FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

時を贖え (新英語版バイブル・タイム)

 「機会を十分に生かして用いなさい。悪い時代だからです。」 エペソ五・一六

 首記の御言葉についてカスター博士が説明してくださったことをよく覚えています。先生の例話です。「買い物に行くと、あなたの大好きな物を見つけます。買いたかったですが躊躇(ちゅうちょ)しました。やっぱり欲しくてもう一度お店に行くと、誰かが買ってしまい、もう無かった」というのです。そのお話を聞いた後、正にその経験をしました。ペンシルバニア州出身の私にとって、お菓子(かし)と言えばプレッツェルです。日本人は好きでないようで、日本ではなかなか売っていません。ある時、お店のレジに並んでいると、青いナビスコの箱に入ったプレッツェルが山のように積んでありました。私の足はプレッツェルの前で釘付(くぎづ)けになりました。次の瞬間、私は嬉(うれ)しくって、文字通り飛び上がりました。

 宣教師は、このように重要な物ではない、小さなものでわくわくするのです。特に、自分の国の物であれば、なおさらです。私は二箱か三箱、手に取りました。一箱だけ戻して、あとは買い物かごに入れました。アメリカの食べ物は、日本のお店に並ぶ時には、湿気っていることが多いのです。結局、私は一箱だけ買い、湿気っていなければ、また買いに来ようと決めました。一週間後、プレッツェルを買いにいきました。全部売れてしまい、一箱も残っていませんでした。その後、そのお店でプレッツェルは見ていません。

 プレッツェルを買い損(そこ)なったことは、それほど重要ではありません。しかし、人々にイエス・キリストを話し損ねることは大きなことです。個人伝道のチャンスに気付けるように、個人伝道の必要性をいつも覚えられるように、そして与えられたチャンスをいかせるように、と毎日祈っています。二〇数年前のことですが、犬の散歩をしている時に、一人の男性と知り合いになりました。それがきっかけで、その方は救われ、今天国にいます。一人の女性はバイブル・クラスに参加し、救われました。きっかけは、私がその方の二人のお子さんの名前を覚えていたからでした。「一〇年も前の出会いなのに」と感動して、お見えになったのです。最近婦人集会に忠実に出席するようになった別の婦人がいます。きっかけは、私と一緒にバス旅行に行ったときの質疑応答でした。岐阜で出会った女の子は、長い間イエス様から離れていました。

 長い間、音信不通でした。彼女は、インターネットで私の名をみつけ、交わりが再開しました。彼女はイエス様との関係を回復し、四年前から教会に出席しています。私に会いに来たいと連絡がありました。教会の働きは沢山あり、忙しいですが、数日間彼女をお迎えし、これまで持てなかった分、時を贖い(買い戻し)たいです。

 「…時宜(じぎ)にかなったことばは、いかにも麗(うるわ)しい」(箴言一五・二三)。「時宜にかなって語られることばは、銀の彫り物にはめられた金のりんごのようだ」(箴言二五・一一)。私たちの言葉によってどれほど人が慰められ、励まされるか分かりません。逆に、私たちの言葉で傷つく場合もあります。神様が私たちに知恵をお与えくださり、神様のために口を用いることができますように。そして、時を贖えるように勤勉でありますように。 (マーサ・カクラン宣教師)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。