FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

努力しても何の役にも立たないこと(翻訳)

 「…見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続くからです。」(Ⅱコリント四・一八b)

 私(わたし)は最近、婦人のバイブル・クラスで「私たちのすばらしい神様の特(とく)徴(ちよう)を考え、それらを心に留めましょう」と励ましています。寺、神社、金銀石あるいは木でできた偶(ぐう)像(ぞう)の神々に囲まれていると、私たちがお仕えしている神様が唯(ゆい)一(いつ)の神であられることを忘れてしまいやすいのです。私は、婦人のバイブル・クラスで、イザヤ四四章から、神々の像を造る人々の愚(おろ)かさについて、神様がおっしゃっていることを分かち合いました。偶像についてのイザヤ書の説明にもありますが、ある偶像は細(さい)部(ぶ)にわたるまで美しく、巧(たく)みに制作されています。イザヤ四四章に最初に登場する人は、像を作り終えるまでは飲食を忘れて、制作に没(ぼつ)頭(とう)して、懸(けん)命(めい)に働いたとあります。日本人が尊(とうと)ぶ特質です。そのようにして完成したものに、日本人は大きな価値を見出します。しかし、神様は、それらは何の役にも立たないと言われました。

 イザヤ四四章に登場する別の人は、木を手に取り、四つのことをしました。その順番に注目してください。最初に、その木を薪(まき)として火をおこし、体を温めました。次に、その火を使って食事をつくり、パンを焼きました。最後に、残った木を使って、像を刻み、像の前にひれ伏し、礼拝し、「私を救ってください。あなたは私の神だから」と祈りました。彼は、自分の必要を満たすために色々な事をし、最後に、偶像の神をつくりました。彼は、自らの行動に何の違(い)和(わ)感(かん)も持ちませんでした。「彼は何の知識も理解力も持たず、彼の心は欺(あざむ)かれている」と神様は言われます。

 私たちの神様は永遠のお方であり、何でもおできになり、どこにでも存在なさり、変わることがなく、何でもご存知で、きよく、ただしく、そして愛に満ちたお方であることをよく考えましょう。日本には木でつくられた偶像が多くあります。風雨にさらされると捻(ねじ)れ、腐(くさ)り、色あせ、表面がざらざらになる木でできた偶像の神の特徴を真の神様の特徴と比較してみましょう。目はなく、耳はなく、木の中にいる小さな虫に穴をあけられてしまう偶像の神です。最後には、初めに薪として使われたように、火の中で燃やされてしまいます。偶像をつくる人たちの努力に対して、「何の役にも立たない」と神様が言われたのは不(ふ)思(し)議(ぎ)ではありません。

 「…わたしのほかに神があろうか。ほかに岩はない。わたしは知らない。」(イザヤ四四・八)   (マーサ・カクラン宣教師)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する