FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(三六)

 「天にいらっしゃるお父様」という時、私たちをお造り下さった真(まこと)の神様を意味します。真の神様だけが本当の意味での天にいらっしゃる神様なのです。そして、父なる神様と私たちとは、親しい交わり、個人的な霊的交わりをするように造られているのです。

 イギリスでは結婚して三二年間、一言も口を利かない夫婦がいたと『ギネス・ブック』に出ているそうです。結婚してまもなく何か言い争ったらしく、三二年間も同じ家で寝泊りして、同じ物を食べながら一言も口を利かないとは、大変辛い生活だったことでしょう。

 神様の家族の一員にされた私たちは、神様と親しい交わりを与えられます。私たちにとって、神様とお話をするということが大変大事なことです。また、私たちはイエス様を通して真の神様を「私たちのお父様」と呼ぶことができるようにされたのです。

 「幸いなことよ、不法を赦され、罪をおおわれた人たち。幸いなことよ、主が罪をお認めにならない人。」            ローマ四章七、八節

 法律を破り、神様の戒めを破った「不法者」である私たちが、イエス様の十字架上で流された血によって罪が覆われ、一回も罪を犯したことがないように認められます。神様が私たちをご覧になる時、イエス様の故に、無垢で、罪や汚れのない子供と同じように認められ、受け入れられます。何と幸いなことでしょうか。

 「こうして、私たちは信仰によって義と認められたので、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています。このキリストによって私たちは、信仰によって、今立っているこの恵みに導き入れられました。そして、神の栄光にあずかる望みを喜んでいます。」           ローマ五章一、二節

 結婚している皆さんは今、奥さん、あるいはご主人と仲が良いでしょうか。「いやあ、どうもね。」「まあまあ。」これではちょっと困ります。それでは、夫婦喧嘩をしたことはあるでしょうか。「ない。」と言ったらウソになるでしょう。牧師の家庭でも、物を投げたりチャンチャンバラバラはやらなかったけれども、結婚当初は夫婦喧嘩がありました。

 「自分たちは結婚したんだなあ。よかったなあ。」と思えたのは一〇年たってからで、それまでは、「鶍(いすか)の嘴(はし)」の食い違いみたいに、いつも食い違ってばかりでした。(鶍(いすか)という鳥の嘴(くちばし)は上下に交叉(こうさ)していて、食い違っています。物事がくいちがって、思うようにならないことの例えです。)お互いの気持が相通じるまでには一〇年かかりました。同じ家に住んでいて、心が通じ合わないというのは大変辛いことです。(つづく)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する