FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(三九)

 いさかい、争いというのは辛いものです。そばにいるだけでピリピリして、「相手は何を考えているか。どういったら相手は自分のことを理解してくれるだろうか。」と悩むのです。

 「神様との平和」とは、いつも神様と仲良しでいるということです。仲が良ければ、お願いしやすいものです。皆さんはご主人に「今日の牧師の話は堅苦しくて肩凝っちゃった。教会から帰ったらちょっと肩もんで下さいよ。」とは、絶対言わないでしょうね。

 会衆と説教者との間には壁があるのです。牧師には、「今日は難しかったから、もう少し易しくして下さい。」とか、あるいは「今日は楽しかった。」とか「長い間の疑問が解けた。」とか、何か言ってもらいたいです。私でも、時々、家内の肩をもみます。先日も、「ああ、肩凝っちゃった。」と言うので、それじゃあ、とチョチョッとほんの一〇分位でしたが肩もみをしてあげました。私たちは仲が良ければ、争いがなければ、普通だったら頼めないことも頼めるものです。

 イエス様を通して私たちは、全てのものをお造りになった創造主の神様に、何でもお願いすることができます。たとえば、疲れた時には「神様。私は疲れました。休息を下さい。」寝る前にそうお願いします。そうすると、体の筋肉の疲れが癒されます。

 今晩、寝る前に「神様、私はもう本当に疲れました。肩は凝り、足はパンパンに張っています。水虫もかゆくて大変です。」何でもいいのです。「神様。どうか私を癒して下さい。」と祈って寝るなら、必ずそのお答えがあります。不眠症に悩む人であっても、必ずその悩みは解決します。神様はイエス様のお名前を通して、「何でも私に求めなさい。」とおっしゃるのです。

 「今まで、あなたがたは、わたしの名によって何も求めたことがありません。求めなさい」(ヨハネ一六・二四)。「求めなさい。そうすれば与えられます」(マタイ七・七)。これが、「神様を愛する者の特権」です。それまで逃げまどっていた者が、今度は神様に何でもお願いができ、お話ができる、これが「神様との平和」なのです。

 「義と認められる」ということは、神様の司法的な行為です。神様との正しい関係に立ち、立場が変化した「義人(ぎじん)」は、無罪と宣言され、義であることを明らかに認められた人です。
 
神様は、人類に対して神様ご自身のご性質を明らかになさいました。私たちが十字架を見上げる時に、自分の力、自分の功績(こうせき)は全くない、ということを知るのです。こうして私たちは、イエス様を通して神様との間の平和をいただき、どんなことでも神様にお願いし、嬉しい時も、悲しく辛い時も神様に訴えかけることができるのです。(つづく)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する