FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(四二)

「こうして、私たちは信仰によって義と認められたので、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています。このキリストによって私たちは、信仰によって、今立っているこの恵みに導き入れられました。そして、神の栄光にあずかる望みを喜んでいます。」      ローマ人への手紙五章一~二節

 「神との平和」ということを考える時、何度取り上げても尽きない豊かな御言葉(みことば)の宝、「貯水池」に思えますね。ずいぶん以前に、有名な伝道者ビリー・グラハムが『神との平和』という本を日本語で出版しました。

 当時はまだ、聖書信仰にたっていました。「神との平和」とは、日本人にとっては大変不思議な響きをもつ言葉だと思います。なぜなら、日本人にとって「神」とは、恐るべき存在、人間の世界をはるかに越えた人間を裁くもの、という感覚で受け止められているからです。

 全てのものをお造りになった創造主なる神は、初めの人=アダムとエバをお造りになりました。しかし、アダムもエバも神様の御言葉に逆らい不従順の罪を犯し、神様がしてはならないと言われたことをしてしまいました。また、神様を心から愛し従うべきことを守れず、不従順、不信仰の罪を犯してしまったのです。

 英語の世界ではよくsins of commision(してはいけないことをやってしまう罪)とsins of omission(しなければならないことをしない罪) と表現します。人間は神様の前にそれら両方の罪を犯してきたわけです。

 ローマ五・二をもう一度ご覧ください。以下の四つの大切な言葉がそこに記されています。

一、私たちは神様に近づくことができる
二、恵み
三、立つ
四、神を喜ぶ

 ローマ五・二、この一節の御言葉をひもといても、数回にわたる聖書の学びができるくらい、実は大変深い内容がある聖句なのです。

 「立つ」ということは、大変はっきりとした行動です。赤ちゃんは四つん這いでハイハイをし、あちこちにぶつかりながら、段々と物につかまって自分で立ち上がろうとします。立ってからは、二本の足で歩きます。なぞなぞで「初め四本足で歩き、次に二本足で歩き、最後に三本足で歩くのは何?」というのがあります。

 答えは「人間」です。赤ちゃんは四つ足で這って、若い時は二本の足で立ち、年をとってくると杖をつくので、三本の足で歩くというわけです。(続く)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する