FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

イエス・キリストの証人

 「しかし、聖霊があなたがたの上に臨(のぞ)まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果(は)てにまで、わたしの証人(しょうにん)となります。」  使徒一・八

 イエスキリストの証人となるためには力が必要です。

一、聖霊(せいれい)によって与えられる力が必要です。
  これは、受けるものです。霊的に成長した人であ っても、自分の力ではキリストの証人になれません。

二、私たちはイエス・キリストを救い主として信じた 時に、聖霊の内住(ないじゅう)をいただきました。聖句で確認 しましょう。①Ⅰコリント三・一六、②Ⅰコリント 六・一九、③エペソ一・一三、④エペソ三・一六。

三、恵みの時に生かされている私たちへの主のお言葉 を確認しましょう。①エペソ五・一八、②エペソ四・三〇。聖霊に満たされる(支配される)ときに、私たちは力を与えられます。御霊を悲しませる生き方は、聖霊に逆らって生きることです。力は与えられません。ガラテヤ五・一六~一八を読みましょう。

四、一人一人のクリスチャンが聖霊に支配されて生きると、日々の生活で力が与えられ、キリストの証人として用いられます。聖霊によって与えられる力は、更に大きく働きます。「平和のきずなで結ばれて御霊(みたま)の一致を熱心に保」(エペソ四・三)つクリスチャンは、一人ではなく、チームです。チームメイトと力を合わせることで、相乗効果が加わります。「聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます」。それぞれが力を受けるだけではなく、キリストのお体である教会は、それぞれの力を合わせた以上の大きな力を受けます。

五、イエス・キリストの証人であり続けるための力(継続力)も聖霊によって与えられます。

六、人は人間の「説得力のある知恵のことばによって」(Ⅱコリント二・四)は救われません。聖霊は人に罪について、義について、さばきについて、その人に誤りを認めさせ(ヨハネ一六・八)ます。聖霊は、御言葉を通して最も力強く働かれます。

七、イエス・キリストの証人として証をするとき、その方が救われるという望みを与えてくださるのは、聖霊の力によります(ローマ一五・一三)。

八、聖霊によって与えられる力が必要な理由は何でしょうか。イエス様がお望みになっているお働きはとても大きく、人間の力では絶対にできないからです。「エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります」。イエス様のお言葉はご命令ではなく、手引きであり、お約束です。聖霊に支配されるなら、教会の働きを通して、私たちは全世界の人にイエス・キリストの福音(ふくいん)を伝えることができる、と約束されています。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する