FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

賛美をしながら教会に来よう

▽「主は、私の口に、新しい歌、われらの神への賛美を授けられた。…」(詩篇四〇・三)
   


  〝(全地よ)喜び歌いつつ御前に来たれ。…感謝しつ つ、主の門に、賛美しつつ、その大庭に、はいれ〟詩篇一〇〇・二、四    

 教会以外でも賛美をしよう。電車の中ならば心の中で歌おう。週日も賛美をしていないと、「歌いつつ、賛美しつつ」教会に来ることはできない。音痴で歌えない、という方は歌詞を覚え、意味を考えよう。心の中では美しく歌えることであろう。    

 一八七〇年頃、'O How I Love Jesus'(イエス様、私はあなたを心より愛しています)という賛美歌ができ、人々に好まれた。どこででも聞くことができたし、特に集会では必ず歌われた。フィリップ・ブリス氏は、日曜学校用に聖歌集を編集していた。'O How I Love Jesus'をも加えたかったので、著作権(ちょさくけん)所有者(しょゆうしゃ)に使用許可を求めて手紙を書いた。著作権所有者は、自分の歌集売り上げがさがるのではと心配して許可をしてくれなかった。ブリス氏はとても残念に思った。歌集に加えられなかったこと以上に、著作権所有者が賛美歌を商業的に取り扱っている態度にがっかりさせられた。    

 ブリス氏の心は受け取った手紙と「イエス様、私はあなたを心より愛しています」という歌詞で一杯であった。ある日、一つの思いがブリス氏の心を捕らえた。「そうだ。私がイエス様を愛することは大切なことではあるが、それ以上に偉大ですばらしいことは、イエス様が私を愛してくださっていることだ!」そのことを考えながらブリス氏はベッドに入った。その時、ブリス夫妻はシカゴのD・W・フィットル宅に宿泊していた。翌朝食卓につくと、奥さんに、「ルーシー、今朝早く、主は新しい歌をお与えくださったよ」と行って、歌い出した。    

●聖歌 (総合版)472番 (1958年版)459番 きよいふみは教える    

 神様は歌集に空いた一頁のために、この曲をブリス氏にお与えくださった。各地の日曜学校で愛唱された。(賛美歌の背景は、アルフレッド・スミス著 "AL SMITH'S Treasury of Hymn History" より)    

   

  ◎ 暗誦聖句  エペソ書 一章四節
〝御前(みまえ)にて潔(きよ)く瑕(きず)なからしめん爲(ため)に、世(よ)の創(はじめ)の前(さき)より我(われ)等(ら)をキリストの中(うち)に選(えら)び、 〟

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する