FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

輝かしい未来へ(三)

 使(し)徒(と)パウロは、前のものに向(む)かって前(ぜん)進(しん)しようと言いました。教会が先のものに向かって手を伸(の)ばし、その目的に達しようとするのでなければ、その教会は、それで終わりです。去(きよ)年(ねん)、皆さんが持っていた宣教のヴィジョンは来(らい)年(ねん)には通(つう)用(よう)しないのです。来年は更に大きなヴィジョンになっていなければなりません。去年、最(さい)善(ぜん)だと思っていた救(きゆう)霊(れい)の働(はたら)きも、もっと大きな広い世界で、救霊をしなければならないのです。皆さん、新しい夢(ゆめ)を持(も)たなければなりません。新しい計画を建てなければなりません。しかも、それらは過(か)去(こ)の経(けい)験(けん)よりも大きなものでなければなりません。

ですから、使徒パウロは目(め)当(あ)てに向かって進みなさい、ゴールに向かって、背(せ)を伸(の)ばし、突(つ)っ走(はし)ろうではないか、と言ったのです。なぜなら、常に前(ぜん)進(しん)する信者に豊(ゆた)かな祝福が与えられるからです。

 主イエス様がお迎(むか)えに来(き)てくださるその日を目当てに進もうではありませんか。ただ漫然(まんぜん)と未来に目を注(そそ)ぐのではなく、未来に目を注ぎつつ、なお今、この地上における日々の働きにも励(はげ)もうではありませんか。

 皆さんが、習志野バプテスト教会を通して働いているその影(えい)響(きよう)力(りよく)は、皆さんの想(そう)像(ぞう)をはるかに越(こ)えて、遠(とお)くまで及(およ)んでいるのです。天に携(たずさ)えあげられる時に、私たちがこの地上でなした数(かず)々(かず)の証(あかし)が、どんなに大きな働きとなっていたかを見ることができるはずです。

 どうか、あなたの最(さい)善(ぜん)を神様に献(ささ)げてください。過(か)去(こ)に、神様がどれほど大きな御(み)業(わざ)をなしてくださったかを思い起(お)こしましょう。そして、忠(ちゆう)実(じつ)な僕(しもべ)であり続(つづ)けようではありませんか。ここにいらっしゃるお一(ひと)人(り)お一人が、今(いま)、新(あら)たな決(けつ)意(い)を持(も)つときではないでしょうか。私たちが、神様に新しい献(けん)身(しん)をする時(とき)だと思います。皆さんの家(か)庭(てい)を、皆さんご自(じ)身(しん)を、そして皆さんの教会を、神様に献(ささ)げようではありませんか。 (教会創立二五周年記念集会にてインネス博士を通していただいたメッセージ終わり。)

 私たちが聖(せい)霊(れい)に満(み)たされ、聖霊の導(みちび)きに従(したが)うとき、イエス・キリストの復(ふつ)活(かつ)の証(しよう)人(にん)として用(もち)いられます。「…聖霊があなたがたの上に臨(のぞ)まれるとき、あなたがたは力(ちから)を受(う)けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果(は)てにまで、わたしの証(しよう)人(にん)となります」(使徒一・八)。私たちが聖(せい)霊(れい)に満(み)たされて証(あかし)を続(つづ)けていくならば、教会は必(かなら)ず祝(しゆく)福(ふく)されます。「こうして教会は、ユダヤ、ガリラヤ、サマリヤの全(ぜん)地(ち)にわたり築(きず)き上げられて平(へい)安(あん)を保(たも)ち、主(しゆ)を恐(おそ)れかしこみ、聖霊に励(はげ)まされて前(ぜん)進(しん)し続(つづ)けたので、信者の数(かず)がふえて行った」(使徒九・三一)。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する