FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ローマ人への手紙(二六)

 「神はこの方を、信仰によって受けるべき、血による宥(なだ)めのささげ物として公(おおやけ)に示されました。ご自分の義を明らかにされるためです。神は忍耐をもって、これまで犯されてきた罪を見逃してこられたのです。

 すなわち、ご自分が義であり、イエスを信じる者を義と認める方であることを示すため、今この時に、ご自分の義を明らかにされたのです。それでは、私たちの誇(ほこ)りはどこにあるのでしょうか。それは取り除かれました。どのような種類の律法によってでしょうか。行いの律法でしょうか。

 いいえ、信仰の律法によってです。人は律法の行いとは関わりなく、信仰によって義と認められると、私たちは考えているからです。それとも、神はユダヤ人だけの神でしょうか。異邦人(いほうじん)の神でもあるのではないでしょうか。そうです。異邦人の神でもあります。神が唯一なら、そうです。

 神は、割礼のある者を信仰によって義と認め、割礼のない者も信仰によって義と認めてくださるのです。それでは、私たちは信仰によって律法を無効にすることになるのでしょうか。決してそんなことはありません。むしろ、律法を確立することになります。」  ローマ三・二五~三一 

 「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます」(使徒一六・三一)とありますので、あなたが神様を信じているなら、周りの人たちに「あかし」を続けましょう。

 人間は一人で生きるものではありません。他の人たちに影響を与え、自分もまた影響されていきます。使徒パウロはそのことをここで教えているのです。何の良い行いも無くして神様の一方的な恵み、哀れみによってイエス・キリストの身代わりの死によって神様に受け入れられるのです。「あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ」(伝道の書一二・一)と聖書に書かれています。どうか一人一人、イエス・キリストの所に立ち帰ってください。

 「愚(おろ)か者は心の中で『神はいない』と言う。彼らは腐っている。忌まわしい不正を行っている。善を行う者はいない。」詩篇五三・一

 「この世の中に神なんかいない」という人が多くいます。聖書にも「神はいない」と書かれてます。しかし、「愚か者は心の中で」そのように言う、と聖書は教えているのです。イエス・キリストをあなたの心にお迎えしましょう。(続く)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。