FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(五三)

 私が教会に行き出すと、父は大変反対しました。「うちは仏教の家なんだから、絶対クリスチャンになっちゃいけない。教会なんか行くな!」大変きつく教会行きを止められたのです。

 そこで私はその頃、戦争が終わってから英会話を勉強したいということで、教会へ行くとただで宣教師が英語を教えてくれるから、とそれを口実にして教会に行ったのです。

 初めは、英会話の勉強に行ったわけでしたが、やがて、その事がきっかけとなって、聖書を読み始める事となりました。

 ある日、家にいて英語の聖書を練習しながら読んでいました。全く英語の分からない父親が「お前、クリスチャンになったのか。」と言ったのです。
 「へぇっ?」こっちがびっくりしました。

 「お前の読んでいるのは、どうも耶蘇教(やそきょう)の教えらしい。」と言うわけで、「絶対、クリスチャンになっちゃいけない。うちは仏教徒なんだから、クリスチャンになっちゃいけない。」と。

 その後、私は神様を信じ、救いをいただきました。そして、もう毎日のように聖書を読みながら、また仕事を続けたわけでしたが、ある時、父親が厳しい顔をして言ったのです。

「お前、クリスチャンになったのか。」
「はい。」
「しょうがない。なったものはしょうがないけど、絶対、牧師にはなるなよ。牧師になったら日本で食べていけないから。」と。

 でも神様は日々必要な物をお与え下さり、私達は路頭に迷う事もなく毎日必要な物を神様から与えられて生活することができているのです。

 あなたの人生は、あなたのお父さん、お母さんではなくて、あなた自身で、自分でコースを決めるのです。自分でどういう人生をおくりたいのか、自分の心でしっかり祈って神様から与えられる道を進むことが大事だと思います。

 私達はよく「もう、しょうがない。親が学校へ行けと言ったから行ったんだ。親が医者になれと言ったから医者の勉強をしたんだ。学校の先生がこう言ったからそうしたんだ。」と言って、いつも誰かのせいにする国民性があるのかもしれません。
 誰かの責任にしたいのでしょう。そしてなかなか自分で選んだ道、という風にして自分でその実を刈り取ろうとしないのではないでしょうか。

 日本人の口癖の一つだと思うのですが、非常に気になる表現があります。「みんながやっている。」「皆が言っている。」という表現です。本当に「みんな」が言っているのでしょうか。本当に皆がやっているのでしょうか。ここには落とし穴があり、また心理学的に興味深い面があるようです。(続く)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する