」(ヨハネ一六・一三)    

 「御霊はわたしの栄光を現わします。わたしのものを受けて、あなたがたに知らせるからです。」(ヨハネ一六・一四)    

 ご聖霊は、言いようもない深いうめきによって私たちのためにとりなしてくださる(ローマ八・二六)。    

 聖霊を悲しませていないだろうか(エペソ四・三〇)。    

 御霊を消していないだろうか(Ⅰテサロニケ五・一九)。    

 主の聖なる御霊を傷つけていないだろうか(イザヤ六三・一〇)。    

 聖霊なる神様に満たされて生きよう(エペソ五・一八)。ご聖霊に支配していただく人生である。    

  ◎ 暗誦聖句  創世記一章一節

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する