FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(五一)

 「『これらの日の後に、わたしが彼らと結ぶ契約はこうである。ー主のことばー わたしは、わたしの律法を彼らの心に置き、彼らの思いにこれを書き記す』と言った後で、『わたしは、もはや彼らの罪と不法を思い起こさない』 と言われるからです。」
ヘブル一〇・一六~一七

 あなたをこの地上に生かして下さり、あなたを造(つく)り、日々支えて下さっている神様が、「これから決してあなたの罪けがれを、思い出すことはしない。あなたを義と認めている。だから生涯イエス・キリストの十字架のところに立ちなさい。イエス・キリストと共に人生を歩んで行きなさい。神と共に生きていくなら、わたしはあなたを私の愛する子どもとして、家族の一員として支え導く、栄光の望みをもって進んで行きなさい。」とおっしゃるのです。

 「見よ、その時代が来るー【主】のことばー。そのとき、わたしはイスラエルの家およびユダの家と、新しい契約を結ぶ。彼らはもはや、それぞれ隣人に、あるいはそれぞれ兄弟に、『【主】を知れ』と言って教えることはない。彼らがみな、身分の低い者から高い者まで、わたしを知るようになるからだー【主】のことばー。わたしが彼らの不義を赦し、もはや彼らの罪を思い起こさないからだ。」
エレミヤ三一・三一、三四

 「神様との平和」。それは良心の呵責(かしゃく)、良心(りょうしん)の咎(とが)めから解放されることであり、神様の裁(さば)きから解放されることです。自由にこの地上の生涯を喜ぶことであり、誰からも後ろ指(ゆび)を指されることなく、本当に神様の子どもとして堂々と、自分の道を邁進(まいしん)できる生涯(しょうがい)なのです。

 どうしても抜け出すことができない悪い習慣を持つ方(かた)がいるかもしれません。また、捨てることができない娯楽があるかもしれません。しかし、イエス・キリストを見上(みあ)げることによって、一つ一つ、惜しむことなく捨てることができるようにされるのです。

 私たちは弱く、時(とき)には倒(たお)れ、つまずき、神様から目をそらしがちです。しかし、神様は聖書の約束通りに、私たち一人一人を励(はげ)まし、たとえ七回転(ころ)んでも八回立ち上がることができるように支えて下さいます。確かな御言葉の上に人生の土台を築いてゆきましょう。

 「正しい人は七度(たび)倒れても、また起き上がり、悪(あ)しき者はわざわいでつまずくからだ。」箴言二四・一六
(続く)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する