FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

嗣業の地を手にするために一致が必要(二)

 二〇一七年夏期キャンプのメッセージ(山宮先生)の三回目です。第二集会メッセージの続きです。

 「しかし、あなたがたは登って行こうとせず、あなたがたの神、主の命令に逆らった。」申命記一・二六

 第二集会のテーマは、嗣業の地を手にするためには一致が必要、である。教会が一致し、一つ心になるためには、各教会員が「いつも」イエス様を思って生きなければならない。自分の努力で、一つ心にはなれない。イエス・キリストを思うことから、力、知恵、愛が与えられる。いつもそうする必要がある。

 マタイ二五章にタラントのお話がある。各自が賜物を神様の栄光のために与えられている。神様のために賜物を使うべきである。主人のために何もしなかった失敗が記されている。一〇人の族長たちの不信の声は、何も良いものを生まなかった。約束の地に入る目的で出エジプトをしたのに、そこに入ることをしなかった。できなかったのではなく、しなかった。カレブとヨシュアの信仰と、他一〇人の族長たちの信仰が一致しなかった。教会が心を一つにできれば、教会は大きなことができる。しかし、心を一つにできないと、教会は前進できない。聖徒がイエス様を思い、心を一つにしている教会に、神様は豊かな祝福と力をお注ぎになる。
 「わたしが彼らの先祖たちに誓った地を見ることがない。わたしを侮った者も、みなそれを見ることがない。ただし、わたしのしもべカレブは、ほかの者と違った心を持っていて、わたしに従い通したので、わたしは彼が行って来た地に彼を導き入れる。彼の子孫はその地を所有するようになる」( 民数記一四・二三、二四)。神様は、疑う者の声も信じる者の声も、みな聞いておられる。自分を思っていれば、失望しかでてこない。いつもイエス・キリストを思っていよう。イエス様を思っていると、神様の御前にあって自分がどれほど罪深い者かが分かる。と、同時に、この罪深い者を愛してくださる神様の大きな愛に圧倒される。

 ヨシュアとカレブは信仰を保ちながら、不信仰者と共に四〇年間歩んだ。二人は分裂を起こさなかった。「自分たちだけで行く」と言えたのに、二人はそうしなかった。イスラエルの民の一体性を強く思ったが故に、四〇年間も共に荒野を旅したのだと思う。教会はキリストのお体である。あなたは一人で歩んでいるのではない。ヨシュアとカレブは民族の一体性を思って、苦しみを忍んだ。教会は共に歩んでいる。あなたは教会と共に歩んでいるだろうか。もし、そうならば、教会と共に苦しみ、共に喜ぶことができる。一つ思いとなる一致こそ祝福の源である。

 自分の力、努力では一つ心にはなれない。いつも、イエス・キリストを思うことである。イエス様を思う者たちは、必ず一つ心に合わせられていく。(続く)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。