FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(四九)

 仮に皆さんが学校で表彰されるとして、校長先生が表彰状を持ち、教頭先生が脇でプレゼントを持って「○○さん、前に来てください。」と言われると、あなたは堂々と前へ進んで行くのではないでしょうか。

 恥ずかしがって頭に何かかぶって行く必要はありません。私たちはイエス様を信じることによって、もう罪を隠そうとする必要がないのです。神様の御前に顔を真っ直ぐに向けて、立つことができます。何故なら、神様は私たちの罪汚れを一切思い出すことはしないとおっしゃるからです。

 「わたしは、もはや彼らの罪と不法を思い起こさない」(ヘブル一〇・一七)。イエス様を信じることによって、私たちは、神様の前に、一度も罪を犯したことがないと認められるのです。

 「信仰による義認(ぎにん)」「神との平和」そして「恵みの御座(みざ)に近づく」ことができます。さらに、〈神の栄光を望む〉ということです。この世の中の願い、望みは罪の世界の快楽ですが、クリスチャンにとっての希望とは「栄光の望み」です。

 全能の神様=主イエス・キリストの御前(みまえ)に私たちは一つの家族として、豊かな祝福にあずかることができるのです。永遠の喜びが待ち受けています。

 皆さんは、何かの持病を持っていらっしゃいますか。五〇~六〇才になると何らかの病気を持つようになるそうです。今、日本で大変大きな問題となっているのが、小学生をはじめペットに至るまで、糖尿病が大変多いということです。ペットが食べ過ぎで太っているなら、糖尿病になっているかもしれません。

 私たちも随分前から糖尿病の予備軍だと言われていました。私が前立腺がんで入院した時、糖尿病の検査に引っかかり、一週間余り糖尿病食を食べましたが、不味かったです。パンが一切れ、バターが少し、野菜の煮っころがしが少々。おまけに味気もなく、こんなもので命が保てるのか、と思うくらい粗末でした。

 最近の糖尿病食は驚くぐらい豪華になって、目先も変わっていて三〇品目位揃っているとか。見た目もきれいだし充分満足できるように作られていて、随分成長したなあと思えるそうです。

 糖尿病になると、よく「玉ねぎを食べなさい」と言われます。玉ねぎは犬や猫には絶対与えてはいけない、血液を溶かすから、と言われます。しかし、人間にとっては玉ねぎは大変健康に良く、特に糖尿病には良いそうです。玉ねぎは食べた後ににおいが出るし、お腹がゴロゴロすることがあり、嫌いな人達もいるようですね。糖尿病食を続けていくと段々わかってくるのですが、体が軽くなります。動きがべったんべったんからスゥーと歩けるようになり、坂道を歩く時にハァハァとやっていたのが息切れしなくなるのです。糖尿病食は馬鹿にできないな、と思った次第です。(続く)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する