FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(三〇)

 マイ・カーの部品を売っているところや、スーパーでもスピード・オーバーをチェックするレーダーを売っていますね。昔はネズミ捕りと言っていました。スピードをオーバーしているとお巡りさんにとめられて、「ちょっとこちらへ。免許証を拝見。」となります。

 私も一回やられました。私が捕まったのは、一六号線で流山に行こうとして米本団地の坂の付近で、大型トラックに追いたてられてスピードを出したところでした。ひどい運転手だと思いました。私たちに無理やりスピードを出させるために彼はすぐ後について追いたてて、ニタッと笑って走り去ったのですから。

 あのスピード違反に捕まらないためのネズミ捕り防止機器があるのですね。運転席の前に置いておいてレーダーが反応したときスピードを落とすというものです。牧師でも、つい赤信号で走ってしまったり、スピード・オーバーをしたりすることがあります。警官でも酒を飲んで捕まったり、まさに罪の性質が宿っているのです。 

 日ごろおとなしい女性であっても、一旦車に乗ってハンドルを持つと、えっと驚くような運転をすることがありますね。普段はお淑やかでおとなしい人が、ハンドルを握ると、「バカモノ」とか大声で言って他の車を追い抜いたりします。恐ろしいな、と思います。これもまた、人間の心の罪の表れです。

 どんなに法律で、やってはいけないと言われても、私たちは、やってしまうことがあるのではないでしょうか。皆さんも若い頃、規則を破ったり、親の言いつけを守らなかったりしたことはないでしょうか。

 親のいいつけを守っていることを自慢する人はかえって怖いです。ある日、突然きれてナイフを持って振り回し、「人を殺してみたかった。」などというのがTVで放映されます。やはり、これまた人間の心の中に潜(ひそ)む罪(つみ)なのです。そういう意味で、法律は人間を救いません。 (注)きれて=制御(コントロール)ができなくなること。

 そこで、神様は超法規的に救いの方法をお与えになりました。それがローマ三・二一からの「しかし今や、律法とは関わりなく、律法と預言者たちの書によって証しされて、神の義が示されました」ということです。全く罪けがれのないイエス様のお姿のなかに私たちは神様の義を見ることができます。また神様の完全な神格はイエス様においてはっきりと現されたのです。


 さらに、人間が理想とする生き方、その理想像がイエス様の生涯の中に表されています。そして、私たちの人生のめあて、私達がどのような時にどのように行動したらよいかというパターン・型は、イエス様のなさった御業、言動の中に見ることができるのです。
                   (つづく)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する