FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(四一)

 パウロは「神が私たちとともにおられる」(マタイ一・二三)という真理をローマ人への手紙においては「神様との平和」と表現しました。神様は、いつも私たちと共にいて下さいます。どんな時であっても、寂しい夜道を歩く時にも、辛い人生の重荷を抱える時でも、「神が私たちとともにおられる」のです。さらにすばらしい聖書のお約束がローマ書にあります。

 「では、これらのことについて、どのように言えるでしょうか。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう」(ローマ八・三一)。世界中の誰も、神様を信じるあなたを打ち負かす事はできません。真っ暗なトンネルに入っていたとしても、神様を信じて、神様に従っていくならばどんなむずかしい問題も必ず解決の道が開けているのです。

 「高いところにあるものも、深いところにあるものも、そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません」(ローマ八・三九)。時々、私はお母さんに抱かれている小さい子どもを「おじちゃんの所においで」とからかいます。はじめは「ウーン」とか言っていて私が無理矢理お母さんから引き離そうとすると「イヤッ!」と、お母さんにしがみついてしまうのです。同じように、誰も私たちを神様の愛から引き離すことはできません。

 子どもの場合でも自分の手でしがみつきます。私たちクリスチャンは、神様を信じればちゃんと神様が押さえて下さるのです。誰も、私たちを神様から引き離す事はできません。こんな素晴らしい神様の約束、平和の約束が与えられたのですから、賛美をしないではいられないと思うのです。

 かつて、アメリカの有名な伝道者ドワイト・ムーディという人がいました。彼は伝道集会の時に、いつもアイラ・サンキーという独唱者を伴って行きました。その頃、たくさん賛美歌を作った盲目の女性ファニー・クロスビーという人もいました。彼女は七一歳の高齢でしたが、ムーディ先生の集会に行って、その時ムーディ先生から讃美の証を頼まれ、短い時間で賛美を作り、みんなの前で証をしたそうです。会堂を埋め尽くした会衆は、彼女の賛美に涙したとのことです。

 それは、神様が私たち一人一人を愛して下さり、どのような悩み、苦しみの時にもいつもいて下さる、神様の安らぎを約束した歌でした。総合聖歌六八九番「いつかは『さらば』と」です。ムーディ先生は、しばしば、伝道集会や他の集会の時に、聖歌隊にこの歌をはじめに歌ってもらい、会衆にはおりかえしの部分、「み顔を拝して我は告げまつらん。恵みにわが身も贖(あがな)われたりと。」という部分を歌ってもらったということです。(続く)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する