FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

輝かしい未来へ(二)

 教会創立二五周年記念集会にてディヴィッド・インネス博士を通していただいたメッセージの続きです。

  教会全体として、常に神様の御言葉を思い起こすべきです。イエス様は地上を去られるときに、弟子達に「わたしの言った言葉をよく思い起こしなさい」とおっしゃいました。ですから、私たちも、神様の御約束を一つずつ思い起(お)こそうではありませんか。
 神様は、私たちが過去に学んだ数多くの教訓を心に留めるようにと願っておられます。私たちはみな、過去に数多くの過(あやま)ちを犯(おか)してきました。教会といえどもその例外ではありません。過去の様々な辛(つら)い失敗から、どのようにその経験を生(い)かすか、神様は過去を思い起こしなさいとおっしゃいます。

 私たちが主の晩餐(ばんさん)にあずかる時に、イエス様は、「あなたがたは思い起こしなさい」とおっしゃいます。

 最も大切なことは、私たちの目がいつも主イエス・キリストに向けられ、注(そそ)がれているかということです。イエス・キリストこそ私たちの望みであり、喜びです。イエス様こそ私たちの知恵であり、義(ぎ)です。地上において、この主イエス・キリストを思い起こす限り、私たちは常に勝利を得(え)ることができるのです。お互(たが)いに思(おも)い出(で)を更(さら)に強くかきたてようではありませんか。

 「兄弟たちよ。私は、自分はすでに捕(とら)えたなどと考(かんが)えてはいません。ただ、この一(いち)事(じ)に励(はげ)んでいます。すなわち、うしろのものを忘(わす)れ、ひたむきに前のものに向(む)かって進み、キリスト・イエスにおいて上に召(め)してくださる神の栄(えい)冠(かん)を得(え)るために、目(もく)標(ひよう)を目ざして一(いつ)心(しん)に走っているのです。」   ピリピ三・一三~一四

 神様は、「忘(わす)れなければならない」ともお命(めい)じになります。使(し)徒(と)パウロはピリピ三章で、クリスチャンは過(か)去(こ)のことを忘れなさいと教えています。

 第一に、過去の私たちの失(しつ)敗(ぱい)を完全に忘却(ぼうきゃく)の彼方(かなた)へと押(お)しやるようにというのです。過去の罪を忘れなさいというのです。私たちがいつまでも過去の失敗や罪を悩(なや)むならば、心の戦(たたか)いが続(つづ)きます。そして、前(ぜん)進(しん)することができなくなるのです。ですから、過去の過(あやま)ちや罪を忘れてしまおうではありませんか。

 第二に、過去の成(せい)功(こう)の数(かず)々(かず)を忘れなさいと教えています。私たちが、過去の成功の記(き)憶(おく)によっているならば、傲慢(ごうまん)になってきます。私たちのすべての祝(しゆく)福(ふく)された働(はたら)きは神様からの祝福であり、神様にお返(かえ)しすべきものなのです。 (続く)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。