FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(二二)

 使徒パウロはローマ人への手紙二章において、神様の律法を持つ者も持たない者も各々(おのおの)の尺度(しやくど)によって神様に裁かれると書いています。すべての人は皆、等しく神様から遠く離れた状態にあり、神様を敬っていないことに対する神様の怒りと裁きがくだると書かれています。神様のお造りになった素晴しい世界、広大な宇宙の中にあって、あらゆるものを造られた神様が存在するであろうと考えるのは当然のことです。 

 日本では進化論を唱えたダーウィンという生物学者はよく知られています。しかし、日本の学校においては彼が最後にイエス・キリストを求めたということは教えられていません。進化論を教えた彼が死の床で「神様、私はとんでもない大きな過ちをしました」と進化論を書いたことの誤りを認め、「どうか私をゆるしてください」という最後の叫びの声を上げたことは教えられていないのです。NHKのテレビ番組はすべて進化論の影響にどっぷりとつかっているものばかりではありませんか。

 人間は神様を畏(おそ)れ敬うことをせず、考え方は空しいことばかりで、その結果、心は闇の中にあります。現在、日本で青少年犯罪が問題にされていますが、その根底にあるものは「神様を畏(おそ)れ敬う思いがないこと」にあります。小さい時、兄弟喧嘩(きようだいげんか)をすると、親は、兄や姉が悪いとしかります。子どもなりに、どちらが正しいか聞かないことに反発するでしょう。やがて大きくなるにしたがって、自分の思いが正当化されることを求めていきます。本来正しいものを求めようとする思いは、神様の下さった良心の働きからくるものです。

 しかし、人間は罪の世界に住んでいるため、どうしても自己主張が強くなり、プライド・誇り・高ぶりが強くなります。真の神様を礼拝するよりも、目に見える形、動物や人間の姿を形どった偶像を拝むようになります。こういうことは人間の歴史においてどんな未開地であっても行われてきました。人間は力や、いつまでも続く永遠のものを持ちたい、と願います。

 中国においては昔から不老不死の薬、年をとらず、死なないために漢方薬を研究し、発達させてきました。日本では、大名が金(きん)や銀を求め、それをお茶にまぜて飲み、かえって水銀中毒となり早死にしました。長く生きたいと思った者が金属をどんどん体に入れたため早死にをしたのです。また、未開の人種、かつて台湾や東南アジアにも多くいた人食い人種も「霊・魂の力」を自分がもち、長生きしたいと思いました。日本人もよく「ついていた」と言う言葉を使います。

 獣の霊がのり移って、人一倍の力を与える、というのがついているという意味です。どれほど私達が自分以外のものの力を持ちたいと願っているかが分かります。(続く)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する