FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(三四)

 『イエスの愛は海のごと いかなる罪も のみて汝を 清くなし、受け入れたもう。来よ。来よ。疲れたる者。 イェスは愛の手をば伸ぶ。疾く、イェスに来よ。』              (総合聖歌四〇九番三節)

 文語体で書かれているので分かりにくいかも知れませんが、「イエス様の愛は海のように、どのような罪も飲み干して下さり、あなたを清め、受け入れて下さる。来なさい。来なさい。疲れている者よ。イエス様は愛の御手をのべて、あなたを迎えます。早くイエス様のもとにいらっしゃい」という意味の賛美です。

 私たちは、これまで、特に初心者向けの「聖書の中心的な救い」についての学びをしてきました。聖書の骨格的な勉強でもあります。ある人は、指輪を手にとって、指輪の上の宝石、それがローマ人への手紙であると表現しました。聖書の中でイエス・キリストの救いそのものを明確に述べ伝える使徒(しと)パウロの書いた書簡です。

 「それとも、神はユダヤ人だけの神でしょうか。異邦人の神でもあるのではないでしょうか。そうです。異邦人の神でもあります。」ローマ三・二九

 「 神が唯一なら、そうです。神は、割礼のある者を信仰によって義と認め、割礼のない者も信仰によって義と認めてくださるのです。」ローマ三・三〇

 私たちは、聖書のことをよく知らない時に、どうしてもキリスト教というのは今日のイスラエル、ユダヤ人の宗教だと考えてしまいがちです。この日本において、聖書が翻訳されたときに、日本人が使っていた「神」という言葉をこのように聖書に使ったのは間違いであった、という学者やクリスチャンが多くいます。

 しかし、聖書を抜きにして、人間には創造主である神様のことを表現できません。昔、日本人は国を治(おさ)める人々を「上」という字を書いて、それに敬語の「お」をつけて「おかみ」と言ったとか。「お上の言うことだからしょうがない、お上の言うことだったら間違いないだろう。」ということで、いつも上にたつ者を「おかみ」と称したそうです。

 そして、聖書を翻訳する時に、「旧約の天帝」「天の帝」という言葉を使うか、それとも「示偏(しめすへん)(=礻(しめす))に申す(=電(いなずま))」と書いて「神」をあらわすか、論じられたとのことです。

 稲光り(=稲妻、電(いなずま))というのは不思議な力を持つと思われていたので、「神」という言葉を使ったと言われています。聖書を日本で子供たちに教える時、「God」の翻訳に「神」という言葉を使うな、という人達が現在もいるようです。

 いずれにせよ、世界中どこに行っても、「神様」という概念は一つの言葉であらわすことは不可能に近いことなのです。 (つづく)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する